FC2ブログ

チューリップ その27

今日は、チューリップ(ユリ科)です。

原種系チューリップの一番乗りは3月4日に載せたプルケラヒュミリスでしたが、
2番手のプライスタンスザーネンブルグバラエティ、サキサテリスも咲いてきました。

まずは、プライスタンスザーネンブルグバラエティ
2016.03.28 撮影
1604090.jpg

2016.03.30 撮影
1604091.jpg

1604092.jpg

2016.03.31 撮影
1604093.jpg

2016.04.02 撮影
1604094.jpg

2016.04.03 撮影
1604095.jpg

このプライスタンスザーネンブルグバラエティは、
花茎の途中で、2~3本に分かれて立派な花を咲かせます。

次は、サキサテリス
2016.04.02 撮影
1604096.jpg

1604097.jpg

2016.04.05 撮影
1604098.jpg

1604099.jpg

1604100.jpg

2016.04.08 撮影
1604101.jpg

1604102.jpg

1604103.jpg

1604104.jpg

【追記】
2016.04.09 撮影 かなり開いたサキサテリスです。 
1604105.jpg

1604106.jpg
               もう1つの原種系チューリップ タルダです。
1604107.jpg

このサキサテリスは、花茎が途中で、2本に分かれます。

チューリップって、1茎に1花だけと思いましたが、
こうして原種系は、1茎に2~3輪の花が咲くので、
草丈は低いですが、豪華になりますね。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へ~そうなんだ~
驚きでしたチューリップは一茎一花と思っていました。
色々あるものなのですね。
勉強になりました。

こんにちは

原種系は小さくてちょっと目立ちませんが
植えっぱなしでもけっこう咲いてくれて
ありがたいです。
サキサテレスは枝分かれして2輪咲いて
形も色合いも春らしくて素敵です。

原種

花茎分かれて顔を出す
真っ赤な顔の不思議な花
草丈低いが顔を出す
黄色の顔の不思議な花
不思議な花は鉢を彩るチュリッブ。

原種は豪華ですね。
花咲く春も中旬、花名残月とも言われるそうで・・・

ひげ爺さま

そうですよね(^^ゞ
チューリップは🌷ですもの。
でも、この原種系は、草丈が、10~20cmなのに、
花茎が途中で、2~3本に分かれて咲きます。
小さいのに、立派な花、アンバランスですが、豪華です(*^^)v

テト母さま

テト母さまのおかげで、今年は、チューリップがたくさん(*^^*)
玄関先が、春色になって、ワクワクしています。
普通のチューリップも、色とりどりに、見事に咲いてるけど、
小さな原種系が、愛らしくって、可愛いですね。
今まで購入した原種系も、植えっぱなしで咲いてくれているので、
この子たちも期待しています(^-^;

テト母さまのところでも、チューリップがたくさん咲いて、綺麗ですね。
やっぱり富山県のチューリップ、素晴らしいです(*^-^*)

うちゅくぁさま

原種系、素晴らしいです(*^^)v
草丈は小さいのに、1茎に、2~3輪も咲くので、豪華です。
しかも、植えっぱなしで、翌年も咲いてくれるなんて、嬉しいです。
普通のチューリップは、花の下が長くって、ゆらゆら揺れていますが、
この原種系は、揺れるほど花茎が長くないので、
小さいながらも安定感抜群です(*^^*)

昨年12月に「4月上旬・中旬・下旬」と
分けて植えつけたチューリップの球根、
ほとんど、この上旬に咲いてきました。
とても豪華で、春爛漫な感じです(*^-^*)
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle