FC2ブログ

ハナニラ その7

今日は、ハナニラ(花韮)、イフェイオン、アイフェイオン(ユリ科)(ヒガンバナ科)です。

この花は、3月27日のブログにもつぼみから開花までを載せました。
2012年にまとめた鉢のその後の様子です。

2016.03.28 撮影
1604056.jpg

2016.03.30 撮影
1604057.jpg

2016.03.31 撮影 これは、2014年1月に購入したアイフェオン ロルフフィーダー
1604058.jpg

1604059.jpg

2016.04.02 撮影 娘の庭で咲いていた白いハナニラ
1604060.jpg
               アイフェオン ロルフフィーダー
1604061.jpg
               2012年からの鉢。
1604062.jpg
               蜂が飛んできて、蜜を吸ってるようです。
1604063.jpg

1604064.jpg

【おまけ】
ハナニラに飛んできているのは蝶ではなく蜂ですが、
昨年の書道の近代詩の作品を。
1604065.jpg

良寛の「無心」と言う漢詩の一説です。
全文は
「花は無心にして蝶を招き 蝶は無心にして花を尋ぬ
 花開く時、蝶来り 蝶来る時 花開く
 吾れも亦 人を知らず 人も亦 吾を知らず
 知らずとも帝則に従う」
です。
「この世に生きているものは、みな、この世に必要だから生まれてきた。」
「お互いに必要とされている、お互いを必要としている。」
「他を生かし 他に生かされて」
と言う意味があるそうです。


スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ハナニラの花はそこら中で咲いています。
東の庭には生えていないのが不思議です。
今は少し減らす事を考えています。
ピンクの花もあるそうなのでピンクの花は
欲しいと思っています。白が多くてブルーの
花は少し咲いています。

No title

なんて素敵な書  なんども見てしまいました~^^

本当に素敵です♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは~
花韮も良いですがそれ以上に

無心の 書が素敵ですね。
良寛さんは詩人である前に宗教家としてあまりにも有名ですが
漢詩 和歌 俳句色々有るようですね
自分はその中から絶句 余生が大好きで発表会で吟じてみましたよ。

種蒔くんさま

ハナニラ、最初に購入したのは、2010年の6球ですが、
だんだんに増えていきました。
濃い目の水色のロルフフィーダーは10球で79円でした。
うちは白色が少ないので、
今度、娘の庭からもらって来ようと思います。
どんな花もたくさん植えられていると見応えがありますね。

mimihaさま

書、褒めていただいて、ありがとうございます。

書展に出す提出日まで、何枚も書いて、やっとの作品ですが、
なかなか上手く書けませんでした。
でも、気持ちだけは、しっかり込めたつもりです。

「この世に生きているものは、みな、この世に必要だから生まれてきた。」
この気持ちを大切に暮らしていきたいです。

鍵コメさま

花韮の花、葉っぱはダラ~ンとしていますが、
スッと伸びた茎の先の花は凛として美しいですね。

書、毎年作品を仕上げますが、なかなかうまくできなくって(^^ゞ
でも、この良寛の漢詩、素晴らしいですよね。
「お互いに必要とされている、お互いを必要としている。」
私も、この言葉を噛みしめながら、暮らしていこうと思います。

ひげ爺さま

書、褒めていただいて、ありがとうございます。

じつは、この良寛の漢詩、
ひげ爺さまの「ひげ爺の花だより」のブログ、
2013年4月27日の「利休梅」の中に出ていたので、
調べて、書くことにしました。
その時は、「誰もが自分自身の運命の作り手である。
運は自分で切り開いていくものだ」と言う解釈に感銘をしましたが、
今回は「他を生かし 他に生かされて」を思いながら書きました。

良寛の「余生」も素敵な詩、詩吟で聞いてみたいです。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle