FC2ブログ

シクラメン その6

今日は、シクラメン、カガリビバナ(篝火花)、ブタノマンジュウ(豚の饅頭)
(サクラソウ科)です。

昨年12月25日に、自分へのクリスマスプレゼントに購入したシクラメン。
2015.12.25 撮影
1601118.jpg

お正月飾りで、玄関内に飾っています。
2016.01.13 撮影
1601119.jpg

1601120.jpg

1601121.jpg

今のところ、変わらずに綺麗に咲いてくれています。
そして、今日、もう一つ、同じところで、売れ残っていたシクラメンを購入しました。

2016.01.13 撮影
1601122.jpg

1601123.jpg

1601125.jpg

主人がほしがっていた「真綿色したシクラメン」です(^-^;
昨年は、1鉢=¥800だったシクラメンが、年を越して、¥300に。
まだまだ、つぼみもあって楽しめそうなので(*^-^*)
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も12月に買ったシクラメンの花があります。
最初は水も良く吸い上げていましたが
寒くなって来ると活動も弱くなっています。
花柄はまだ一つも落ちていませんよ
500円なので良いかなと思って買いました。
300円とは安い買い物でしたね。

No title

真綿色したシクラメンほど・・・歌の文句では有りませんが
白色もとっても良いものですね~
宿根タイプならモウケもんですよね

こんばんは

シクラメン、12月暮れには、私も一人暮らしで
花の一鉢ぐらいはないと寂しさを感じて買いました
お天気のいい日にはベランダに出してます
次々咲きますが枯れてくるのを抜き取ってます。

今日は本当に有難うございました、私も早速ネット
を見ました、ハンショウズルですね、梅の木の
天井までかなり広範囲で遠くからは真っ白でした、

花が咲いてると思いました、でも初めて見ましたが
いろんなものがありますね、アップで結構綺麗
でしたよ。また暇を見て行ってみようと思ってます
有難うございました。

種蒔くんさま

シクラメン、かなり華やいだ花なので、
いつもお正月前には、欲しくなります(^^ゞ
でも、大鉢は高価になるので、値下げ時を狙っています。
12月に、¥500だと、いいですね。
このスーパー、入口に花屋さんがあって、つい目が行ってしまいます。
残っていたのは、この白色だけだったので、
「残り物に福あり」になるといいのですが(*^^*)

久仁さま

「真綿色したシクラメンほど、清しいものはない。」
の歌詞どおり、清楚な感じがしますね(*^-^*)
「うす紅色のシクラメンほどまぶしいものはない。」
最初に載せたピンクは華やかな感じがしますね。

シクラメン、本来は非耐寒性宿根草ですが、
夏越しが、なかなかうまくいかなくって・・・(^^ゞ
2013年の誕生日にもらったのだけが、葉っぱが出ています(^-^;

my.rei7さま

シクラメン、華やかな花なので、お正月に飾るのがピッタリですね。
きちんと、お天気のよい時には、ベランダに出してあげているのですね(^^ゞ
私は、玄関内に置きっぱなしなので、反省しないとです。

ハンショウヅルで、良かったでしょうか。
どこかで見た綿毛だと思っていましたが、
ハンショウヅルは、日本のクレマチスだそうです。
クレマチスの種も、こんな感じに変化していきます(^^ゞ

こんばんは

真綿色したシクラメン、いいですね〜
小椋けいさんの歌を思い出します。

テト母さま

白いシクラメン、主人のお気に入りなのです(^-^;
12月に、「道の駅 湯の川」という温室がある所に行ったときも、
たくさんシクラメンが並んでいて、主人が見るのは真っ白ばかり(^^ゞ
その時は、薄いクリームのミニバラに変更になりました。
私は、華やかなピンクが好きだけど・・・
年末に、私が好きなピンクを購入したので、
新年は、真綿色したシクラメンと言うことで(笑)
「シクラメンのかほり」、素敵な歌ですね。
ほんと、つい口ずさみたくなります(*^^*)

No title

ご主人の気持が分かるようなきがします。
「清々しい・・・、清楚な・・・」、素晴らしい表現ですね。
そんな感じの人に惹かれますね。
大事に育てて、思いを込めて楽しめる時が早く来るといいですね。

カズジイーさま

小椋佳さんの「シクラメンのかほり」の歌詞では、
「真綿色したシクラメンほど 清しいものはない
出逢いの時の君のようです・・・・・」
となっていますが、白いシクラメンは、
出逢ったばかりの初々しい乙女の感じでしょうか。
男性は、いつまでもロマンチックなようですね(*^^*)

そして、
「うす紅色のシクラメンほど まぶしいものはない
恋する時の君のようです・・・・・」
が好きな私は、情熱的なのでしょうか(^-^;

どちらも大事に育てようと思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle