FC2ブログ

雲竜カラタチ その2

今日は、雲竜カラタチ(枳殻)、キコク(枸橘)(ミカン科)です。

この木は、いつの頃からかうちの庭に生えてきました。
棘ばかりが大きくて、花も咲かなかったのですが、
4~5年前に花が咲いて、実が生って、初めて、カラタチだとわかりました。
花から実になって行く様子です。

2015.04.22 撮影
1510058.jpg

1510059.jpg

1510060.jpg

1510061.jpg
花の後に、若葉が出てきます。
1510062.jpg

2015.09.04 撮影 緑の実です。
1510063.jpg

1510064.jpg

2015.10.02 撮影 黄色の実になりました。
1510065.jpg

1510066.jpg

1510067.jpg

カラタチは、棘が鋭いので、泥棒除けの垣根に使われたとか。
うちでは、一番奥まった梅の木の傍にいます。
実が生るまでは、何度切ってしまおうかと思いましたが、
可愛い花が咲いて、実が生ると、切れずにいます。
実はとても良い香りがしますが、食用にはならず、せいぜいカラタチ酒だそうです(^-^;
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カラタチの実は香辛料には使えないのですか。
香辛料に使えると焼酎と割って飲みたい感じです。
今ではカボスを送ってくれるので10カ月は
割って飲んで楽しんでいます。
無くなるとポッカレモンが大役です。

No title

カラタチの花 なんて素敵なのでしょう!

うん、こんな美しい花をみたら、切れなくなっちゃいますよねーー。
そして、可愛い実までなるのですもの。

トゲのある植物、生け垣にしたのは、やっぱり泥棒よけだったのですねー。我が家のメギの生け垣も、それだったのかと改めて思いました。けれど、トゲのある木の管理は辛いですよね。

私はどうしてもメギに愛情を持てませーんww

こんにちは〜

v-341 心で〜 好きと 叫んでも… v-342 って
あの "からたち" ですね!
昔、歳の離れた姉が ラジオで歌謡曲を聞きながら縫い物をしていて
そのそばで 一緒に聞いて 大人の歌を 小学生の時に沢山覚えました。(笑)
歌では知ってても、実物を見たのは、だいぶ大きくなってからで
やっぱり垣根に植わってました。
花の時期ではなくて 青い葉と 鬼のような棘が あって
柚子に似てると思ったものです。
とっても懐かしいけど、今は からたちの垣根は何処に行ったら
見られるのでしょう!?
泥棒除けとは 納得!
昔の人の知恵ですね。 (*^o^*)

種蒔くんさま

カラタチの実、爽やかな芳香で、いつまでも香っていたいくらいですが、
果肉が固くて、種が大きく、苦みがあるので、食用には向かないようです。
実を丸ごとお風呂に入れると、
慢性関節リュウマチ、椎間板ヘルニア、五十肩、痛風、腰痛、打撲、発汗、
冷え性などによいそうです。

mimihaさま

カラタチの棘、5cmぐらいあるので、
ちょっと横を通っただけでも、どこかを傷つけています(^^ゞ

棘しかない枝に、独特な白い花が咲くと、幻想的です(*^-^*)
ピンポン玉くらいの黄色い実、とてもさわやかな香りです。
少しはいいこともあるのにねぇ(笑)

実の使い道、考えます💦

のぶり~んさま

そうそう、島倉千代子の「からたち日記」ですね。
この歌もだけど、北原白秋の「カラタチの花」
今、聞いたら、びっくりするぐらい、
このカラタチの特徴をとらえています。

「からたちの花が咲いたよ。白い白い花が咲いたよ。
 からたちのとげはいたいよ。青い青い針のとげだよ。
 からたちも秋はみのるよ。まろいまろい金のたまだよ。
 からたちのそばで泣いたよ。みんなみんなやさしかったよ。
 からたちの花が咲いたよ。白い白い花が咲いたよ。」

北原白秋、一年を通じて、カラタチを観察していたのでしょうね(^-^;

秋によう

君の名を探し求めて4~5年、その君は「カラタチ」、一番奥まった梅の木の傍に住みついていたんですか・・・。
泥棒除け、切らずによかったですね。
一見、実も美味しそうだが・・・。
漂う香り、吸って、吸って吸い込んで・・・、秋っていいですね。

カズジイーさま

このカラタチの木、20年近く経っています。
4~5年前までは、花も咲かず、したがって、実もならずでした(^^;
棘と長い年月実が生らなかったので、柚子だとばかり思っていたら、
カラタチでした(^^ゞ
棘が鋭いので、今日来たガスの検針員さんも、
かがみながらそばを通っていました。
まん丸の黄色いカラタチの実、利用方法、考えないとです。
柚子湯のように、カラタチ湯にしてみようかなぁ(笑)
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 12年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle