FC2ブログ

コバルトセージ その7

今日は、コバルトセージ、サルビア・レプタンス(シソ科)です。

この花は、2011年7月に、プレーリーセージと共に購入して、
ブログでも同時に載せてきましたが、
今年も、昨年と同様、コバルトセージの方が早く咲きました。

2015.09.08 撮影 開花の様子です。
1509060.jpg

1509061.jpg

1509062.jpg

1509063.jpg
                 つぼみです。
1509064.jpg

コバルトセージは夏から秋に咲く、とても濃いコバルト色の美しい花です。
草丈は80cmほどに伸びて、細い茎が風に揺れています。
今は咲き始めなので、咲いてる花穂は1本だけですが、
数本の茎が立ち上がり、その先端に花穂ができるのが、楽しみです。
耐暑性、耐寒性、共に強いのがいいです。
特に、耐寒温度はー20℃です。

今日は、もう一つ、8月26日のブログに載せた
ゼフィランサス、レインリリー(ヒガンバナ科)のその後の様子です。

2015.08.25 撮影
1509065.jpg

2015.08.27 撮影
1509066.jpg

2015.09.05 撮影
1509067.jpg

2015.09.07 撮影
1509068.jpg

2015.09.08 撮影 開き始めたばかりの
1509069.jpg

1509070.jpg

ゼフィランサス、今年は雨が多いので、秋雨の後に咲くようです。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わが家ではチエリーセイジが咲いていますが
この花は気温によって花の咲き方がチョッと
違います。
花は長く観察をすれば見方も変わりますね。

こんばんは〜

コバルトって響きも爽やかで好きです!
ボックセージとはちょっと違ったブルーですよねー!
両方ともに、長い花茎が風に揺られて咲いてる姿はいいものです!
これは ちょっと開花時期が遅いのかな?

ゼフィランサス、 うちのは 花芽が見えません… >_<

ひげ爺さま

チェリーセージも花期が長くて、色々変化して、いいですよね。
このコバルトセージも、夏の終わりから秋の終わりまで、
長く咲き続けてくれます。

ほんと、植物たちは、芽が出た時から花が咲いて実になる時まで、
色々変化があって、見ていて飽きませんね。

のぶり~んさま

コバルト色って、ほんとうは無い色のようですが、
広い海の深い色を連想しませんか(^^ゞ
あと、プレイリーセージがありますが、空色で、
ボッグセージが中間色です。
コバルトセージもプレイリーセージも、凄く細い茎で、
長い花穂なので、風にあおられて大変です(^^;

ゼフィランサス、白色は綺麗に咲いてくれたのですが、
桃色が咲きませんでした(;´Д`)
梅雨の時期に咲いていたのでしょうか
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle