FC2ブログ

ハナカンザシ その6

今日は、ハナカンザシ、アクロクリ二ウム、へリプテラム(キク科)です。

この花は、2010年から育てています。
耐寒温度は-2℃ありますが、夏の高温多湿に弱いので、一年草扱いだそうです。
うちでは、花後に切り戻しをしておくと、秋ごろからまた新しい枝が出てきて、
枝先に、つぼみをつけます。
赤い小さなつぼみがたくさん、できていました。

2015.01.21 撮影
1501195.jpg

1501196.jpg

1501197.jpg

1501198.jpg

1501199.jpg

この花は、つぼみが簪(かんざし)に似ていることから、
ハナカンザシと名付けられたそうです。
花は、カサカサとした手触りの、ドライフラワーのような花です。
昨年の開花した時の様子は、

2014.03.19 撮影
1501200.jpg

1501201.jpg

1501202.jpg
2014.03.22 撮影
1501203.jpg

1501204.jpg

色々なネットの図鑑で調べても、株がまとまりやすいと書かれていますが、
うちのは、切り戻ししても、少し上向きに伸びた後は、下に垂れ下り、
つぼみができるようになると、お日様を求めて上向きになる・・・・・
枝垂れの変形のような、変わった成長の仕方をします。
それでも、2010年から今年で5年目、しっかり咲いてくれる可愛い花です。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

家でも育てていますが、花が少ないと思っていました。
剪定する時期に剪定していませんでした。
今年はまねて剪定して見ます。
こんなに咲けば十分です。

こんにちは〜

ハナカンザシ、名前のようにとっても可愛い花姿ですね。
一年草扱いを多年草にしてしまう…さすがです。 ^ - ^
私は 可愛〜〜い ! だけで 連れ帰った事はありませんが、
いつも 見入ってしまうお花です。
咲いた時も もちろん 可愛いけど コロンとした蕾も愛らしいですね。

早々に こんなお花が見られるなんて …( ^ω^ )

こんにちは

蕾は蕾で色鮮やかで可愛いですし
お花は又可愛いですね、
開花は3月でも十分長い間楽しめますね。

種蒔くんさま

ハナカンザシ、ドライフラワーのような花が、
夜には閉じて、日が当たると開花するを繰り返しますが、
花が終わるころには、夕方になっても閉じなくなりますね。
その時に花だけを切って、葉っぱを残してもいいし、
うちのように、株姿が乱れている時は、思い切って、
地表から10~15cmのところできったほうがいいみたいです。
たくさんの花が咲くと楽しいですね。

のぶり~んさま

ハナカンザシ、うちのは、枝垂れてワイルドな株姿になってます(^^ゞ
この赤い蕾の時間がかなり長くて、
昨年はこの後開花まで1カ月かかりました(^^;)
バーシーカラーと同じで、つぼみの時が可愛いので、
待ちくたびれるということはありませんが・・・(^-^;
カサカサの花でも、夕方には閉じて、
日が当たると開花を繰り返すのが不思議です(^^ゞ

手間いらずのハナカンザシ、是非育てて、みてください。
可愛いですよ(*^^*)

my.rei7さま

ハナカンザシの真っ赤なつぼみ、
これが名前の元になったのがわかるくらい可愛いですね(*^-^*)
咲いた花も花びらは紙でできてると思うくらい、カサカサですが、
こじんまりとしていて、黄色の蕊と共に可愛いです(#^^#)
この最初からドライフラワーのような花も、結構長保ちしますよ。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle