FC2ブログ

ツルニチニチソウ

今日は、ツルニチニチソウ、ツルビンカ、ツルギキョウ(キョウチクトウ科)です。

昨日は、久しぶりの庭仕事で、梅のつぼみを見つけて、嬉しくて記事に出来ましたが、
他に目新しい花もないので、今年咲いた花の中で、まだ紹介していなかった花を
載せていこうと思います。

このツルニチニチソウ、随分前から育てているのに、ブログに載せていませんでした。
季節はずれですが、この花も常緑性で、今でも葉は茂ったままです。
今年の開花の様子です。

2014.04.01 撮影
1412074.jpg

1412075.jpg

2014.04.09 撮影
1412076.jpg

2014.04.11 撮影
1412077.jpg

2014.04.16 撮影
1412078.jpg

2014.04.17 撮影
1412079.jpg

2014.05.03 撮影
1412080.jpg

2014.05.09 撮影
1412081.jpg

このツルニチニチソウは、つる性の亜低木です。
常緑性でつるは地面を這うように伸びます。

葉は先端の尖ったタマゴ型で表面に光沢があります。
早春に新芽を出してつるを50cmほど伸ばしそこに花を付けます。
開花期は4月~5月、根元は筒状で先端が5枚の花びらになり、
スクリューのような形(巴型)です。
花色は晴天の青空に似た青紫色です。

属名のビンカは「結ぶ」の意味で、ツルを花輪に利用したことに由来するそうです。
少し遅れて出てくる新芽は花を付けず、長さは1m以上に伸びます。
私は、この鉢を、少し高めに置いて、
あとから伸びるツルは、株元に、ぐるぐる巻きにしています。
ぐるぐる巻きにするのを忘れたツルは、地面につくとそこで発根します。
そうして、ドンドン、増えていきますが、1鉢分あれば、十分なので、
子株は、ご近所さんへお嫁入りです(^-^;

スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ツルニチソウは丈夫です。日陰から日向まで
何処でも育っています。
引越し前から一度も植え替えていなくても
元気です。でも植え替えの時期は過ぎています。
来年は植え替えしましょう。

No title

この花はとても繁殖力が強いようですね。
ここ3~4年ぐらいであちらこちらに見るようになりました。
群れて咲くさまはとても見ごたえがありますね。

こんばんは

ツルニチニチ草はお花の無い時でも元気に咲いてくれて
とっても可愛いのですけど
増え過ぎが玉にきずです。
うちの庭は根があちこちについてしまったので
もはや取り除けません。
お花は可愛いのですけどね〜

種蒔くんさま

半ば、野草化していたツルニチニチソウをご近所さんからもらって、
私も植え付けたままで、鉢替えしていません。(^^;)
それでも、健気に咲いてくれて、素直にうれしいです(*^-^*)
ほんとうに、手間いらずで、日陰でも咲いてくれて、いいですね。

ひげ爺さま

ツルニチニチソウ、ほんと繁殖力が強いです(^^ゞ
あとから伸びたツルは地面につくとすぐに発根しています。
うちでは、本体が元気なので、
これ以上増やさないでおこうと思っています(^^;)

ほんとうに、綺麗な青紫色の花と、濃い緑色の葉っぱが
群れて咲いてる様子は、素敵ですね(*^。^*)

テト母さま

ツルニチニチソウ、植えっぱなしで、手間いらずで、
時期が来たら咲いてくれて、いいですよね(*^^*)

ツルは地面に付いたらすぐに発根して、領域を広げていきますね(^^ゞ
うちは、高いところに置いて、ツルは地面につかないようにしていますが、
それでも、クルクル巻きから逃れたのが・・・(^^ゞ

可愛い青紫色の花に癒されています。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle