FC2ブログ

シュウカイドウ その3

今日は、シュウカイドウ(秋海棠)、ヨウラクソウ(瓔珞草)(シュウカイドウ科)です。

この花は、昨年、娘の家の庭から移植して育てています。
開花までの様子は、8月23日、9月17日のブログに載せています。
開花の様子をもう一度、

2014.09.07 撮影 1茎の様子です。
1410241.jpg
               雄花です。
1410242.jpg
               雌花です。
1410243.jpg

2014.09.13 撮影 雄花です。
1410244.jpg
               雌花です。
1410245.jpg

その後、三角錐形の子房がついた雌花が実に変化します。

2014.09.18 撮影
1410246.jpg

花後、ムカゴができるとわかったので、葉腋を見つめて待っていると、

2014.09.19 撮影 茎の分かれ目に小さなムカゴができました。
1410247.jpg

2014.09.25 撮影
1410248.jpg

2014.10.09 撮影
1410249.jpg

シュウカイドウのムカゴ、小さいままです。
実の中の種からも増えるはずなので、そちらに期待しましょう(^^ゞ

同じシュウカイドウ科のベゴニア、
こちらは四季咲きなので、今も咲いています。

2014.10.23 撮影 1茎の様子です。
1410250.jpg
花も若い実も熟した実も一緒にあります。
1410251.jpg

1410252.jpg

1410253.jpg

シュウカイドウは、耐寒性球根で、冬は球根で、休眠します。
繁殖は葉腋に出来るムカゴからということですが、
この小さなムカゴで増えるでしょうか。
実の中の種の方が育つ気が・・・(^^ゞ

ベゴニアの方は、非耐寒性宿根草(一年草扱い)です。
この熟した実の中の種から、来年も発芽してくれると思います。

同じシュウカイドウ科で、花はよく似ていますが、
耐寒性や繁殖の仕方には違いがありますね。
どちらも、来年も咲いてほしい花です。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ベコニアの花は今でも元気に咲いていますよ。
耐寒性は無くても冬は小さくなって我慢しています。
暖かくなったら伸びて来て花を咲かせいてます。
零れ種で育った物でしょうか。
ビオラが大きい物はそろそろ蕾がつきそうです。

No title

秋海棠はベゴニアの仲間でも唯一耐寒性の
有るもののようですね。
花の形もよく似ているのにこの違いは
どうなのでしょうね。

ゆすぶる

娘さんも花好きなようですね。
雄花と雌花の違いがよくわかりました。
写真に収めて残す。大事なことなんですね。真似たいのだか・・・。
不思議な花の世界、知れば知るほど面白そうですね。
来年もきっと咲くでしょう・・・。
「薄紅色の薄化粧、心揺すぶる秋の花」

今後の観察記録も楽しみです。
今日もごくろうさまでした。

種蒔くんさま

ベゴニア、非耐寒性ですが、10℃以上あれば開花するようです。
最近は、最低温度が10℃くらいで、最高温度が20℃くらい、
・・・ちょうどいい感じかもですね(^-^;

昨年、ベゴニアを植えていた鉢と違う鉢からでも、
新芽が出てきているので、こぼれた種からだと思います。

ひげ爺さま

秋海棠は、耐寒性球根だからでしょう(^-^;
球根だと、春には分球して、また発芽してくれますね。
しかも種子からとムカゴから増やすことができて、いいですね。

ベゴニアと花の形は似ていますが、
秋海棠の方が楚々としたイメージです(^-^;
名前に「秋」が入っているくらいですから、
日陰の秋の花という感じですね。

カズジイーさま

花の成長の観察、本当に、楽しいですね。
「めがでてふくらんで・・・・・」と言う歌にあるように、
小さな芽から、きれいな葉っぱと花が咲いて、
そのあとに実や種ができる・・・それの繰り返し(^-^;
このシュウカイドウや姫檜扇みたいに、
種から球根に育つのもありますね。

花の名前も、花の形から、葉の形から、実の形から、種の形から・・・
いろんなところを見て付けられていますね。

娘の庭、以前住んでいた方が、庭中に花を植えられていたので、
その名残がたくさん育ってきます。
和風のイメージのは、私がもらってきて、育てています(笑)

心揺さぶられた花、来年も咲いてくれるよう、頑張ります。

No title

シュウカイドウは 
本当に観察甲斐のある花ですよね!!
雌花より 雄花の方がべっぴんさんかしらね?(笑)
風に揺られて愛嬌をふりまく実 いじらしくって大好きです。

ムカゴ生りましたね~♪ 
小庭では落ちるほうが多く <09.25 撮影>のとっくんさんの色合いと
同じくらに今 色づいています。
葉っぱの黄葉も綺麗で 魅せてくれますよね!
 
とっくんさん 来年は是非是非!  
種から育てて 見事に花を咲かせてくださいね♪♪

nagomiさま

シュウカイドウ、ほんと、雌花と雄花が違っていて、
まん丸い蕊がある雄花の方が、可愛らしく感じますね。
でも、次の世代を考えると、大切な雌花の実・種(^-^;
来年は、鉢一杯に育ってほしいです(笑)

ムカゴ、やっと見ることができました(^-^;
昨年は出来ることも知らなかったので・・・(^^ゞ
それと、耐寒性球根ということも。。。
昨年移植した時、球根らしきものがあったかしら?
咲いてる花だけを見ていました(笑)
育て始めて、初めてわかること、たくさんです。

これからも観察続けますね(*^-^*)
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle