FC2ブログ

㉑トルコ・パムッカレその2

今日も、トルコ・パムッカレの様子です。

まずは、「石灰棚」;豊富なカルシウムと二酸化炭素を含んだ温泉が
地表を流れ落ちる時、石灰質のみが崖に残り、一面が真っ白い石灰棚になっています。
2008.10.26 撮影
1710472.jpg

1710473.jpg
ここでも記念撮影(*^^*)
1710474.jpg

1710475.jpg

1710476.jpg

1710477.jpg

1710478.jpg

1710479.jpg

1710480.jpg

1710481.jpg

そして、「ヒエラポリスの遺跡」
1710482.jpg

1710483.jpg

1710484.jpg

ふたたび、「石灰棚」そして記念撮影(*^^*)
1710485.jpg

1710486.jpg

1710487.jpg

1710488.jpg

1710489.jpg
石灰棚には、靴を脱いで入り、お湯に足を付けて楽しめる場所があります。
二人で入りました(^-^;
1710490.jpg

1710491.jpg

昨日のパムッカレの入口の方に帰ってきました。
「ヒエラポリスの遺跡」;石灰棚を望む丘の上に、
ベルガモン王国やローマ時代の遺跡があります。
ハドリアヌス帝やカラカラ帝も訪れたというこの地区には、
円形劇場やローマ浴場跡が残っています。
ヒエラポリスとは、ベルガモン王国がこの街を征服した時に
付けた名前だそうです。
1710492.jpg

1710493.jpg

1710494.jpg

1710495.jpg

1710496.jpg

「パムッカレ」=「綿の城」と呼ばれる階段状の不思議な温泉でした。
高さ約200m、幅約1kmにもわたって純白の石灰質を含んだ石が、
ツララのように垂れ下がっているのが、幻想的な風景を醸し出していました。

明日は、パムッカレから約410km移動して、「コンヤ」観光の様子です。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑳トルコ・パムッカレその1

今日は、2008年10月25日のエフェソス遺跡から185km移動して、
世界遺産パムッカレの撮影ポイント、そして宿泊先パムッカレの様子です。

パムッカレの石灰棚は、トルコ語で「綿の城」です。
地中から流れ出た温泉の石灰分が、数千年かけて純白の棚田になったそうです。
撮影ポイントは、棚田ではなく、山のようになっていました(^-^;
まず、3枚1組、
2008.10.25 撮影
1710447.jpg

1710448.jpg

1710449.jpg

もう少し近づいて、湖面に写った石灰の山々を、4枚組で。
1710450.jpg

1710451.jpg

1710452.jpg

1710453.jpg
記念撮影です(*^-^*)
1710454.jpg
湖のカモ
1710455.jpg

1710456.jpg

1710457.jpg
夕陽
1710458.jpg

温泉地パムッカレの「PAM THERMAL HOTEL(サーマル ホテル パム)」
室内の様子です。
1710459.jpg

2008.10.26 撮影
パムッカレのホテルは、トルコ版温泉旅館。
源泉の噴き出る様子を演出しています。
1710460.jpg
天然の温泉で、水温も35℃なので、温水プールも併設されています。
1710461.jpg

バスの車窓から、前日の撮影ポイントを。
1710462.jpg

世界遺産パムッカレの入場口に着きました。
1710464.jpg

1710465.jpg

古代都市ヒエラポリスの遺跡です。
1710466.jpg

1710467.jpg

1710468.jpg

1710469.jpg

水仙のような花が一面に(*^^*)
1710470.jpg

1710471.jpg

明日は、世界遺産パムッカレの石灰棚観光の様子です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑲トルコ・エフェソスその4

今日も、トルコ・エフェソス遺跡の続きです。

ケルスス(セルシウス)図書館の隣に、「下アゴラの記念門」があります。
1710425.jpg

ここを抜けると、「大理石通り」です。
1710426.jpg
二人で、影絵をしてみました(^-^;
1710427.jpg
これは、娼館の印だそうです。
1710428.jpg

「下アゴラ」;各辺100m以上のほぼ正方形の基盤上に造られた広場。
記念門、柱、商店の入り口などが残っています。
1710429.jpg

1710430.jpg

1710431.jpg

1710432.jpg

「エフェスの大劇場」;紀元前3世紀に着工して、2世紀末に完成しました。
30000人の観客収容能力があります。
ゲート
1710433.jpg

1710434.jpg

1710435.jpg
二人で記念撮影(*^-^*)
1710436.jpg

1710437.jpg

1710438.jpg

1710439.jpg
客席の大きさがわかるでしょう。
1710440.jpg
大劇場から出てきました(^^ゞ
1710441.jpg

「アルカディア通り」
1710442.jpg
どこまでも続くようです。
1710443.jpg

1710444.jpg

最後の振り返って、「エフェスの大劇場を。
1710445.jpg

1710446.jpg

次は、バスで、ナジーリーにて休憩ののち、
185km離れた温泉地のパムッカレに移動しました。
その様子は、次回に(*^^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑱トルコ・エフェソスその3

今日も、2008年10月25日のエフェソス遺跡の続きです。

昨日のクレテス通りを歩いて行くと、
皇帝トラヤヌスの時代に造られた壮麗な記念泉があります。
1710411.jpg

1710412.jpg

1710413.jpg

山裾の邸宅は裕福な市民の住まいになっていて、
とても美しいモザイクパネルで飾られています。
1710414.jpg

1710415.jpg

1710416.jpg

「パドリアヌスの神殿」;2世紀前半のコリント様式の神殿。
都市の神話上の創造に関する物語と
創立者アンドロクロスをテーマにした浮き彫りが施されています。
1710417.jpg

1710418.jpg

1710419.jpg

1710420.jpg

こちらは、古代の公衆トイレ。
1710421.jpg

クレテス通りの突き当りは、「ケルスス(セルシウス)図書館」
2世紀初期、ローマの総督が建設。
120万冊の蔵書を誇ったと言われています。
1710422.jpg

1710423.jpg

1710424.jpg

エフェソス遺跡、まだまだ見所があるので、明日も続きです(*^-^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑰トルコ・エフェソスその2

今日は、2008年10月25日のエフェソス遺跡の続きです。

「オデオン」;2世紀に建設された評議員の議場、
多目的広場として音楽祭や体育館として使用されました。
出入口
1710386.jpg

1710387.jpg
オデオン
1710388.jpg

1710389.jpg

1710390.jpg

1710391.jpg

1710392.jpg

1710393.jpg

門柱、色々な柱。
1710394.jpg

1710395.jpg

1710396.jpg

1710397.jpg

1710398.jpg

坂道の石畳
1710399.jpg


1710400.jpg

1710401.jpg
ヘルメスと医学の象徴として、蛇と椀が彫刻された基盤
1710402.jpg

1710403.jpg

1710404.jpg

クレテス通り;クレタ島出身のためにクレトと呼ばれた司祭たちが、
都市の聖火を消さぬように、薪を運んだ道です。
1710405.jpg

1710406.jpg

1710407.jpg

1710408.jpg

1710409.jpg

ヘラクレスの門
1710410.jpg

エフェソス遺跡は、ほんとうに最大の遺跡でした。
明日もエフェソス遺跡の続きです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑯トルコ・エフェソスその1

今日は、2008年10月24日世界遺産トロイ遺跡観光の後、
アイワルクまでエーゲ海沿いをバスで移動して、宿泊した様子からです。

2008.10.24 撮影 エーゲ海 
1710361.jpg
               夕景
1710362.jpg

トロイを出発して、3時間後、アイワルクの「ハリッチパークホテル」到着です。
室内の様子
1710363.jpg
廊下の様子
1710364.jpg
夜景
1710365.jpg

2008.10.25 撮影 ホテルの玄関前で。
1710366.jpg
出発は午前7時30分でしたので、明け方の景色です。
1710367.jpg
朝日が昇る様子です。
1710368.jpg

アイワルクから250km、バス移動で、エフェソスへ。
少し手前のところで、「羊の塔」=見張り番、灯台の役目。
1710369.jpg

アルテミス神殿
1710370.jpg

1710371.jpg

1710372.jpg

途中で立ち寄った革製品のお店、ファッションショーもありましたが、
私達は、あまり興味がなかったので、お庭見学です。
何の木でしょうか?
1710373.jpg
花のアップ
1710374.jpg
ゼラニウム
1710375.jpg
真っ赤な薔薇
1710376.jpg

ここから、エーゲ海における最大の遺跡エフェソス観光です。
エフェソスはセルチュクにある古代都市遺跡です。
ギリシア時代には小アジア最大の都市として君臨していました。
その当時を伝える数々の遺跡が、今も比較的綺麗な形で保存されています。
キリスト教の伝道も活発に行われていましたが、2世紀以降、
港が土砂などで再興不能となって、衰退していったと言うことです。

1710377.jpg

1710378.jpg
紀元前130年の水道管
1710380.jpg
「マグネシアの門」;1世紀にローマ皇帝ヴェスパシアヌスが建設。
1710381.jpg

1710382.jpg
石と石をつなぐくさび=鉛を溶かして
1710383.jpg
ヴァリウスのローマ浴場跡。
1710384.jpg
門柱の飾り
1710385.jpg

エフェソス遺跡、町の黄金期は紀元前130年頃です。
ローマ、アレキサンドリアに次ぐ大都会です。
見どころは「ケルスス図書館」「大劇場」「パドリアヌス神殿」「大理石通り」などですが、
その様子は、また明日(^-^;

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑮トルコ・トロイ

今日は、2008年10月24日、イスタンブールからテキルダを通りチャナカレに行き、
ゲルボルからフェリーでラプセキへ、そして世界遺産トロイ遺跡観光の様子です。

2008.10.24 撮影
テキルダの街の中で、見かけた建造物(車窓より)
1710335.jpg

1710336.jpg

マルマラ海沿いの街並み
1710337.jpg

チャナカレ(旧ダーダネルス)は、マルマラ海とエーゲ海の間に横たわる
72kmの海峡とその周辺をいい、全体の写真が提示してたので、
1710338.jpg

ゲルボルの港町で、昼食、ここからフェリーで、ダーダネルス海峡を渡ります。
港町の様子です、
1710339.jpg

1710340.jpg

1710341.jpg

世界遺産トロイ遺跡;紀元前3000年から紀元400年までの間、
繁栄、衰退を繰り返してきたトロイ。
その軌跡を今に伝える遺跡は、9層になっていて、
入口には巨大な木馬が再現され、
第6市時代の城壁に囲まれた内部には、
アレキサンダー大王ゆかりのアテネ宮殿(第9市時代)などがあります。
また一歩外に出るとローマ時代の野外劇場があります。

再現された「トロイの木馬」
1710342.jpg

1710343.jpg

1710344.jpg

1710345.jpg

1710346.jpg

1710347.jpg

1710348.jpg

1710349.jpg

1710350.jpg

1710351.jpg

1710352.jpg

1710353.jpg

1710354.jpg

1710355.jpg

1710356.jpg

1710357.jpg

1710358.jpg

1710359.jpg

1710360.jpg

ホメロスの抒情詩「イーリアス」の中で語られたトロイ戦争の舞台、
伝説、作り話と考えられていたトロイ戦争を、19世紀になって、
シュリーマン発掘したトロイ遺跡、まだまだ発掘途上のようで、
装飾された石などが、無造作に置かれていたりして、
大理石の盗掘などもあるようで、雑な感じがして、残念でした。
観光用の巨大トロイの木馬、中に昇ることができたので、楽しみました(*^-^*)

10月24日は、アイワルクまで移動して、宿泊。
明日は、エーゲ海における最大の遺跡エフェソスの観光の様子です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑭トルコ・イスタンブールその3

今日は、2008年10月23日15・00~17:40の
「ボスフォラス海峡クルーズ」の続きです。

2008.10.23 撮影
チュラーン・サライ宮殿;現在はチュラーン・パラス・ケンビンスキー・ホテル
1710313.jpg

1710314.jpg

オルタキョイ・モスク
1710315.jpg

1710316.jpg

1710317.jpg

1710318.jpg

第1ボスフォラス大橋
1710319.jpg

1710320.jpg

1710321.jpg

ルメリヒサルの要塞;
15世紀半ばに、メフメッドⅡ世がイスタンブール攻略のために築いた要塞
1710322.jpg

1710323.jpg

1710324.jpg

1710325.jpg

アナドルヒサルの要塞;1391年バヤジットⅠ世が築いた要塞
1710326.jpg

第2ボスフォラス大橋
1710327.jpg

1710328.jpg

イスタンプールの建築物
1710329.jpg

1710330.jpg

1710331.jpg

ベイレルベイ宮殿;1865年にアブドゥルアジズ帝が建設した離宮
1710332.jpg

ボスフォラス海峡の夕景
1710333.jpg

1710334.jpg

この日は、イスタンブール歴史地区とボスフォラス海峡クルーズで一日が終わりました。

明日は、2008年10月24日、テキルダを通り、チャナッカレへバス移動して、
マルマラ海をフェリーで、トロイに行きましたので、その様子を。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑬トルコ・イスタンブールその2

今日は、2008年10月23日、午前中「ブルーモスク」や「アヤ・ソフィア」を見学して、
少し遅めの昼食の様子から始めます。
2008.10.23 撮影 昼食は、「バレンチノ」で、
1710293.jpg
まず、魚のスープ、
次に、ナスのテンプラ
1710294.jpg
メインは、キョフテ(肉団子)(羊のひき肉のハンバーグ)
1710295.jpg
最後に、トルコの甘~いお菓子でした。

昼食の後は、「ユーロプラザホテル」で、しばし休憩して、
15:00~17:50までの「ボスフォラス海峡クルーズ」に。
これは、OPでしたが、謳い文句に、
「アジアとヨーロッパを結ぶボスフォラス海峡をクルーズにて、
一味違ったイスタンブールの街並みと、海の上から実感する
東洋と西洋、過去と現在の対比を観覧。」と書かれていました。

ホテルの玄関で(^^ゞ
1710296.jpg
イスタンブールの街並みです。
1710297.jpg

1710298.jpg

ここからは、クルーズで撮ったものです。
「ガラダ塔」;14世紀ジェノバ人が、防御のため建設した9階建てのもの。
1710299.jpg

1710300.jpg

1710301.jpg
「ブルーモスク」
1710302.jpg

1710303.jpg
海の中の噴水
1710304.jpg
街並み
1710305.jpg
ボスフォラス大橋の遠景です。
1710306.jpg
ドルマバフチェモスク
1710307.jpg

1710308.jpg

1710309.jpg
ドルマバフチェ宮殿(オスマン帝国時代)
1710310.jpg

1710311.jpg

1710312.jpg

ボスフォラス海峡とは、黒海とマルマラ海をつなぐ海峡で、
長さ36m、最も狭い地点の幅は、700mです。
こんなに狭い海峡なのに、両岸には、たくさんの建物で、驚きました。
1回で終わらなかったので、明日もこの続きを。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑫トルコ・イスタンブールその1

2008年10月22日19:37 ギリシャのテッサロニキを出発して、
14時間の夜行列車に揺られ、途中、切符やパスポートの検収のため3度も起こされ、
2008年10月23日09:55 トルコ・イスタンブールのシルケジ駅に着きました。

今日は、トルコ・イスタンブールの世界遺産イスタンブール歴史地区観光の様子です。

まず、「ヒポドロム広場」です。
2008.10.23 撮影
「ドイツの泉」;ドイツ皇帝ウィルヘルムⅡ世からの贈答品
1710268.jpg

1710269.jpg

1710270.jpg
「オベリスク」;エジプトナイルの岸辺カルナック神殿からテオドシウス皇帝が移したもの
1710271.jpg

「ブルーモスク」=「スルタン・アフメット・ジャミィ」
巨大回教寺院で、美しい青のイズニック・タイルで内壁が飾られているため、
ブルーモスクと呼ばれています。
高さ43m、直径23.5m巨大ドームの周囲に、6本ものミレット(尖塔)をもつ
イスラム教寺院です。
トルコ帝国が栄華を誇った17世紀の初めに、スルタン・アフメットによって建てられ、
オスマン・トルコ建築の極みと言われています。

こちらは入場見学です。
1710272.jpg

1710273.jpg

1710274.jpg

1710275.jpg
中庭の様子です。
1710276.jpg

1710277.jpg

1710278.jpg
内部から見るステンドグラス
1710279.jpg

1710280.jpg
内部天井のタイル
1710281.jpg

1710282.jpg
こちらも内部から見るステンドグラス
1710283.jpg

1710284.jpg
外に出てきて、外観を。
1710285.jpg

1710286.jpg
この広場まで来ると、外観の全体が良くわかります。
1710287.jpg

1710288.jpg

1710289.jpg

「ブルーモスク」が見える広場の反対側には、
「アヤ・ソフィア大聖堂」;
「アヤ・ソフィア寺院」は、ビザンチン時代の聖堂が、モスクに改葬された建物。
地上55m、直径33mの巨大なドームが、シンボルの大聖堂。
ローマ帝国時代に、ギリシア正教の総本山として建造され、
ビザンチン建築の最高傑作といわれています。
1710290.jpg

1710291.jpg

1710292.jpg

世界遺産イスタンブール歴史地区を見学して、昼食、
その後、ホテルに入って、休息をとり、
OPの「ボスフォラス海峡クルーズ」に出かけました。
明日はその様子を。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑪ギリシア・テッサロニキ

今日は、ギリシアの世界遺産テッサロニキ(テサロニケ)の
ビザンチン時代の美しい街並みの様子です。
テッサロニキはギリシア第二の都市であり、マケドニア地方の首都です。
商工業が盛んですが、町にはのんびりとした雰囲気が漂い、緑や花も豊かです。

最初に訪れたのは、テッサロニキのシンボル「白い塔」です。
1710239.jpg
「白い塔」は、ベネチア人が15BCに建立したものだそうです。
1710240.jpg

1710241.jpg

この場所での街並みです。
1710242.jpg

1710243.jpg

何故か、海岸に出てきました。
1710244.jpg
アレクサンダー大王の騎馬像
1710245.jpg

1710246.jpg

エプタピルギオ:中世の市を囲む城壁です。
1710247.jpg

1710248.jpg
ここからの眺めです。
1710249.jpg

1710250.jpg

1710251.jpg

1710252.jpg

1710253.jpg
城壁
1710254.jpg

1710255.jpg

1710256.jpg
この花は何でしょうか?
1710257.jpg

聖ディミトゥリオス教会、ここは内部にも入れました。
1710258.jpg

1710259.jpg

1710260.jpg

1710261.jpg

次は車窓よりです。
ガレリウスの凱旋門;303年、建立
1710262.jpg

1710263.jpg

1710264.jpg

1710265.jpg

ギリシア・テッサロニキから、フェリアエキスプレス(夜行列車)に乗って、
トルコのイスタンプールへ約14時間の旅をしました。
明日は、イスタンプールの様子です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑩ギリシア・カランバカその4

今日は、ギリシア・カランバカの世界遺産メテオラの最後の入場見学、
アギオスステファノス修道院の様子です。

2008.10.22 撮影 バスを降りて、すぐ後ろの建物が修道院です。
1710214.jpg
看板
1710215.jpg
修道院
1710216.jpg
外壁の様子です。
1710217.jpg

カランバカの街並みが良く見えます。
1710218.jpg

1710219.jpg
少しアップにすると、宿泊していた「オルフェス ホテル」が見えました。
1710220.jpg

1710221.jpg

1710222.jpg

中庭の様子です。
1710223.jpg
綺麗なバラの花が咲いていました。
1710224.jpg

1710225.jpg

1710226.jpg

1710227.jpg
こちらはスプレーマムでしょう。
1710228.jpg

1710229.jpg

玄関ホール
1710230.jpg
外部花壇
1710231.jpg

少し離れたところから、このアギオスステファノス修道院を眺めると、
1710232.jpg

1710233.jpg

少しアップにして、
1710234.jpg

1710235.jpg
真ん中にそびえている岩石をアップにすると、
1710236.jpg
人の顔のようです。
1710237.jpg

カランバカの街の世界遺産メテオラ観光を終えて、
1710238.jpg

バスで、235km先のテッサロニキ観光に向かいます。
明日は、世界遺産テッサロニキの様子です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑨ギリシア・カランバカその3

今日も、昨日と同じメタモルフォシス大聖堂からです。

内部を見て回って、見晴らしの良い中庭に出てきました。
2008.10.22 撮影
1710194.jpg
ここからの眺めは、カストラキの街が良く見えます。
1710195.jpg

1710196.jpg
もう少しアップすると、
1710197.jpg

1710198.jpg
実際は、こんな見晴らし台から眺めています。
1710213.jpg
手前の方の谷の様子です。
1710200.jpg
遠くには、ヴァルラーム修道院が見えます。
1710201.jpg

入り口付近の庭です。
1710202.jpg
ここでも猫ちゃんが寛いでいました(^^ゞ
1710203.jpg
ここで咲いてた花です。
1710204.jpg
出入口の廊下部分の様子です。
1710205.jpg
来た時と同じ方法で、階段を下って、上って、駐車場に戻りました。

バスで少し移動すると、
左手がヴァルラーム修道院、右手がメタモルフォシス大聖堂です。
1710206.jpg

次に現れたのは、アギアトリアダ修道院です。
1710207.jpg
次第にアップしていきます。
1710208.jpg

1710209.jpg

1710210.jpg

1710211.jpg
道路から実際はこんな感じに見えます。
1710212.jpg

世界遺産メテオラの素晴らしさに、また感嘆でした(*^-^*)

明日は、最終のメテオラ、アギオスステファノス修道院に入場見学の様子です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑧ギリシャ・カランバカその2

今日は、ギリシャ・カランバカの世界遺産メテオラ
メタモルフォシス大聖堂、キリスト山上変容メタモルフォシ修道院の
行き方と内部見学の様子です。

2008.10.22 撮影
昨日の場所からもっと山を登って、
メタモルフォシス大聖堂が見える駐車場につきました。
1710174.jpg
看板です。
1710175.jpg
メタモルフォシス大聖堂の全景です。
1710176.jpg
少しアップで。
1710177.jpg
ここを見学するために、この駐車場から階段を下りて、
また上っていきます。
中央の塔の部分がここまで見えるところまで上がってきました。
1710178.jpg
後ろを振り返ると・・・旗が立っているところが、最初の写真の位置です。
1710179.jpg
他の国の方も続いて下りてきています。
1710180.jpg
私達は上がって、
1710181.jpg
振り返ると、
1710182.jpg
崖の岩肌に綺麗に紅葉したものが、
1710183.jpg

1710184.jpg

1710185.jpg
階段を覗いて撮ったので、下の方の階段が写っています。
1710186.jpg
塔のところに到着して、ズボンの女性は巻きスカートを着て、入場です。
中庭に出ると、
1710187.jpg
隣の方を覗くと、
1710188.jpg
修道院内部の様子です。
昔の様子を再現してあります。
1710189.jpg

1710190.jpg

1710191.jpg
部屋の壁には、
1710192.jpg

1710193.jpg

中世の人々が、この岩壁に、こんなに立派な修道院…素晴らしいですね。

明日は、メタモルフォシス大聖堂のもう一つの庭と、
そこから見えるカストラキの街の様子、
凄い場所に立ってる修道院の紹介です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑦ギリシャ・カランバカその1

今日は、ギリシャ・カランバカの世界遺産メテオラ見学の続きです。

昨日のブログに載せたアキオスニコラオ スアナパフサス修道院、
少し山を上って、違う角度から。
2008.10.22 撮影
1710153.jpg
もっと上ると、凄い場所だとわかります(^^ゞ
1710154.jpg
次第に拡大して、
1710155.jpg

1710156.jpg

1710157.jpg

次の見学は、ルサノス修道院
1710158.jpg
道路からはこんな感じです。
1710159.jpg
看板
1710160.jpg

1710161.jpg
猫ちゃんがいました。
1710162.jpg

この場所は、反対側の山に、ヴァルラーム修道院が見れます。
1710163.jpg

1710164.jpg
こちらも道路からだとこんな感じです。
1710165.jpg
修道院をアップで。
1710166.jpg

1710167.jpg

少し山を上ると、同じヴァルラーム修道院も・・・
1710168.jpg

1710169.jpg

そして、最初のアキオスニコラオス アナプフサス修道院も・・・
1710170.jpg

1710171.jpg

最後にもっと高く上った所から見るヴァルラーム修道院も・・・
1710172.jpg

1710173.jpg

世界遺産メテオラ・・・そそり立つ巨大な岩とその頂上にある修道院という
奇観が凄いです(@_@)
岩群の迫力に圧倒されてしまいます。
ここまでは、外からの見学でしたが、この中世に建てられた修道院のうち、
いくつかは今も活動されています。
明日はその修道院の入場見学です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑥ギリシア・アテネ~カランバカ

今日は、ギリシア・アテネの街の遺跡と昼食、
カランバカまでの様子と世界遺産メテオラの一部です。

昨日のブログで、アクロポリスの丘から眺めたオリンピア・ゼウス神殿。
1710129.jpg
丘から降りてみると、ハドリアヌス門とアクリアニ地区の間になります。
1710130.jpg
ギリシャ最大級の神殿跡で、104本あったといわれるコリント様式の柱は、
現在15本のみが残っています。
1710131.jpg

1710132.jpg
パドリアヌス門
1710133.jpg

次に向かったのは、プラカ地区タベルナ”VYZANTING“
街並み
1710134.jpg

1710135.jpg

1710136.jpg
カラマリ;イカの胴体を輪切りにして衣をまぶして油で揚げる料理。
1710137.jpg
グリーンサラダ;上にのってるフェタという山羊のチーズが特徴。
1710138.jpg
カジキマグログリル
1710139.jpg
どれも美味しくいただきました。

アテネを出発して、カランバカまで、2回休憩をはさんで、
約345km、5時間30分のバス移動でした。
2008.10.21 撮影 車窓からエーゲ海?
1710140.jpg

1710141.jpg

1710142.jpg

1710143.jpg

カランバカ「オルフェスホテル」に宿泊です。
2008.10.21 撮影 ホテル内部。
1710144.jpg
部屋に飾られていた世界遺産メテオラ
1710145.jpg

1710146.jpg
期待が高まります。

カランバカの街を1時間ほど散策して、
ホテルで、夕食はビュッフェディナーでした。
翌朝ホテル前で
2008.10.22 撮影 
1710147.jpg
工芸品も。
1710148.jpg

世界遺産メテオラは、謎多き奇岩群に修道院が立ち並んでいます。
最初の修道院、アキオスニコラウス・アナバッサス修道院
2008.10.22 撮影
1710149.jpg

1710150.jpg

1710151.jpg

1710152.jpg

明日は、世界遺産メテオラのメタモルフォシス修道院などの見学です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑤ギリシャ・アテネその3

今日もギリシャ・アテネ、アクロポリスの丘の続きからです。

まず、パルテノン神殿前で、記念撮影
2008.10.21 撮影
1710106.jpg

パルテノン神殿の北側にあるエレクティオン;イオニア様式建築で、
神話の英雄エレクテウス王を祀った神殿。
1710107.jpg

1710108.jpg

1710109.jpg
有名なカリアティデス(乙女像の柱)
1710110.jpg

アクロポリスの丘からリカベストの丘を
1710111.jpg

1710112.jpg
リカベストの丘;円錐形の丘の頂に、聖ジォージ教会が立っている。
1710113.jpg

ディオニソス劇場;大理石の座席で、紀元前342年造
1710114.jpg

1710115.jpg

パルテノンに戻って、また記念撮影。
1710116.jpg

アクロポリスの丘からの眺め
1710117.jpg

1710118.jpg
左上はエレクティオン、中央に小さくヘファイストス神殿
1710119.jpg

オリンピア・ゼウス神殿。
1710120.jpg

1710129.jpg

丘からの眺め
1710121.jpg

1710122.jpg

パルテノンを見下ろす高台で、記念撮影
1710123.jpg

アクロポリスの丘を下っていきます。
1710124.jpg

1710125.jpg

1710126.jpg

1710127.jpg

これで、アクロポリスの丘は終了です。
この後、プラカ地区で昼食、アテネからカランバカまでバス移動です。
その様子と、世界遺産メテオラ観光は、また明日。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

④ギリシャ・アテネその2

今日は、ギリシャ・アテネの続きで、世界遺産アクロポリスの丘で、
パルテノン神殿の見学です。

アクロポリスの丘のバスの駐車場からパルテノン神殿に入る途中、
ヘロデス・アティコスの音楽堂;JTBの資料によると、
アテネの政治家であり大富豪だったイロディス・アティコスは、
父の遺産を公共建築物の建設費にあてた。
この音楽堂もその一つで、死んだ妻の思い出として紀元161年にアテネ市に寄付したもの。
舞台の幅は左右約35m、観客席は32段で5000人を収容するローマ様式の音楽堂だ。
舞台裏の建物は3層構造になっており、
1階部分正面には3つの入口と彫刻を飾るための8つのくぼみがある。
古代には音楽の競演や朗読コンクール、ドラマの公演が行われた。
現在も、毎年アテネフェスティバルが開催される。
2008.10.21 撮影
1710085.jpg

1710086.jpg

1710087.jpg

こちらは、アクロポリスの丘から眺めるアテネの街並み
1710088.jpg

1710089.jpg
右下の方の建物は、ヘファイストス神殿(テセイオン)
1710090.jpg

パルテノン神殿入口
1710091.jpg
入り口から見上げるパルテノン神殿
1710092.jpg

1710093.jpg
パルテノン神殿;こちらもJTBの資料によると、
ギリシャのシンボル、アクロポリスの丘の中央にあるドーリア様式の神殿。
紀元前5世紀、戦争で最初の神殿が破壊された後、
ペリクレスの指揮の下、街の守護神、アテナ女神に捧げるため再建された。
しかしビザンチン時代に神殿内部の女神像が持ち去られ、1203年に破壊されてしまう。
神殿は他国家の侵入より、キリスト教会やモスクなどに利用された後、廃墟と化したが、
19世紀以降、修復作業が続いている。
1710094.jpg

1710095.jpg

1710096.jpg

1710097.jpg

1710098.jpg

1710099.jpg

このアクロポリスの丘の地面は、
1710100.jpg
タンポポみたいな花が、
1710101.jpg

もう2度と来られないだろうからと、パルテノン神殿をたくさん撮影です。
1710102.jpg

1710103.jpg

1710104.jpg

1710105.jpg

明日は、アクロポリスの丘の続きです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

③ギリシャ・アテネその1

今日は、ギリシャ・アテネの続きです。
お昼ご飯を食べた後は、アテネ市内の中心部にある「オスカーホテル」に入りました。
2008.10.20 撮影 ホテル入口にて。
1710064.jpg
               室内の様子です。
1710065.jpg

夕食まで、自由行動だったのですが、添乗員さんが、メトロで、
シンタグマ広場まで連れて行ってくれると言うので、同行しました。

広場の正面は、国会議事堂
1710066.jpg
街中散策で、見つけたもの。
1710067.jpg

1710068.jpg

1710069.jpg

1710070.jpg

夕食は、プラカ地区の「TO HANI」で、ギリシャ料理を。
1710071.jpg
アコースティックギターを奏でる方が2人いて、音楽を聴きながら、
スープ、サラダ、ビーフスパゲッティーをいただきました。

「オスカーホテル」の7階からは、ライトアップされた
パルテノン神殿とリカヴィトスの丘が見えました。
1710072.jpg

翌日は、「アテネ国立考古学博物館」の見学からです。
「アテネ国立考古学博物館」は、ミケーネ遺跡から出土した
「黄金のマスク」が有名で、シュリーマンの発見で、
「黄金のミケーネ」が史実であることが証明されました。
2008.10.21 撮影
1710073.jpg
向かって、右側が「黄金のミケーネ」
1710074.jpg

1710075.jpg

1710076.jpg

1710077.jpg
アルテミシオンのポセイドン;前460~450年
1710078.jpg

1710079.jpg

1710080.jpg

1710081.jpg

1710082.jpg

1710083.jpg

「国立考古学博物館」では、ギリシャの各地で出土した、
先史時代からローマ時代までの品々が、たくさん展示されています。
ほとんどが、そのまま展示されていて、こうして写真を撮ることも自由です。

次に、前日に訪れたシンタグマ広場で、バスが止まって、
旧王宮の国会議事堂の外観を見て、
すぐ下にある無名戦士の墓を護るエヴソニの衛兵さんと記念撮影
1710084.jpg

明日は、アクロポリスの丘で、パルテノン神殿の見学です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

②エジプト・カイロ・ギザ~ギリシャ・アテネ

今日は、2008年10月19日~20日、
エジプト・カイロ・ギザ~ギリシャ・アテネの旅の様子です。

2008.10.19 14:45 関西国際空港発 エジプト航空直行便で、
13時間かけて、 20:45(日本時3時45分) エジプト・カイロ着
この日は、ホテルに直行しただけです。
2008.10.19 撮影 エジプト・カイロ・ギザの「オアシスホテル」
1710043.jpg
               室内の様子
1710044.jpg

2008.10.20 撮影 ホテルの庭で、不思議な木を見つけました(^^ゞ
1710045.jpg

7:00にホテルを出発して、カイロ空港に行くバスの中から、カイロの街並みを。
1710046.jpg

1710047.jpg

1710048.jpg

1710049.jpg

1710050.jpg

1710051.jpg

10:30 カイロ空港発➡エジプト航空にて、ギリシャ・アテネ13:30着

アテネでは、「オリンパスプラザ」で昼食
1710052.jpg
室内天井の様子、色々なものがぶら下がっています。
1710053.jpg
室内の様子。
1710054.jpg
昼食のハムチーズクレープ
1710055.jpg
ムサカ;ギリシャで最も一般的なムサカは、耐熱容器にオリーブ・オイルでソテー、
または揚げたナスのスライス、マッシュポテトまたは火を通したジャガイモと
一緒に調理したラムの挽肉、ベシャメルソース(ホワイトソース)を順に重ねて
オーブンで焼いた、グラタンに似た料理である。(Wikipediaより)
1710056.jpg
と野菜のサラダでした。

ここから、アテネのこの日の宿泊場所までの街並みです。
1710057.jpg

1710058.jpg

1710059.jpg

1710060.jpg

1710061.jpg

1710062.jpg

1710063.jpg

エジプト・カイロ・ギザと、ギリシャ・アテネの街並み、
車窓からの風景ですが、それぞれの国の様子がわかりますね。
明日は、ギリシャ・アテネの観光の様子です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

①エジプト・ギリシャ・トルコ大周遊15日間

2011年10月7日に、最初のブログを書いてから、6年になりました。
その間、たくさんの方に訪問いただいて、
ブログを続けて、楽しく過ごさせていただき大変感謝しています。

6年目にして、庭の花が少なくなったので、随分以前の旅ですが、この時期の
「エジプト・ギリシャ・トルコ大周遊15日間」2008.10.19~11.02の
様子を載せていこうと思います。
旅の行程は、
2008.10.19  14:10 関西国際空港➡エジプト航空直行便にて、
            20:45(日本時3時45分)エジプトのカイロに到着
            エジプト・カイロ・ギザ泊
2008.10.20  10:30 カイロ➡エジプト航空にて、
            13:30 ギリシャ・アテネ着
            アテネ・シンタグマ広場観光
2008.10.21  アテネ観光;国立博物館、アクロポリスの丘パルテノン神殿。
            午後カランバカに移動、ギリシャ・カランバカ泊
2008.10.22  ギリシャ・世界遺産メテオラ観光;
            大メテオラ修道院、聖ステファノス修道院。
            ギリシャ・世界遺産テッサロニキ観光
            深夜ギリシャとトルコの友好列車フィリア・エクスプレスで
             国境を超えて、トルコのイスタンプールへ。
2008.10.23  トルコ・イスタンプール世界遺産イスタンプール歴史地区観光;
            ブルーモスク、アヤソフィア。
            ボスフォラス海峡クルーズ観光
            トルコ・イスタンプール泊
2008.10.24   ダーダネス海峡をフェリーで渡り、トロイへ。
            世界遺産トロイ遺跡観光
            トルコ・アイワルク泊
2008.10.25  エーゲ海における最大の遺跡エフェソス観光;
            ヘレニズム時代の円形劇場、アルテミス神殿、大理石通り、
            ハドリアヌス神殿。
            トルコ・パムッカレ泊
2008.10.26  世界遺産パムッカレ観光;石灰棚の奇観、ヒエラポリスの遺跡。
            コンヤ観光;メプラーナ博物館、インジェミナーレ神学校。
            トルコ・コンヤ泊
2008.10.27  シルクロードを走り、奇岩の景勝地カッパドキアへ。
            カッパドキア観光;地下8階にも及ぶ壮大な遺跡地下都市
            カイマルク、ウチヒサール。
            トルコ・カッパドキア泊
2008.10.28  世界遺産カッパドキア観光;ギョレメの谷、ゼルベの谷など。
            夕景の絶景スポット・ロースバレーにて美しいサンセット。
            トルコ・カッパドキア泊
2008.10.29  アヴァノスにて陶器作り体験。トゥズ湖見学。
            トルコ・アンカラ市内観光;アタチュルク廟、アンカラ城。
            アンカラから寝台特急で、イスタンプールへ。
2008.10.30  トルコ・世界遺産イスタンプール観光;
            トプカプ宮殿、リュステムバシャモスク。
            イスタンプール➡空路エジプト・カイロへ。 
            エジプト・カイロギザ泊
2008.10.31  エジプト・カイロ世界遺産ギザの3大ピラミッド見学;
            4500年前に造られたクフ王のピラミッド、
            カフラー王のピラミッド、
            メンカウラー王のピラミッド、スフィンクス。
            メンフィス・サッカラ・ダハシュール観光 
            エジプト・カイロギザ泊
2008.11.01  エジプト考古学博物館観光;ツタンカーメン黄金のマスク
            エジプト・カイロ観光;
            ハーンハリーリバザール、オールドカイロ。
            18:00 カイロ発エジプト航空直行便にて、
2008.11.02  12:40 関西国際空港着
となっています。
15日間という長い旅なので、また長い記事になると思いますが、
よろしくお願いします。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

2017 紅葉

今日は、少し早い気もしますが、紅葉です。

まず最初は、オオデマリの紅葉です。

2017.09.22 撮影
1710036.jpg

1710037.jpg

1710038.jpg

2017.10.05 撮影
1710039.jpg

次に、ハナミズキの紅葉です。

2017.10.05 撮影
1710040.jpg

1710041.jpg

1710042.jpg

ハナミズキ、紅葉の葉っぱの中に、やっと2つのつぼみを見つけました。
ハナミズキは、3株あるのですが、1株はもう落葉していました(^^;

あと、庭の木で、紅葉するのはモミジ、ドウダンツツジ、オタフクナンテン・・・
こちらはもうしばらくかかりそうですが、ゆっくりと待ちましょう(*^-^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

アメジストセージ その11

今日は、アメジストセージ、メキシカンブッシュセージ、サルビア・レウカンサ
(シソ科)です。

この花は、2013年5月にのぶり~んさまからいただいた苗と、
2010年ごろに購入した苗とがあります。
2010年ごろ購入した苗は、ここ2~3年咲きませんでした。
ところが今年は、早目に花穂ができてきました。

2017.09.25 撮影
1710029.jpg

1710030.jpg

2017.09.30 撮影
1710031.jpg

1710032.jpg

1710033.jpg

まだ開花までにはなっていませんが、立派な花穂ができて、喜んでいます。
やわらかなベルベットのような花、楽しみです。

【おまけ】
本日、10月4日は、「中秋の名月」と言うことで、お月様を。
2017.10.4 撮影
1710034.jpg

1710035.jpg

綺麗にまん丸のお月様、綺麗ですね。
長女が、お団子を持って来てくれたのですが、写真を撮る前に、お腹の中に(^-^;
今宵の月のように丸いだんご、美味しくいただきました(*^-^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ガーデンシクラメン その25

今日は、ガーデンシクラメン、カガリビバナ(篝火花)、ブタノマンジュウ(豚の饅頭)
(サクラソウ科)です。

この花は、昨年11月14日に購入した苗3株のうち、
白花だけが今年も咲いてくれました。
この花の購入から、今の様子です。

2016.11.14 撮影 3株の様子です。
1710021.jpg
               白花の様子です。
1710022.jpg

2016.11.17 撮影 3株一緒に植えて・・・
1710023.jpg

1710024.jpg

2016.11.21 撮影
1710025.jpg

2016.11.28 撮影
1710026.jpg

昨年の様子はここまでしか撮っていなくって(^-^;
今年の冬と春の写真はありません。
今までは、古い株たちも、咲いてくれていましたが、
今年はなぜだか調子が悪くて、ほとんどが消滅した中、
白花が早くも咲き始めています。

2017.09.22 撮影
1710027.jpg

2017.09.30 撮影
1710028.jpg

同じときに購入して、同じ鉢で、同じように育てても、
生き残ってくれる花と消滅していく花、興味深いです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ゼフィランサス その9

今日は、ゼフィランサス、レインリリー(ヒガンバナ科)です。

この花は、2010年3月に5球、2011年4月に15球、2013年5月に5球を
購入して育てています。
8月18日のブログでピンクの花を、9月13日のブログで白花を載せました。

白花の様子は、
2017.09.12 撮影
1710011.jpg

2017.09.13 撮影
1710012.jpg

1710013.jpg

1710014.jpg

それから随分経って、他の鉢でも、1輪花が咲いてきました。
2017.09.30 撮影
1710015.jpg

こぼれ種から育ったようなので、種の撮影を探しました。
最初に見つけたのは、
2014.10.12 撮影
1710016.jpg
でしたが、この時の花は、
1710017.jpg

これは、花びらが少し細長いようなので、この種からではないとすると、
少し遡って、見つけました。
丸い感じの花びらのゼフィランサス。
2012.09.22 撮影
1710018.jpg

2012.09.27 撮影
1710019.jpg

2012.10.02 撮影
1710020.jpg

2011年に15球の球根を購入して、植えっぱなしで育てて、
2012年の種が、5年経って、開花・・・ロマンがありますね(*^-^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ランタナ その22

今日は、ランタナ、シチヘンゲ(七変化)(クマツヅラ科)です。

この花は、2014年9月28日に、江津の道の駅で、3株購入し、
3株を一鉢に植えて、育てています。
七変化ですが、この花たちは、色が変わりません。
3株のうちの1株、白色が咲き始めました。

2017.09.22 撮影 白のつぼみ。
1710001.jpg
               2010年から育てている橙色にもつぼみが。
1710002.jpg

2017.09.25 撮影 少しずつ咲き始めています。
1710003.jpg

1710004.jpg
               古株の橙色も。
1710005.jpg

2017.09.28 撮影 白色は咲き進んでも色が変わりません(^^ゞ
1710006.jpg

七変化のランタナにも、色が変わらない品種があって、面白いですね。

白と言えば、フジバカマの白と間違えたヒヨドリバナ、ここまで咲き進みました。
2017.09.30 撮影
1710007.jpg

1710008.jpg

1710009.jpg
本家のフジバカマは、
2017.09.30 撮影
1710010.jpg

まだまだ固いつぼみのままです。

朝晩が涼しくなって、秋の気配が強くなってきましたが、
夏の花が最後の踏ん張りをしてるようです(*^-^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle