ツルニチニチソウなど

今日は、ツルニチニチソウ、ツルギキョウ、ビンカ(キョウチクトウ科)です。

今日も、春の花です。
この花は随分前にご近所さんにいただいて、小さな鉢植えで育てています。
今年の春の開花の様子です。

2016.03.23 撮影
1608398.jpg

2016.04.10 撮影
1608399.jpg

2016.04.16 撮影
1608400.jpg

2016.04.20 撮影
1608401.jpg

このツルニチニチソウは、耐寒性宿根草です。
強健で、乾燥にも強く、ツルをよく伸ばし繁殖します。
手間いらずの花です(^-^;

次に、モロッコナズナ、エテイオネマ(アブラナ科)です。
2014年の5月に、近くのスーパーの花屋さんで、1株=¥30で購入したものです。
今年も咲いてくれました。

2016.04.14 撮影
1608402.jpg

1608403.jpg

モロッコナズナ、原産地は、モロッコではなくって、コーカサス地方からトルコのようです。
宿根草ですが、夏の暑さに弱いそうなので、今は日陰に置いています。

3番目がワスレナグサ、エゾムラサキ、ガーデンフォゲッツミーノット(ムラサキ科)です。
この花も耐寒性宿根草として、随分長くうちで咲いてくれています。

2016.04.16 撮影 
1608404.jpg

1608405.jpg

1608406.jpg

1608407.jpg

小さな花がたくさん咲いて、可愛いです。
他に、ピンクもあったのですが、今年は開花を見ることができませんでした(^^;

最後に、今また咲き始めたエリゲロン、ゲンペイコギク(キク科)です。
1608408.jpg

1608409.jpg

1608410.jpg

このエリゲロンも丈夫な耐寒性宿根草です。
花は小さいですが群れるように咲いてくれます。
花色は咲き始めは白色、徐々にピンクになります。
今では、我が庭の至る所で、咲いています。

耐寒性宿根草、手間いらずで、綺麗な花が咲いてくれて、嬉しいですね(*^-^*)
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

アジュガ その5

今日は、アジュガ、セイヨウキランソウ、セイヨウジュウニヒトエ(シソ科)です。

この花も今の季節の花ではなく、春の花ですが、
2015年4月27日のブログに載せたきりだったので(^^ゞ

この花は、2008年に、娘の家の庭から、1株貰ってきました。
しばらく鉢植えで育てて、ランナーで、広がってきたので、地植えしたら、
立派なアジュガ畑が出来ました(^^;
今年は、すこし少なくなりましたが、綺麗に咲いてくれました。

2016.04.11 撮影
1608386.jpg

2016.04.16 撮影
1608387.jpg

1608388.jpg

1608389.jpg

1608390.jpg


そして今日は、もう一つ、同じような花穂ですが・・・

2016.03.30 撮影
1608391.jpg

2016.04.05 撮影
1608392.jpg

これ、何の花かわかりますか?
続きを(^-^;

2016.04.08 撮影
1608393.jpg

2016.04.11 撮影
1608394.jpg

2016.04.12 撮影
1608395.jpg

2016.04.14 撮影
1608396.jpg

2016.04.16 撮影
1608397.jpg

菜の花みたいに黄色の花で、綺麗でしょ(*^^*)
この花は、葉牡丹、リョクヨウカンラン(アブラナ科)です。
葉牡丹は、葉っぱも綺麗ですが、私は花も好きです。
今、この花から鞘の中に種ができています。
今年の冬は、種蒔きをしてみようと思います(*^-^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

芝桜 その3

今日は、芝桜(シバザクラ)(ハナシノブ科)です。

芝桜は、今の時期の花ではありませんが、
夏の花が少ないので、我が家で咲いてくれたのに、
記事にしていなかった花を探しました。
この花は、2011年から鉢に植えっぱなしで育てていますが、
なかなかブログの記事になっていません(^^;
2012年6月6日のブログで、2011~2012年の開花の様子、
2014年12月11日のブログで、2013~2014年の開花の様子を
載せているだけでした(^^ゞ
今日は、2016年春の開花の様子です。

2016.04.10 撮影 白色
1608375.jpg
               薄紫色
1608376.jpg

2016.04.15 撮影 白色
1608377.jpg
               薄紫色
1608378.jpg
               桃色
1608379.jpg

2016.04.16 撮影 鉢全体の様子です。
1608380.jpg

2016.04.24 撮影 鉢全体の様子です。
1608381.jpg

2016.04.26 撮影 鉢全体の様子です。
1608382.jpg
               白色
1608383.jpg
               薄紫色
1608384.jpg
               桃色
1608385.jpg

芝桜は、耐寒性宿根草です。
カーペット状に広がり、小さな花がたくさん咲いてくれます。

これからは、花の時期に記事にしたいです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ハブランサス

今日は、ハブランサス、レインリリー(ヒガンバナ科)です。

この花は、今年の春、生協の「春の球根ボリュームパック」の中に入っていました。
植え付けた時の様子は、
2016.04.03 撮影 10球を一鉢に。
1608365.jpg
               ゼフィランサスも10球
1608366.jpg

ハブランサスとゼフィランサスは、非常に近縁で見た目がそっくりな仲間です。
同様にレインリリーと呼ばれています。
ハブラサスは花が斜め上向きや横向きに咲き、
ゼフィランサスは真上に向いて咲くなどで両者を区別しますが、
ぱっと見で違いはよくわからないようです。
同じときに植えたので、同じときに咲くかと思っていましたが、
今のところ、ゼフィランサスは咲きません。

ハブランサスは、
2016.05.21 撮影 暗いところで、育てていたので、
1608367.jpg
               明るいところに持ってきました。
1608368.jpg

2016.07.07 撮影
1608369.jpg

2016.07.18 撮影
1608370.jpg

2016.08.27 撮影
1608371.jpg

ハブランサスもゼフィランサスも一日花なので、
まとめて植えたほうがいいと言うことでしたが、
こうして、ポツンポツンと、1輪ずつ咲いています(^^ゞ

そして、5月21日の写真に、スイカズラ、ハニーサックル(スイカズラ科)を見つけました。
2016.05.21 撮影
1608372.jpg

1608373.jpg

1608374.jpg

このスイカズラ、「水を吸う葛」の意から「吸葛」となったとか、 
また、昔は、花の奥の方にある蜜を子どもが吸って遊んだことから
「吸葛」となった、との説もあるそうです。
そのようで、夏の日照りの間に、水を吸えなくて、枯れてしまったようです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

サザンクロス その10

今日は、サザンクロス、クロウエア(ミカン科)です。

この花は、昨年9月20日に購入して、育てています。
今年の開花の様子は、7月16日にピンク、8月16日には白色の花を載せました。
白色の花が、綺麗だったので、再登場です(^^ゞ

2016.08.16 撮影 咲き始めです。
1608357.jpg

2016.08.23 撮影 白色の花びらに、ほんのりピンクが可愛いです。
1608358.jpg

1608359.jpg
               こちらの枝の花は、真っ白です。
1608360.jpg

1608361.jpg

そして夏の間、少し色が薄くなっていたピンク、綺麗な色になってきました。
1608362.jpg

1608363.jpg

1608364.jpg

サザンクロスの花期は、3月中旬~10月中旬です。
これからもしばらく、花を楽しもうと思います。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ブッドレア その11

今日は、ブッドレア、フサフジウツギ(房藤空木)(フジウツギ科)です。

この花木は、2012年10月8日に、白・紫・黄色を購入して育てています。
今年は、7月13日に黄色が咲いて、次に白色、紫色と続きました。

今月に咲いたブッドレアは、
2016.08.12 撮影 白色
1608351.jpg
               紫色
1608350.jpg

でしたが、しばらく休んでいた黄色がまた咲き始めました。

2016.08.20 撮影
1608352.jpg

2016.08.23 撮影
1608353.jpg

1608354.jpg

黄色のブッドレア、他の色に比べると、花も少し大きめですが、花房も(^^ゞ
同じように育てているのに、違った雰囲気の花房になるのが興味深いです。

8月22日のブログに載せたランタナですが、花色が変化してきました。

2016.08.21 撮影
1608355.jpg

2016.08.23 撮影
1608356.jpg

ランタナ、ほんとうに七変化しますね(*^^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

薔薇 その42

今日は、薔薇(バラ科)です。

この薔薇は、2015年2月に、amocsさまからいただいた「スィートチャリオット」です。

春の花は、
2016.05.22 撮影 つぼみです。
1608342.jpg

2016.05.24 撮影 開花しています。
1608343.jpg

2016.05.26 撮影 2輪寄り添って。
1608344.jpg

暑い夏の日に、綺麗に、2番花が咲きました(^-^;

2016.08.20 撮影
1608345.jpg

1608346.jpg

1608347.jpg

2016.08.23 撮影 もう一つ花が開き始めました。
1608348.jpg

2016.08.24 撮影 開花しています。
1608349.jpg

スィートチャリオットは、直径3cmぐらいの花ですが、
夏の暑さに負けず、咲いてくれて、嬉しいです(*^-^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

オイランソウ その9

今日は、オイランソウ、フロックス・パニキュラータ、
クサキョウチクトウ(草夾竹桃)、シュッコンフロックス(ハナシノブ科)です。

この花は、2009年に娘の庭からもらってきました。
それからプランターに植えっぱなしです。
7月10日に、今年の開花の様子を載せました。
花期が6~9月なので、この暑い夏でも、元気に咲いてくれています。

2016.08.23 撮影 プランターの様子です。
1608334.jpg
               花をアップで、
1608335.jpg

1608336.jpg

1608337.jpg

1608338.jpg

オイランソウ、たくさんの小花が咲いて、ボリュームのある花房が魅力的ですね。
耐寒性宿根草なので、植えっぱなしでもこうして、綺麗に咲いてくれて、嬉しいです。
毎年、違う花色も欲しいと思いながら、こちらのHCでは出逢えません。
来年こそは・・・何とか探そうと思います(^-^;

7月の時にコラボしていた桔梗ですが、
2016.07.09 撮影
1608341.jpg

1か月以上経って、
2016.08.23 撮影 種ができています。
1608339.jpg

1608340.jpg

今年は、少なめですが、しっかり種を採取しようと思います。
桔梗も増やしていきたい花です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

シュウカイドウ その6

今日は、シュウカイドウ(秋海棠)、ヨウラクソウ(瓔珞草)(シュウカイドウ科)です。

この花は、2013年11月初めに、娘の庭から移植しました。

シュウカイドウの紹介の前に、同じシュウカイドウ科の
ベゴニア・センパフローレンスの今の様子は、
2016.08.20 撮影 綺麗に咲いています。
1608326.jpg

シュウカイドウのほうは、やっとつぼみが・・・
2016.08.20 撮影
1608327.jpg

1608328.jpg

1608329.jpg

シュウカイドウは、多年生草本球根植物で、花期は 8~10月です。
花期になると茎の頂点から花序を伸ばし、2~3cm 程度の淡紅色の花を咲かせます。
雌雄同株異花で、
雄花は花弁が開き黄色く球状に集まった雄蘂が目立ち、
小さな花弁が 2枚と、大きな花弁のように見えるのは萼で 2枚です。
雌花には花弁はなく、大きな萼 2枚がわずかに開くくらいです。

昨年は、9月5日のブログに開花の様子を載せています。
その時の様子は、
2015.09.05 撮影
1608330.jpg

その後の開花の様子です。
2015.09.07 撮影
1608331.jpg

2015.09.14 撮影
1608332.jpg

1608333.jpg

シュウカイドウ、楚々としたイメージの花ですね。
今年も綺麗に咲いてくれそうで、楽しみです(*^-^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ランタナ その19

今日は、ランタナ、シチヘンゲ(七変化)(クマツヅラ科)です。

この花は、2010年から育てていて、2013年からは植えっぱなしです。
昨年は、6月26日から9月12日のブログまで、4回も登場しましたが、
今年は、厳しい冬のダメージが大きくて、花芽ができるのが遅くなりました。
しかも、5鉢のうち、2鉢は葉っぱも出てきません(^^;
やっと咲いた花がこれです(^-^;

2016.08.17 撮影 つぼみができました。
1608319.jpg

2016.08.20 撮影 外側から咲き始めました。
1608320.jpg

1608321.jpg

2016.08.21 撮影 外側の花びらが黄色からサーモンピンクに変化しています。
1608322.jpg

1608323.jpg

ランタナ、今年は、遅くなって咲き始めました。
しかも今のところ、この1つだけです。
私のプロフィールの写真のように咲いてくれるでしょうか。
もう少し、様子を見ましょう(^^ゞ

朝の水撒きの時に、ツユクサが咲いていました。
1608324.jpg

1608325.jpg

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

パイナップルリリー その13

今日は、パイナップルリリー、ユーコミス(ヒアシンス科)(ユリ科)です。

この花は、2014年5月に、球根を購入して育てています。
ユーコミス コモサミックスとして購入した3球の今年の開花は、2球でした。
開花の様子は、

2016.07.14 撮影 咲き始めです。
1608311.jpg

1608312.jpg

2016.07.17 撮影 しっかり咲いています。
1608313.jpg

1608314.jpg

1608315.jpg

そして、1か月後の姿は、

2016.08.20 撮影 白い花びらが緑色に変化しています。
1608316.jpg
               種が入った実ができているのも(^^ゞ
1608317.jpg

1608318.jpg

パイナップルリリー コモサ、白い花びらの小花も綺麗ですが、
緑色に変化した小花も魅力的ですね。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ホスタ その12

今日は、ホスタ、ギボウシ(リュウゼツラン科)(ユリ科)です。

8月13日のブログにも載せましたが、順調に開花してきました。

2016.08.17 撮影
1608305.jpg
               つぼみの花色が好きです(*^^*)
1608306.jpg

1608307.jpg

1608308.jpg

暑さにめげず、元気に咲き進んでくれるホスタ、いいですね。

今日は、もう一つ、こぼれ種からのフウロソウも咲き始めました。

2016.08.17 撮影
1608309.jpg

1608310.jpg

秋になって、神輿草になったら、また登場しますね(^-^;

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

メドーセージ その3

今日は、メドーセージ、サルビア・グァラニティカ、ガラ二チカ(シソ科)です。

この花は、2013年10月7日に近くのホームセンターで購入しました。
メドーセージの耐寒温度は、-12℃なので、かなり厳しい冬の天候でも、
春にはしっかり成長して、夏になると咲いてくれます。

2016.06.26 撮影 今年最初の開花です。
1608298.jpg

1608299.jpg

1608300.jpg

2016.08.12 撮影 また次の花が咲いています。
1608301.jpg

2016.08.17 撮影 
1608302.jpg

1608303.jpg

1608304.jpg

メドーセージ、ガラニチカ、濃いブルーの大輪が長期間咲くのがいいですね(*^-^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

トレニア その9

今日は、トレニア、ナツスミレ(夏菫)、ハナウリクサ(花瓜草)(ゴマノハグサ科)です。

この花は、2013年8月に、のぶり~んさまからいただいた苗の子孫たちです。
トレニアの花期は、5~10月です。
園芸店では、5月頃から販売されていますが、うちは少し遅いです(^^ゞ
昨年は、早い株は7月18日でしたが、遅い株は10月になってからでした。
今年は、8月に咲き始めてくれました。

2016.08.16 撮影 1輪目は、気が付くと、咲き終わりそうでした。
1608291.jpg

2016.08.17 撮影 今日改めて、咲いていた鉢を撮ってみました。
1608292.jpg
               次の花が咲いています。
1608293.jpg
               つぼみです。
1608294.jpg
               花をアップで、
1608295.jpg

1608296.jpg
               他の鉢でも、もう少しで咲きそうです。
1608297.jpg

このトレニアは、すべて、こぼれ種からの発芽です。
種蒔きも試みましたが、上手くいきませんでした。
花が終わって、種ができた花穂を土の上に置いておくことで、
翌年発芽して、花を咲かせます。
そのプランターはまだ、咲きそうにありませんが、
こぼれ種からのが、ドンドン咲きそうで、嬉しいです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

サザンクロス その9

今日は、サザンクロス、クロウエア(ミカン科)です。

この花は、昨年9月20日に購入して、育てています。
サザンクロスの花期は、3月中旬~10月中旬です。

7月16日のブログに、咲き始めたピンクの花を載せました。
その時の様子は、
2016.07.14 撮影
1608283.jpg

1608284.jpg

1608285.jpg

それから、1カ月、やっと白色の花が咲いてきました。

2016.08.12 撮影
1608286.jpg

1608287.jpg

2016.08.16 撮影
1608288.jpg

1608289.jpg

1608290.jpg

昨年が、遅くまで咲いていたので、本来の花期とは違っていますが、
小さな花が、次々と咲いてくれて、嬉しいです(*^-^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

薔薇 その41

今日は、薔薇(バラ科)です。

「びっくりロシア世界遺産の旅8日間」の記事を書いてる間に、
うちの庭で咲いた薔薇3種です。

一番目は、4月22日に購入して、5月21日に開花の様子を載せた「コーネリア」、
二番花が咲きました。

2016.07.27 撮影
1608277.jpg

1608278.jpg

二番目は、のぶり~んさまから2014年4月にいただいた「ジャルダンドゥフランス」

2016.08.08 撮影
1608279.jpg

1608280.jpg

三番目は、amocsさまから2015年2月にいただいた「フォーエバーローズ」

2016.08.15 撮影
1608281.jpg

1608282.jpg

「ジャルダンドゥフランス」、「フォーエバーローズ」、
春には咲いてくれなかった薔薇が、
この暑い季節に、咲いてくれて、嬉しいです(*^-^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ブッドレア その10

今日は、ブッドレア、フサフジウツギ(房藤空木)(フジウツギ科)です。

この花木は、2012年10月8日に、白・紫・黄色を購入して育てています。
昨年の開花の様子は、2015年8月20日のブログに載っています。
その時は、7.14に白色、7.24に紫色、8.19に黄色の順に咲いていました。
今年の咲き順は、

2016.07.13 撮影 黄色が一番に。
1608267.jpg

1608268.jpg

2016.08.12 撮影 白色は、早くから咲いていて、今年は大きな房咲きです。
1608269.jpg
               紫色も咲き始めていました。
1608270.jpg

1608271.jpg

今年の夏は、あまりにも暑いのと、
夏休みの学童保育の手伝いに、娘二人が務めているので、孫の守りがあって、
庭に出ても水やりだけで、花をゆっくり眺めたり、写真を撮ったりしていませんが、
こうして、綺麗に咲いてくれて、嬉しいです。

そして、孫たちの夏の風物詩・・・花火と水遊び。

2016.07.22 撮影 孫2号が、初めて自分で持った花火。
1608272.jpg
にぃにの真似をして、「どおぉ。ちれい♡」と見せてくれました。
1608273.jpg

孫1号も一緒だったのですが、写真に写らず(^^;
最近は、「くろく(暗く)なったよ。ちれいしょうね」って、花火を持ってきます。

2016.07.27 撮影 小さなプールに二人で。
1608274.jpg

1608275.jpg
しばらくすると、花に水やりを始めました(^-^;
1608276.jpg

もうしばらく夏休みが続くので、明るい孫たちと楽しく遊びます(*^-^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ひまわりまつり 2016

今日は、ヒマワリ、向日葵、日輪草、ヘリアンサス、サンフラワー(キク科)です。

8月13日、広島県世羅町の「世羅高原農場」の
『ひまわりまつり 2016』、ヒマワリの鑑賞に行ってきました。

入場して、すぐのところはサルビア畑です。
1608247.jpg

1608248.jpg

1608249.jpg

ブルーサルビアが、しっかり植えられていました。
ブルーの花を見て、「ラベンダーだ♡」という声も聞こえていましたが・・・(^^ゞ

そこを通り抜けると、ヒマワリ畑でした(*^-^*)
1608250.jpg

1608251.jpg

1608252.jpg

1608253.jpg

秋に開催される「ダリア祭」のダリアの早咲き種でしょうか。
1608254.jpg

八重咲ヒマワリ畑です。
1608255.jpg

1608256.jpg

1608257.jpg

「見本園」です。
すごく高く育っているヒマワリ
1608258.jpg
「ゴッホのひまわり」
1608259.jpg
「ジェイド」
1608260.jpg
赤いひまわりが風に揺れて・・・
1608261.jpg

また八重のヒマワリ畑
1608262.jpg

1608263.jpg

この八重のヒマワリ畑は、「迷路」になっていて、
「こどもスタンプラリー」も開催されていました。

ヒマワリ畑
1608264.jpg

1608265.jpg

1608266.jpg

「世羅高原農場」のパンフレットには
「園内65000㎡に50品種110万本のひまわり」と書かれていました。
夏を象徴するひまわり、満喫してきました(*^-^*)

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ホスタ その11

今日は、ホスタ、ギボウシ(リュウゼツラン科)(ユリ科)です。

6月23日のブログに、葉っぱが展開してきた様子を載せました。
その時の様子は、
2016.06.10 撮影 2012年7月、ご近所さんにいただいた大鉢
1608239.jpg
               2012年6月、HCで購入した2鉢
1608240.jpg

1608242.jpg
               2012年6月、知人にいただいた鉢
1608241.jpg

6・7月の間、花芽が出ずに、今年は咲かないかもと思っていた大鉢、
気が付くと、花芽が伸びて、花が咲いていました。

2016.08.08 撮影
1608243.jpg

1608244.jpg

2016.08.12 撮影 下方からどんどん咲き進んでいます。
1608245.jpg
                他に、3本の花芽が上がってきました。
1608246.jpg

ロシアでは、7月にたくさん咲いていたホスタ、
うちのホスタは、随分遅咲きのようです(^^ゞ

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑳サンクトペテルブルク その11

今日は、サンクトペテルブルクの「血の上の救世主教会」の観光の様子です。

「血の上の救世主教会」は、モスクワの聖ワシリー寺院に似た様式の建築です。
ロシアの後進性を改革しようと農奴解放令を発したアレクサンドル2世が
1881年にここで暗殺されました。
父の死を惜しむアレクサンドル3世はその地の上に教会を立てさせたため
福音書の悲劇的テーマに基づくモザイク装飾を建物はまとっています。
しかし、その外観は全体として、きらびやかな印象を受けます。

外観
1608218.jpg

1608219.jpg

ここからは内部の様子です。
1608220.jpg

1608221.jpg

1608222.jpg

1608223.jpg

1608224.jpg

1608225.jpg

1608226.jpg

1608227.jpg

1608228.jpg

1608229.jpg

1608230.jpg

1608231.jpg

1608232.jpg

1608233.jpg

1608234.jpg

1608235.jpg

再び外に出て、外観を。
1608236.jpg

1608237.jpg

1608238.jpg

これで、「びっくりロシア世界遺産の旅8日間」の旅は終わりです。

このサンクトペテルブルクからモスクワに、飛行機で1時間30分、
モスクワから広島空港へ9時間15分で帰国でした。

長い間、ロシアの旅に、お付き合いくださり、ありがとうございました。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑲サンクトペテルブルク その10

2012年7月15日、午前中は「世界遺産 エカテリーナ宮殿」、
午後は「ピョートル大帝夏の宮殿の庭園」を観光した後、
何故だか古い暮らしが残っている「民芸村」に行きました。
そこは、日本の「道の駅」のようなところで、たくさんのお土産品が売られていました。

そこで見かけた花
1608197.jpg

1608198.jpg

それから、プリオブラジェンスカヤ教会にも立ち寄りました。
1608199.jpg

1608200.jpg

1608201.jpg

1608202.jpg

「びっくりロシア世界遺産の旅8日間」の最終日7月16日午前中、
「世界遺産 サンクトペテルブルク」の運河クルーズに出かけました。

まずは遠景から。
ペテロパブロフスキー要塞
1608203.jpg

1608204.jpg

1608205.jpg

1608206.jpg

1608207.jpg

気になった建物の近景。
1608208.jpg

1608209.jpg

1608210.jpg

1608211.jpg

1608212.jpg

1608213.jpg

1608214.jpg
デカプリスト広場のピョートル大帝像
1608215.jpg

1608216.jpg

約一時間の運河クルーズを終えて、戻ってきました。
1608217.jpg

サンクトペテルブルク市内、ほとんどが18世紀の建物のようですが、
きちんと維持管理されていました。

次は、「血の上の救世主教会」の紹介です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑱サンクトペテルブルク その9

今日も、「ピョートル大帝夏の宮殿の庭園」「世界遺産 ペテルゴーフ」の観光です。

夏の宮殿の庭園のメーンに廻ってきました。

宮殿
1608177.jpg

花壇の傍を歩いて行くと、
1608178.jpg
大きな噴水と、小さな噴水が・・・
1608179.jpg
小さな噴水は、階段状になっています。
1608181.jpg

1608180.jpg
階段状の左側
1608182.jpg
階段状の右側
1608183.jpg

一番最初の写真の方向です。
1608184.jpg

階段状の噴水の傍の階段を昇って行きながら・・・
1608185.jpg

1608186.jpg

昇りつめたところからの景色、右側
1608187.jpg
昇りつめたところからの景色、中央・・・噴水の水は運河に流れて。
1608188.jpg
昇りつめたところからの景色、左側
1608189.jpg

素晴らしい景色だったので、もう一度、ほぼ中央から見た景色、
1608190.jpg
右側。
1608191.jpg
左側
1608192.jpg

一番最初の宮殿
1608193.jpg

その前の噴水。
1608194.jpg

外に出て、もう一度、宮殿を(*^^*)
1608195.jpg

バスの駐車場傍に、咲いていた花
1608196.jpg

「ピョートル大帝の夏の宮殿の庭園」、庭園も噴水も、凄く壮大・雄大でした。

次回は、サンクトペテルブルク市内の運河クルーズです。



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑰サンクトペテルブルク その8

今日は、「びっくりロシア世界遺産の旅8日間」の6日目、
2012年7月15日の午後に訪れた「ピョートル大帝夏の宮殿の庭園」観光です。

「ビョートル大帝夏の宮殿の庭園」は、「世界遺産 ペテルゴーフ」にあります。
サンクトペテルブルクの南西約30kmにある、美しい庭園と噴水を備えた宮殿です。
北方戦争で勝利したロシアの偉大さを誇示すべくピョートル大帝が建設を命じ、
1723年に完成しました。

まず宮殿。
1608156.jpg

1608157.jpg

ぺテルゴーフは、1000haを超える敷地に数百を超える噴水で飾られた、
壮大な18~19世紀建築・庭園アンサンブルです。
そのユニークな水力工学設備は、水が織りなす華やかな祭典を作り出しています。
ピョートル大帝は自ら宮殿の場所を決め、プランを設計したそうです。
ベルサイユ宮殿を模して造られたと言われていますが、
噴水に使われている水は、ロプシンスカヤの丘から水路を通って自然に流れているそうです。

1608158.jpg
1608159.jpg

庭園の花たち
1608160.jpg

1608161.jpg

1608162.jpg

1608163.jpg

ここにも噴水。
1608164.jpg
1608165.jpg

ピョートル大帝像。
1608166.jpg

金色の彫像
1608167.jpg

1608169.jpg
1608168.jpg

1608170.jpg

1608171.jpg

1608172.jpg

ここからは、様々な噴水の様子です。
1608173.jpg

1608174.jpg

1608175.jpg

1608176.jpg

色々な噴水を楽しんだ後、メーンの噴水に移動です。
その様子はまた明日。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑯サンクトペテルブルク その7

今日も、サンクトペテルブルク 「世界遺産 エカテリーナ宮殿」の様子です。

昨日の白を基調にした階段を進むと、絢爛豪華な部屋に。
天井は一面絵画です。
1608131.jpg

1608132.jpg

1608133.jpg

1608134.jpg

1608135.jpg

皇族の食事風景でしょうか。
1608136.jpg

1608138.jpg

こちらは晩餐会?
1608137.jpg

1608139.jpg

皇后エカテリーナの衣装。
1608140.jpg

ここからが、エカテリーナ宮殿の見どころの一つ「琥珀の間」です。
壁一面が琥珀のパネルで覆われています。
第二次世界大戦時に掠奪されましたが、
ペテルブルグ建都300年に向けて復元、修復され、
2002年にグランドオープンしました。
「琥珀の間」は撮影禁止なので、入口と出口から(^^ゞ
1608141.jpg

1608142.jpg

1608143.jpg

天井画
1608144.jpg

1608146.jpg

1608145.jpg

1608147.jpg

裏庭の様子です。
1608148.jpg

1608149.jpg

1608150.jpg
キャメロンの回廊の入り口です。
1608151.jpg

1608152.jpg

1608153.jpg

最初の建物の反対側に出てきました。
1608154.jpg

1608155.jpg

「世界遺産 エカテリーナ宮殿」も、冬の宮殿「エルミタージュ」に負けない豪華さでした。

次回は、ピョートル大帝 夏の宮殿の庭園観光です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑮サンクトペテルブルク その6

今日は、「びっくりロシア世界遺産の旅8日間」の5日目、
2012年7月15日に訪れた「世界遺産 エカテリーナ宮殿」観光の様子です。

「世界遺産 エカテリーナ宮殿」、サンクトペテルブルクの南、約25kmに位置し、
皇族の夏の住まいとして使われてきたツアールスコエ・セロー。
緑豊かな庭園に立つ宮殿群の中でもひときわ目を引くのが、
1724年、ピョートル一世が皇后エカテリーナ一世のために建てられたこの宮殿です。

バスを降りて、建物の裏側を通って、
1608112.jpg

門のところで、時間まで待ちました。
1608113.jpg
門の一部。
1608114.jpg
門の模様の中に、エカテリーナ宮殿。
1608115.jpg
隙間からエカテリーナ宮殿を(^^ゞ
1608116.jpg

入場して、左側の建物から
1608117.jpg
中央の建物。
1608118.jpg
右側の建物。
1608119.jpg

少しアップの左側の建物。
1608120.jpg
中央の建物。
1608121.jpg
右側の建物。
1608122.jpg

中央エントランス部分。
1608123.jpg
楽隊が演奏してくれました。
1608124.jpg
外壁の飾り
1608125.jpg

エカテリーナ宮殿は、涼やかな青色に塗られたロシア・バロック様式の建築です。
その装飾の細部の仕上がりは見事です。
建築家の豊かな想像力は、全長300m以上の外壁の立体的な美しさを達成しています。
宮殿の建設にかかる費用は惜しみなく使われ、
外装の金だけでも約100kg使用されたそうです。

そして、いよいよ中に入っていきます。

最初は白を基調にしたインテリアデザインで、清潔感たっぷり(*^^*)
1608126.jpg

1608127.jpg

エントランスから階段部分のインテリア。
1608128.jpg

1608129.jpg

1608130.jpg

皇后エカテリーナ一世の嗜好が反映されているのかなぁと思いながら進んでいくと・・・

次回は、内部の様子です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑭サンクトペテルブルク その5

今日は、サンクトペテルブルク エルミタージュ美術館の内部や中庭の様子です。

中庭
1608091.jpg

1608092.jpg

床のモザイクタイル
1608093.jpg
上の中心部
1608094.jpg

1608095.jpg

1608096.jpg

1608097.jpg
ドア
1608098.jpg

外壁の装飾とネヴァ川対岸のペトロパヴロフスク要塞
1608099.jpg

1608100.jpg

1608101.jpg

1608102.jpg

1608103.jpg

1608104.jpg

1608105.jpg

新エルミタージュ 小イタリア天窓の間 1842~1851年 
建築家L・フォン・クレンツェ 
1608106.jpg

新エルミタージュ 20本の円柱の間 1842~1851年 建築家L・フォン・クレンツェ
1608107.jpg

中庭
1608108.jpg

窓から見える通りの様子
1608109.jpg

1608110.jpg

最後にもう一度、宮殿広場からのエルミタージュ美術館
1608111.jpg

エルミタージュ美術館、ロシア語の正式名称は「国立エルミタージュ」。
「エルミタージュ」はフランス語で「隠遁者」「世捨て人」の部屋と言う意味だそうです。
「冬の宮」は、ロマノフ朝時代の王宮です。
凄い規模のエルミタージュ美術館、とても隠遁者の部屋には見えませんね。

次回は、「世界遺産エカテリーナ宮殿観光」です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑬サンクトペテルブルク その4

今日も、サンクトペテルブルク エルミタージュ美術館の芸術作品です。

1608066.jpg

1608068.jpg

1608070.jpg

1608071.jpg

1608072.jpg

1608074.jpg

1608075.jpg

レンブラント 「フローラに扮したサスキア」 1634年作
1608076.jpg

ゴヤ 「アントニア・サラテの肖像」 1810-1811年作
1608077.jpg

ルーベンス 「大地と水の結合」 1618年作
1608078.jpg

花の絵を(^^ゞ
1608079.jpg

1608081.jpg

1608082.jpg

1608083.jpg

1608084.jpg

1608085.jpg

1608086.jpg

1608087.jpg

1608088.jpg

1608089.jpg

ダウリーダのヴィーナス 紀元前3世紀ギリシャ製の像のローマ時代のコピー
1608090.jpg

エルミタージュ美術館の主な絵画の所蔵作品は、
イタリア・ルネサンス
・レオナルド・ダ・ビンチ 「聖母ブノア」「リッタの聖母」
・ラファエロ 「コネスタビレの聖母」「聖家族」
・ジョルジョーネ 「ユデイト」
・ティツィアーノ 「ダナエ」「懺悔するマグダラのマリア」
・カラヴァッジオ 「リュートを弾く若者」
スペイン
・エル・グレコ 「使徒ペテロとパウロ」
・ベラスケス 「昼食」
・ゴヤ 「アントニア・サラテの肖像」
フランドル・オランダ
・ルーベンス 「大地と水の結合」「ペルセウスとアンドロメダ」
・ヴァン・ダイク 「自画像」
・レンブラント 「フローラに扮したサスキア」「ダナエ」」放蕩息子の帰還」
印象派以降
・ルノワール 「ジャンヌ・サマリーの肖像」「扇子を持つ女」「小さな鞭を持った少年」
・セザンヌ 「ピアノを弾く少女」「タバコを吸う男」「カーテンのある静物」
・モネ 「庭の女」「ジヴァルニーの干草」「ウォータールー橋」
・ゴッホ「アルルの女たち」「ライラックの木」「夜の白い家」
・ゴーギャン 「果物を持つ女」
・ルソー 「虎のいる熱帯の嵐」
・アンリ・マティス 「赤い部屋」「会話」「ダンス」
とWikipediaに書かれていました。
みんな見たはずだけど、写真がなくて(^^;

次回は、また室内の装飾を載せて、エルミタージュ美術館を終わりにしたいと思います。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑫サンクトペテルブルク その3

今日は、サンクトペテルブルク エルミタージュ美術館の芸術品の紹介です。

エルミタージュの美術館としての創立年は、1764年に、エカテリーナ二世が
ベルリンの豪商が所有していた西欧の有名画家の絵画作品225点を含む
コレクションを購入した時だとされています。
1775年に、エカテリーナ二世が建てた自身専用の美術品展示室で、
一般公開されていませんでしたが、
1863年に、初代館長が市民も観覧可能にしました。
1917年のロシア革命後は、貴族から没収されたコレクションの集積所に。
1918年に、冬の宮殿を含めてエルミタージュ美術館として統合が決まり、
第二次世界大戦後に完了しました。

館内の写真は、フラッシュがNGなので、写りはよくありませんが・・・

恐ろしく大きな壺が。
1608046.jpg
こちらにも。
1608047.jpg

1608048.jpg

1608049.jpg

1608050.jpg

1608051.jpg

レオナルド・ダ・ビンチ 「聖母ブノワ」 1478年作
1608053.jpg

レオナルド・ダ・ビンチ 「リッタの聖母」 1490-1491年作
1608054.jpg

ティツィアーノ 「ダナエ」 1553-1554年作
1608055.jpg


1608056.jpg

ラファエロ 「コネスタビレの聖母」 1504年作
1608057.jpg

ラファエロ 「聖家族」 1506年作
1608058.jpg


1608059.jpg

1608060.jpg

1608061.jpg

1608063.jpg

1608064.jpg

1608065.jpg

このエルミタージュ美術館には、イタリア・ルネサンス、
スペイン、フランドル・オランダなどの
絵画、彫刻など300万点が飾られています。
もう少し芸術品を紹介しようと思います。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑪サンクトペテルブルク その2

今日は、サンクトペテルブルク エルミタージュ美術館の内部の紹介です。

観光のパンフレットの謳い文句は、
「ロシアの至宝 エルミタージュ美術館にてたっぷり5時間滞在!
ロシアが世界に魅せる美の殿堂、女帝が愛した荘厳かつ華やかな隠れ家を
存分にお楽しみください。」
と書かれていました。

そして、徹底ガイドブックでは、
「収蔵美術品数が約300万点、全展示室を歩くと20km以上になる世界屈指の大美術館。
元は「冬の宮殿」と呼ばれた皇室一家の宮殿。
女帝エリザヴェータの時代には壮麗な現在の建物を建設。
完成は女帝の死去した1762年だった。」
と書かれています。

まずは、昨日の「大使の階段」を上って、2階へ登りますが、
1階で、気になったビーナス像
1608026.jpg

1608027.jpg
2階から見ると、
1608028.jpg
凄い天井の高さがわかります。
1608029.jpg

1608030.jpg

天井に描かれた絵
1608031.jpg

ビョートル大帝の間;大帝の栄誉をたたえるために作られた部屋
1608032.jpg

1608033.jpg

1608034.jpg

1608035.jpg

1608036.jpg

1608037.jpg

1608038.jpg

黄金の客間;壁と天井が黄金に輝く華やかな部屋
1608039.jpg

1608040.jpg

1608041.jpg

世界で最高に美しいシャンデリアだそうです(^^ゞ
1608042.jpg

1608043.jpg

1608044.jpg

1608045.jpg

どの部屋も素晴らしい装飾です(*^-^*)

展示物は、1階が「世界各地の古代遺物や芸術品」、
2階が「19世紀までの西洋美術やロシア文化にまつわるもの」、
3階が「近・現代の西洋美術や東方諸国の文化・芸術品」です。
もう2度と来ることはないと思って、かなりの枚数の写真を撮りました。
少しずつ紹介していきます(^-^;

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑩サンクトペテルブルク

今日は、「びっくりロシア世界遺産の旅8日間」の5日目、
2012年7月14日、サンクトペテルブルク観光の様子です。

サンクトペテルブルクは、海と運河のあるロシア第2の都市。芸術の都市です。
重厚かつ荘厳な建物が建ち並ぶサンクトペテルブルクは古都の印象が強いですが、
じつは18世紀初頭に作られた比較的歴史の若い街です。
スウェーデンとの北方戦争のさなか、ピョートル大帝の勅令でネヴァ川河口に
建設された要塞都市が始まりです。

街の様子
1608001.jpg

1608002.jpg

イサク聖堂;1858年に建った世界最大の教会建築の一つです。
1608003.jpg

1608004.jpg

1608005.jpg

ピョートル大帝像
1608006.jpg

1608007.jpg

1608008.jpg

1608009.jpg

ネヴァ川の宮殿橋を渡って、
逆光ですが、右側がエルミタージュ美術館です。
1608010.jpg

1608011.jpg

1608012.jpg

1608013.jpg

左側はペテロパブロフスク要塞です。
1608014.jpg

1608015.jpg

ロストラの灯台柱
1608016.jpg

1608017.jpg

宮殿橋・・・はね橋ということです。
1608018.jpg

宮殿広場
1608019.jpg
ホテル
1608020.jpg

エルミタージュ美術館です。
1608021.jpg

1608022.jpg

エルミタージュ美術館の内部の様子です。
1608023.jpg

1608024.jpg

1608025.jpg

次回は、エルミタージュ美術館の芸術品の数々です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 9年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle