⑬サンフランシスコ その2

今日は、サンフランシスコ市内観光の続きです。

5月21日、自由時間が終わって、10時15分から、バスで市内観光に。

まず、ゴールデン・ゲート・ブリッジです。
規模と美しさで世界に誇る吊り橋です。
ゴールデン・ゲート湾にかかる橋で、鮮やかな朱色=インターナショナルオレンジ色です。
主塔の間の長さ(中央径間、支間)が1280m、全長2737m。
主塔の高さは水面から227m、橋面の高さは水面から67mです。

バスから降りると、見えるゴールデン・ゲート・ブリッジ。
1308402.jpg
歩いて渡れるということで、橋まで歩きます。

途中には、たくさんの花壇が。

1308403.jpg

1308404.jpg

1308405.jpg

1308406.jpg

1308407.jpg
ここにもフクシア
1308408.jpg

1308409.jpg

1308410.jpg

1308411.jpg

1308412.jpg

ゴールデン・ゲート・ブリッジの手前の展望台に到着です。

1308414.jpg

1308416.jpg

橋から見える、サンフランシスコ市です。

1308417.jpg

海の中には、アルカトラズ島が見えます。
1308419.jpg
1934年から29年間、連邦刑務所があった島です。


ゴールデン・ゲート・ブリッジからフィッシャーマンズ・ワーフに行く途中、
サンフランシスコの坂道を車窓から撮ってみました。

1308420.jpg

1308421.jpg

1308422.jpg

1308423.jpg

1308424.jpg

美しい都市、サンフランシスコは、坂の多い街でした。

明日もサンフランシスコ市内観光です。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑫サンフランシスコ

今日は、サンフランシスコ市内観光です。

5月21日は、19日・20日とサンフランシスコ市のホテルに連泊でした。
その「ホリデイイン サンフランシスコ シビックセンター」の部屋の外に、
大きなベランダガーデンがあって、明るい花が咲き誇っていました。
 
ブーゲンビリア
1308380.jpg

1308381.jpg

フクシア
1308382.jpg

1308383.jpg

午前10時まで、自由行動だということで、サンフランシスコと言えば、
坂道を昇るケーブルカーに、乗ってみることに。
ユニオンスクエアまで歩いていくと、ケーブルカーを手動で、回転していました。

1308384.jpg

フィッシャーマンズワーフへ向かうパウエル・ハイド線に乗って、
サンフランシスコで有名な坂道を目指します。

ケーブルカーを降りたところです。向こうの海のそばが、フィッシャーマンズワーフです。
1308385.jpg

交差するロンバートストリートの坂道です。最初は、この階段を下りました。

こちらの家の前にも、大きなフクシア。
1308386.jpg

1308387.jpg

両脇は歩道ですが、真ん中部分は、危険な坂道ということで、S字になっています。
車はスピードを緩めて、ゆっくりと降りてきます。
S字の道路以外のところは、花壇です。

1308388.jpg

今度は、反対側の歩道を上ります。

各家々の前庭花壇が、素敵です。
1308389.jpg

1308390.jpg

1308391.jpg

1308392.jpg

1308393.jpg
ちょっと変わった花も。
1308394.jpg

ケーブルカーの通りまで戻りました。ちょうど、ケーブルカーが。

1308397.jpg

上りと下りがすれ違います。

1308396.jpg

こちら側のケーブルカーに乗って、ユニオンスクエアに。
シビックセンター地区に戻って、政治・行政・文化・芸術の中心地の見学です。

シティーホール(市庁舎)です。
1308398.jpg

1308399.jpg

1308400.jpg

美術館や音楽ホールのある一帯です。
1308401.jpg

明日は、サンフランシスコ市内観光の続きです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑪ヨセミテ国立公園 その2

今日は、ヨセミテ国立公園の続きです。

ビジターセンターまで、バスで移動して、
後は、森林の小道を歩いて、ヨセミテ滝を観賞します。

ビジターセンターから見るヨセミテ滝
1308373.jpg

セコイアの林から見るヨセミテ滝
1308353.jpg

ヨセミテ滝です。
1308354.jpg
3つに分かれる滝を合わせると、世界で5番目の高さを持つヨセミテ滝。
落差739mだそうです。       右下に人が小さく写っています。↑

1308358.jpg

1308355.jpg
滝壺まで、岩伝いに歩いて行けます。

滝壺からの流れ
1308356.jpg

1308357.jpg

行きは滝ばかりを目指していたので、帰りにセコイアの林を。
1308360.jpg

1308361.jpg

ビジターセンターからの眺め。
1308362.jpg

ビジターセンターの庭で一休み、木洩れ日が、綺麗でした。
1308359.jpg

庭にいた鳥
1308374.jpg

バスでの帰り道、川の流れに、手を付けられるところに。
1308375.jpg

1308364.jpg
ここにも滝が。
1308365.jpg
ここで、ヨセミテ国立公園とお別れです。


サンフランシスコから、ヨセミテ国立公園に来る間の道沿いには、
アーモンドやピスタチオの木がたくさん植えられていて、
帰りには、殻つきのアーモンドを試食できると聞いていました。

行きのアーモンドの木々。
1308369.jpg

1308368.jpg

土産物店の木
1308376.jpg
ピスタチオ(?)
1308377.jpg
アーモンド(?)
1308378.jpg

途中のゴールドラッシュの遺物
1308367.jpg

ベイ・ブリッジを通って、サンフランシスコです。
1308379.jpg

明日は、サンフランシスコ市観光です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑩ヨセミテ国立公園

今日は、世界遺産 ヨセミテ国立公園です。

サンフランシスコから東へやく300km、4時間のバス移動です。

ヨセミテ国立公園は、1890年に、国立公園に指定され、
1984年に世界遺産に登録されました。
面積は3081平方km、海抜は600mから4000mに跨って、
植物や動物の生息も多様に広がっているそうです。

まずは、入口の岩山
1308334.jpg

広域になるので、バスで、観光ポイントまで、移動します。

1.トンネルビューからの景色
1308335.jpg

  右手は、ハーフドームと、ブライダルベール滝が見えます。
1308336.jpg

  左手は、エルキャピタンです。
1308337.jpg

2.ブライダルベール滝;落差190m
1308338.jpg

1308339.jpg
  滝の水の変化を楽しみました。
1308340.jpg

1308341.jpg

1308342.jpg

3.エルキャピタン;花崗岩としては世界最大級の一枚岩。標高差1100m
1308343.jpg

4.リボン滝:落差491m
1308344.jpg

1308349.jpg

1308351.jpg

1308350.jpg
  近くに、リスが休んでいました。
1308352.jpg

5.センチネルブリッジからハーフドーム(標高2700m、標高差1500m)を望む。
1308346.jpg

  橋の反対側の景色
1308348.jpg

ここから、ヨセミテロッジに移動して、自由散策、1時間15分です。
その様子は、また明日。



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑨セドナ

今日は、赤い岩山の聖地 セドナです。

モニュメントバレーから、約321km、4時間のバス移動で、セドナに到着。

途中の風景;遠くの山には、白いものが・・・雪が積もっているようです。(車窓より)
1308312.jpg

セドナらしい赤い岩山。(車窓より)
1308313.jpg

標高1300mの高地にあるリゾート地を見晴らせる小高いメサ(テーブル状台地)に、
登れば、セドナの街が一望できるというので、登る途中の景色です。
向こうの赤い岩山がエアーポートメサ。(車窓より)
1308314.jpg

セドナの街の景色;ここから下の3枚が左手から右手に移動したものです。
1308315.jpg

1308316.jpg

1308317.jpg

小高い丘を降りていく途中の赤い岩山。(車窓より)
1308318.jpg

1308319.jpg

人口11500人のセドナに、リゾートや観光に訪れる人は、年間400万人だそうです。

メインストリートに咲いていた花たち
1308320.jpg

1308321.jpg

1308322.jpg

1308323.jpg

この街を自由散策して、昼食を食べて、セドナの中でも、1番のパワースポットへ。

移動中の赤い岩山。(車窓より)
1308324.jpg

1308325.jpg

1308326.jpg

ベルロックというパワースポットです。
1308327.jpg

1308328.jpg

パワースポットは、大地から特殊なエネルギーを強力に発する「ボルテックス」
がある場所と言われています。
その場所では普段眠っている第六感を研ぎ澄ますことができるとされ、
「ヒーリング(癒し)」の効果を求めるのに最適であるとされています。

その隣の赤い岩山
1308329.jpg

1308330.jpg

ここに咲いていた花。
1308331.jpg

並んでいます。
1308332.jpg

最後にもう一度、ベルロックを。(車窓より)
1308333.jpg

5月19日は、ここセドナから、フェニックスへ、約195km、2時間のバス移動。
フェニックスから、飛行機で2時間5分、サンフランシスコに移動しました。

明日は、世界遺産 ヨセミテ国立公園です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑧モニュメントバレー その2

今日は、モニュメントバレーの夜明けの様子です。

5月19日5:58 日の出 気温4度
刻々と変わっていく夜明けの光のシンフォニーを。

1308296.jpg

1308297.jpg

1308298.jpg

1308299.jpg

1308300.jpg

1308301.jpg

1308302.jpg

1308303.jpg

1308304.jpg

1308305.jpg

1308306.jpg

日の出を見届けると、すぐに、バスで出発です。

1308307.jpg

1308308.jpg

1308309.jpg

1308311.jpg

モニュメントバレーの夜明け感動的でした。
思わず、何枚も写真を撮りました。
地表から昇る朝日を始めてみました。

明日は、赤い岩山の聖地、セドナです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑦モニュメントバレー

今日は、モニュメントバレーです。
アンテロープキャニオンのあるペイジから約195km、2時間のバス移動で、
モニュメントバレーに、到着しました。
モニュメントバレーは、ナバホ自治領のため、
正しくは、モニュメントバレー・ナバホ族公園です。
ユタ州南東部に位置し、地勢的に2億7千万年前の地層が露頭したところで、
コロラド台地の一角です。

モニュメントバレーに入る目印の岩(車窓から)
1308274.jpg

1308275.jpg

1308276.jpg

モニュメントバレーに入る前に、バスを降りて、全景を。
1308277.jpg

1308278.jpg
5000万年をかけて、雨や風による風化作用や地殻変動によりできた
メサ(テーブル型台地)やビュート(岩峰)が、
赤茶けた荒野にポツンポツンと立つ荒涼とした景色が広がっています。

モニュメントバレー内のホテル、グルーディングロッジに入り、
ナバホ族の観光ガイドの運転するバスで、「モニュメントバレー・ドライブツアー」へ。

まず最初は、西部劇「駅馬車」の舞台、ジョンホードポイントへ。
1308279.jpg
馬に乗ったカーボーイが、佇んでいました。
私達観光客を見つけて、乗馬体験のお誘いがありました。
1308281.jpg

スリーシスターズ
1308280.jpg

1308282.jpg

1308284.jpg

1308295.jpg

1308286.jpg

1308287.jpg

1308288.jpg

レフトミトン
1308289.jpg

ライトミトン
1308290.jpg

1308291.jpg

1308292.jpg

ホテルのバルコニーから
1308293.jpg

夕日が沈みました。
1308294.jpg

ここモニュメントバレーのメサ(テーブル型台地)やビュート(岩峰)は、
いろいろ名前が付けられていますが、記入していないのは、想像してみてください。

明日は、モニュメントバレーの朝日観賞をして、セドナに移動します。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑥アンテロープキャニオン

今日は、アンテロープキャニオンです。
アリゾナ州グランドキャニオンから北部、
ユター州との州境に近いレイクパウエルの湖畔の町、ペイジへ約300km、4時間の移動です。
途中の景色は、
1308251.jpg
休憩をしたショップ
1308252.jpg

ナバホ先住民居留地であるアンテロープキャニオンを観賞します。
ナバホ族の観光ガイドさんが運転するトラックに乗って、砂漠のようなところを走り、
1308253.jpg

1308254.jpg

アンテロープキャニオンは、モンスーンの時期に降る雨水が谷間の狭部を流れる際に、
水流の早い鉄砲水となり、柔らかい砂岩を削り取って流れるような岩の姿を作り出しています。

全長150mを、ガイドさんを先頭に、歩いていきました。

1308255.jpg

1308256.jpg

1308257.jpg

1308258.jpg

1308259.jpg

1308260.jpg

1308261.jpg

1308262.jpg

1308263.jpg

1308264.jpg

1308265.jpg

1308266.jpg

1308267.jpg

ここで、トンネルのような内部からいったん外に出ます。
外の砂岩です。
1308268.jpg

1308269.jpg

また内部を戻ります。
1308270.jpg

1308271.jpg

1308273.jpg

アンテロープキャニオンは、全長150m、高さ20mの
岩肌がらせん状に削られている、幻想的な造形の渓谷でした。

明日は、モニュメントバレーです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑤グランドキャニオン その2

今日は、グランドキャニオンのつづきです。

5月17日19:25が、日の入りの時刻です。気温は15度。
夕日の沈んでいく様子です。

1308229.jpg

1308230.jpg

1308231.jpg

1308232.jpg

1308233.jpg

5月18日5:20が日の出の時刻です。気温4度です。
朝日が昇っていく様子です。

1308234.jpg

1308235.jpg

1308236.jpg

1308237.jpg

1308238.jpg

1308239.jpg

朝日が昇った後のグランドキャニオンです。

1308240.jpg

1308241.jpg

1308242.jpg

次に、グランドキャニオンの西側にあるホピ・ポイントに移動しました。

うさぎさんがお出迎え。
1308243.jpg
石造りの建物。
1308250.jpg

ここから遠くに、コロラド川が見えます。
1308244.jpg

少しアップにしてコロラド川を。
1308246.jpg

こちらからのグランドキャニオンです。

1308245.jpg

1308247.jpg

1308248.jpg

1308249.jpg

少し寒かったけど、夕日も朝日も見ることができました。
グランドキャニオンの標高2170m、
国立公園の規模は、4950㎢です。
数億年のコロラド川の浸食と地層の隆起作用による世界最大の渓谷
素晴らしい広大な景観でした。

明日は、アンテロープキャニオンです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

④グランドキャニオン

5月17日は、ラスベガスを8:30に出発して、
グランドキャニオンへ、445km、5時間のバスの旅です。

途中、バスの中から、ミード湖が見えました。
1308207.jpg
ミード湖は、コロラド川、バージン川、マディ川の3つの川が、
フーバダムによってせき止められてできたアメリカ最大の人造湖です。

フーバーダムです。
1308208.jpg
49か月の工事により、1935年に完成したダム。
最上部の長さが380mという巨大なスケールのダムです。

今日の花は、食事をしたところで咲いていた花です。

大きな木に綺麗な花が咲いていました。
1308209.jpg

1308210.jpg

1308211.jpg

こちらも大きなサボテンのような木の花です。
1308212.jpg

1308213.jpg

1308214.jpg

アメリカの現地ガイドさんが着ていたTシャツに、ルート66の地図が。
1308215.jpg

ルート66を通って、アリゾナ州のセリグマンに。
1308216.jpg

セリグマンのショップ
1308217.jpg

1960年から有名な床屋の内部。
1308218.jpg


グランドキャニオンに、14時30分に到着です。
グランドキャニオンは、数億年に及ぶコロラド川の浸食と
地層の隆起作用によって作り出された、
全長約460km、深さ約1600mの途方もないスケールの大渓谷です。
グランドキャニオンが現代の姿になったのは、約500万年前と言われています。

1308219.jpg

1308220.jpg

1308221.jpg

1308222.jpg

1308223.jpg

1308224.jpg

1308225.jpg

1308226.jpg

1308227.jpg

1308228.jpg

断崖や岩肌の地層は、古い順から赤黒・赤・黒となっているようですが、
ピンクやオレンジ、ブラウンにも見えるいろいろな層が重なっています。

グランドキャニオンの景色を堪能しました。

明日は、グランドキャニオンの夕日と朝日の様子からです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

③ラスベガスの夜

今日は、眠らない街、ラスベガスの夜の様子です。
ルクソールホテルで、夕食をとった後、19:30~23:00に、
「ラスベガス・ナイトイルミネーションツアー」に、参加しました。

まずは、フリーモントエクスペリエンス…アーケード街です。
大音響の音楽にのせて、アーケードの天井のイルミネーションの映像を楽しみます。

1308186.jpg

1308187.jpg
この写真は、主人が写しました。                    ↑この後姿が私です

1308188.jpg

1308189.jpg

1308190.jpg

1308191.jpg

1308192.jpg

1308193.jpg

外に出ると、歩道わきに、キョウチクトウ。
1308194.jpg


次は、ストラトスファイアタワーから、ラスベガスの夜景を楽しみます。
私のコンデジでは、夜景がうまく写らないので、主人が撮った写真を。

1308196.jpg

1308197.jpg

このタワーには、絶叫マシン、
「インサニティー」「エックス・スクリーム」「ビッグ・ショット」が、
地上300mのところに設置されています。
見ているだけで、怖かったです。


最後に、ベラージオホテルの噴水ショーに行きました。

ベラージオホテル外観
1308198.jpg

エントランスの天井に豪華な花のステンドグラス。
1308199.jpg

1308200.jpg

1308201.jpg

庭園というより植物園もありました。
1308202.jpg

1308203.jpg

風が強いので、噴水ショーは、残念ながら、中止。
ホテルの前のイルミネーション:フランスエッフェル塔、オペラ座
1308204.jpg

1308205.jpg
アメリカ自由の女神
1308206.jpg

ほんと、眠らない街でした。
でも、少し町はずれに行くと、暗黒の世界です。
不思議な街、ラスベガスの夜です。

次回は、グランドキャニオンです。

(追記)
8月20日と21日とで、私の両親のお墓参りに、熊本に行ってきますので、
ブログを休みます。
よろしくお願いします。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

②ハリウッド~ラスベガス

今日は、ロサンゼルス観光のハリウッドからです。

ハリウッドは映画の街として知られています。

グロースマンズ・チャイニーズシアター
1308171.jpg

その前の広場の有名俳優のサイン・手形・足型:マリリン・モンローとソフィア・ローレン
1308172.jpg

アカデミー賞の授与式が行われるドルビーシアターの内部から。
1308173.jpg
ここに、レッドカーペットがひかれるそうです。
名俳優の真似をして歩いてみました。

歩道傍に咲いていた花。
1308174.jpg

映画会社の建物群
1308175.jpg

ここハリウッドからラスベガスまでは、490km、バスで5時間の旅です。
砂漠のようなところをひたすら走ります。

1308176.jpg

途中のドライブインで見かけた花。
1308177.jpg

1308178.jpg

1308179.jpg

鉄道の貨物列車、数十台連なっていました。
1308180.jpg

ドライレイク:20億年前隆起して、500万年前に今の形になったそうです。
1308181.jpg

どこまで行っても砂漠のようです。ラスベガスの最高気温は33度でした。
1308182.jpg

1308183.jpg

1308184.jpg

ラスベガスのホテル:ルクソールホテル到着です。
1308185.jpg

今日の花は、どれもわからない花ばかり・・・異国に来たのを感じました。

それにしても、490kmの移動、5時間は、疲れましたが、
ホテルで夕食後、「ラスベガス・ナイトイルミネーションツアー」に出かけました。
明日は、その様子です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

①ロサンゼルス:サンタモニカ

今日から、5月に行った、「アメリカ西海岸周遊9日間」の旅の様子を載せていこうと思います。

5月15日 午前7:00に最寄りの駅から高速バスで大阪駅に13:00着。
      19:00 大阪国際空港(伊丹空港)出発⇒羽田空港20:10到着
5月16日 00:05 羽田空港発⇒ロサンゼルス着
飛行時間は10時間ですが、間で日付変更線を通過するので、
現地到着時間は、5月15日18:05になります。(時差はー17時間)

ロサンゼルスでは「ミヤコホテル」に宿泊。
翌5月16日の午前中は、「ロサンゼルス観光」です。

高速道路の側面には、バラが咲いていました。
1308157.jpg

1308158.jpg

サンタモニカのビーチです。
1308159.jpg

1308160.jpg

アメリカでも屈指の砂浜です。
ハワイのワイキキビーチの砂は、ここから船で運ばれたそうです。
南国の感じを出すために植えられているヤシの木は、ここの風土に合うように、
何年もかけて、改良され、雨が少ないので、自動散水機が根元に設置されています。

ビーチ脇に咲いていた花です。
ゴクラクチョウ
1308161.jpg

1308162.jpg

アガパンサス
1308163.jpg

1308164.jpg

1308165.jpg

1308166.jpg

そして、ここサンタモニカが、有名な「ルート66」の西の発点だという看板。
1308167.jpg

傍には、くちなしの花が咲いて、良い香りでした。
1308168.jpg

サンタモニカから、ハリウッドに向かう道沿いに植えられていた木々です。
車窓から撮りました。

ブラシの木
1308169.jpg

ジャカランタ
1308170.jpg

ロサンゼルスでは、ミヤコホテルという、日本式のホテルで、和食でした。
サンタモニカで咲いている花たちも、日本で見る花と変わりがないようです。
広々としているという印象はありましたが、日本の南国にいる感じでした。

次は、ハリウッドからラスベガスに移動です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

サルスベリ その2

今日は、サルスベリ、百日紅(ミソハギ科)です。

この花は、随分昔に、植えた覚えがないのに、生えてきたサルスベリです。
2012年12月26日のブログにも載せています。
大きくなって、先端の花が咲くところが、隣にはみ出したので、
春に、1.5mぐらい切り戻しをしました。
先端のほうを剪定したので、今年は花をあきらめていましたが、
新しい枝がどんどん成長して、花を咲かせました。

2013.08.06 撮影 花は少しですが、つぼみがたくさん。
1308145.jpg

1308146.jpg

1308147.jpg

2013.08.09 撮影 5分咲きのようです。
1308148.jpg

1308149.jpg

2013.08.15 撮影 ほぼ満開です。
1308150.jpg

1308151.jpg

1308152.jpg

2013.08.16 撮影 この日は花のアップを。
1308153.jpg

1308154.jpg

1308155.jpg

1308156.jpg

今回は、この濃いピンクのみの開花です。
咲き始めから百日咲き続けるといわれるサルスベリ、ゆっくり楽しめます。

2011年購入の赤花、2012年購入の白花は、今年はまだつぼみもありません。
2012年12月26日のブログでは、
赤花は、2011年7月4日から7月10日、
    2012年7月25日から9月22日に咲いていました。
今年は、少し遅いようですが、新しい枝も伸びてきているので、きっと咲くでしょう。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ベゴニア その2

今日は、ベゴニア・センパフローレンス、四季咲きベゴニア(シュウカイドウ科)です。

この花は、2009年5月に購入したものが、毎年、こぼれ種から発芽しています。
2012年12月3日のブログに、2011年と2012年の開花の様子を載せました。
うちで、毎年こぼれ種から発芽して開花するのは、ベゴニアだけだと思います。
今年も咲いています。

2013.06.05 撮影 少し濃い目のピンクです。
1308131.jpg

1308132.jpg

1308133.jpg

1308134.jpg

2013.06.08 撮影 少し薄めのピンクです。
1308135.jpg

1308136.jpg

1308137.jpg

2013.07.12 撮影 薄いピンクです。
1308138.jpg

2013.08.07 撮影 白っぽいピンクです。
1308139.jpg
              赤っぽいピンクのつぼみです。
1308140.jpg
              白のつぼみです。
1308141.jpg

2013.08.09 撮影 赤っぽいピンクが咲きました。
1308142.jpg

2013.08.15 撮影 白も咲いています。
1308143.jpg
              白っぽいピンクです。
1308144.jpg

2009年に、ぺゴニアを購入したときは、白・赤・桃色と銅葉のを揃えました。
2011年も2012年もピンクしか咲かなかったのに、
久しぶりに、白と赤っぽいピンクが咲きました。

こんな可愛いベゴニアが、あちこちの鉢で、咲いています。
四季咲きといっても、冬には枯れてしまいますが、
春から芽吹いてきて、夏には、草丈40cmに生長しています。
芽吹いたときに、この特徴のある葉は、すぐにわかるので、
まとめて移植しますが、今年も大きな鉢に、2鉢になりました。
まだ開花していない株もあるので、まだまだこれからも楽しめそうです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ジニア その2

今日は、ジニア、百日草(キク科)です。

この花は、2012年8月15日のブログに、
昨年の6月25日から8月9日までの開花の様子を載せています。
ジニア・リネアリスという、小輪多花性のジニアです。

これと同じジニアが、7月2日に購入した例のいちご箱に、入っていました。
花期は、6月から10月ですから、今年も今が盛りと咲いています。

2013.07.10 撮影 白が咲いています。
1308120.jpg

2013.07.20 撮影
1308121.jpg

2013.07.25 撮影
1308122.jpg
              橙も咲きました。
1308123.jpg

2013.07.30 撮影
1308124.jpg

1308125.jpg

昨年と同じジニアを育てて、今年、発見したことは、
白のアップの写真を見ると、花びらの先のほうに、緑色が入っていることです。

2013.08.09 撮影
1308126.jpg

1308127.jpg

ジニアだけをまとめて、1鉢に植えたつもりでしたが、
8月9日の「ペチュニア」の中にも1株入っていました。
1308128.jpg

昨年のジニアの鉢の様子です。
2012.08.09 撮影
1308129.jpg

今年は、見切り品の花苗からの開花ですが、
昨年と同じように、夏の暑さにもめげず、綺麗に咲いてくれました。

ペチュニア、ポーチュラカ、ジニア、どれも夏の花、
健気に、頑張って、咲いてくれました。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバタフライとポーチュラカ

今日の最初は、ブルーバタフライ、クレロデンドルム(クマツヅラ科)です。

この花は、昨年9月28日に、購入して、2012年11月2日のブログに載せました。
花期は、4月から11月と長く、常緑蔓性低木です。
冬の間は、心配で室内に置いていましたが、春に戸外に移動しました。
5月に1輪だけ咲きましたが、7月末にまとまって、咲いてくれました。

2013.07.22 撮影 つぼみの様子です。小さなバッタがいますね。
1308108.jpg

2013.07.24 撮影 開花しました。
1308109.jpg

1308110.jpg

1308111.jpg

2013.07.26 撮影
1308112.jpg

1308113.jpg

こうして、11月まで、この「青い蝶」が見られると思うと、楽しいです。

次は、ポーチュラカ、ハナスベリヒユ(スベリヒユ科)です。
この花は、例のいちご箱=100円の中に入っていました。
可愛い濃いピンクの花が、咲き始めました。

2013.07.17 撮影
1308114.jpg

1308115.jpg

2013.07.24 撮影
1308116.jpg

2013.07.31 撮影
1308117.jpg

2013.08.06 撮影
1308118.jpg

1308119.jpg

ポーチュラカは、以前、色とりどりの花苗を購入して、育てていました。
非耐寒性宿根草で、1年草扱いなのと、
花が1日花で、朝咲いて、夕方には萎れてしまうのが、
もったいなくて、購入していませんでした。
思いがけず、手に入って、こんなに可愛いと、また育てたくなります。
この花も、花期は6月から10月です。
今日も次から次と咲いています。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ブッドレア その2

今日は、ブッドレア、フサフジウツギ(房藤空木)(フジウツギ科)です。

この花は、2012年10月8日に、
島根県邑智町石見(いわみ)「香木の森」で購入したものです。
2012年11月29日のブログに、2012年の開花の様子を載せています。
今日は、2013年の開花の様子です。

2013.07.09 撮影 花房が伸びてきました。
1308087.jpg

2013.07.18 撮影 黄色のつぼみが膨らんで。
1308088.jpg
              紫色の花房も伸びてきました。
1308089.jpg

2013.07.20 撮影 黄色が開花し始めました。
1308090.jpg

2013.07.22 撮影 紫色のつぼみも膨らんできました。
1308091.jpg

2013.07.23 撮影 黄色の花が咲き進んできました。
1308092.jpg

2013.07.24 撮影 紫色の花房は黄色に比べて長いです。
1308093.jpg

2013.07.25 撮影 黄色の花が下のほうから咲いています。
1308094.jpg
              紫色のつぼみが膨らんで。
1308095.jpg

2013.07.26 撮影 黄色の花
1308096.jpg
              紫色の花
1308097.jpg

2013.07.29 撮影 黄色の花
1308098.jpg
              紫色の花
1308099.jpg

1308100.jpg

2013.07.30 撮影 黄色の花。
1308101.jpg
              紫色の花
1308102.jpg

2013.07.31 撮影 黄色の花
1308103.jpg
              紫色の花
1308104.jpg

枝先につける花、もう一つ咲き始めました。
2013.08.04 撮影
1308105.jpg

2013.08.06 撮影
1308106.jpg

2013.08.07 撮影
1308107.jpg

このブッドレア、昨年購入時に咲いていた白色の花房が、まだ、咲きません。
その代わりに、黄色の花房が2つ付きました。
そして、昨年は、か細かった紫色の花房は、一番長くなって・・・
植物の世界には不思議がいっぱいです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ランタナ その7

今日は、ランタナ、シチヘンゲ(七変化)(クマツヅラ科)です。

この花は、2010年9月に購入した花ですが、
2013年7月8日のブログに、
ピンク系の花の6月30日から7月7日までの様子を載せました。
今日は、その木とは違うピンク系の花とオレンジ系の花の様子です。

2013.08.04 撮影 2つ目のピンク系の花
1308072.jpg

1308073.jpg

2013.08.07 撮影
1308074.jpg

1308075.jpg
              オレンジ系の花
1308076.jpg

1308077.jpg

2013.08.09 撮影 オレンジ系の花
1308078.jpg

1308079.jpg

1308080.jpg

1308081.jpg
              2つ目のピンク系の花
1308082.jpg

1308083.jpg

1308084.jpg

1308085.jpg

1308086.jpg

暑くなった8月のランタナ、成長が著しいです。
どんどん咲き進んで、花の中心まで、綺麗に咲き揃いました。
まだまだつぼみがたくさんです。
ゆっくり、楽しみたいと思います。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

デュランタ・タカラヅカ

今日は、デュランタ・タカラヅカ(クマツヅラ科)です。

この花は、2012年8月28日に、呉市で、購入したものです。
2012年9月5日のブログにも載せています。
今年の開花の様子です。

2013.07.23 撮影 枝の先端に、つぼみが見えます。
1308056.jpg

2013.07.29 撮影 花びらの色がわかります。
1308057.jpg

2013.07.30 撮影 1輪開花。
1308058.jpg

1308059.jpg

2013.08.06 撮影 
1308060.jpg

1308061.jpg

1308062.jpg

2013.08.07 撮影
1308063.jpg

1308064.jpg

2013.08.09 撮影
1308065.jpg

1308066.jpg

1308067.jpg

1308068.jpg
              鉢全体の様子です。
1308069.jpg

昨年の様子です。
2012.08.29 撮影
1308070.jpg

2012.09.01 撮影
1308071.jpg

このデュランタ、今年は、花も葉も、色が薄く感じます。
長い年月、咲いてほしいので、
amocsさまに、教えていただいたように、
液体の栄養剤、挿そうと思います。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ペチュニア その2

今日は、ペチュニア、ツクバネアサガオ(衝羽根朝顔) (ナス科)です。

この花は、2012年6月17日のブログにも、
大型の花5株の2012年4月2日から6月14日までの開花の様子を載せました。
今年は、7月11日のブログ「カンパニュラたち」に登場したペチュニアたちです。

2013.07.02 撮影 このいちご箱=100円を3つ購入しました。
1308038.jpg

この中の、ペチュニアだけを1鉢に植え付けて、様子をみました。

2013.07.08 撮影 1番に咲いた花です。
1308039.jpg
              2番目に咲いた花です。
1308040.jpg

2013.07.09 撮影 3番目の花たちです。
1308041.jpg

2013.07.18 撮影 1番目の花によく似た4番目の花です。
1308042.jpg
              3番目の花と同じようです。
1308043.jpg
              2番目と同じようです。
1308044.jpg

1308045.jpg

2013.07.25 撮影 3番目の花と1番目の花(絞りの変化があります。)
1308046.jpg

1308047.jpg

1308048.jpg
              白地の5番目の花です。
1308049.jpg
              6番目の花です。
1308050.jpg

2013.08.05 撮影 7番目の花です。
1308051.jpg

1308052.jpg

1308053.jpg
              2番目の花と同じです。              
1308054.jpg
              8番目の花です。
1308055.jpg

この10円にも満たない花苗「ペチュニア」
青色に変化はありませんが、
濃いピンク色のほうは1輪ずつ違う班模様が入って、楽しめます。
すご~く得した気分です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ホスタ その3

今日は、ホスタ、ギボウシ(リュウゼツラン科)(ユリ科)です。

この花は、2012年8月26日のブログに、お隣さんからもらって、
2012年7月27日から8月24日までの開花の様子を載せました。
今年は、少し早く開花しましたので、その様子です。

2013.07.18 撮影 全体の様子です。
1308018.jpg

1308019.jpg
              花茎の様子です。
1308020.jpg
              もう1本の花茎の様子です。
1308021.jpg

2013.07.23 撮影
1308022.jpg

1308023.jpg

2013.07.25 撮影
1308024.jpg

1308025.jpg

2013.07.27 撮影
1308026.jpg

1308027.jpg

2013.07.29 撮影 1本は開花しました。
1308028.jpg

1308029.jpg

1308030.jpg

1308031.jpg

1308032.jpg

2013.07.30 撮影
1308033.jpg

1308034.jpg

1308035.jpg

2013.08.04 撮影
1308036.jpg

2013.08.07 撮影
1308037.jpg

昨年より大株に成長しましたが、
花茎は昨年と同じ4本です。
来年は、もっと、たくさんの花茎が出てきてほしいので、
冬の寒さにしっかり当てようと思います。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ムクゲ その8

はじめに、
7月25日に、パソコンの電源が入らなくなって、修理に出していました。
メーカーで、ハードデスクに不具合があったということで、新しく交換してくれました。
8月6日夕方に戻ってきて、復元作業がやっと終了しました。
これからも、ブログ更新していこうと思いますので、よろしくお願いします。

今日は、ムクゲ、ハチス、キハチス(アオイ科)です。

この花は、7月16日に⑤パープルルージュ(紫八重)、
     7月20日に①耳原花笠(白半八重)、
           ④角倉花笠(赤半八重)を、載せました。
今日は、②赤一重と、③大徳寺花笠です。

⑤パープルルージュ(紫八重)と④角倉花笠(赤半八重)の様子です。
2013.07.22 撮影
1308001.jpg
⑤パープルルージュ
1308002.jpg
④角倉花笠
1308003.jpg

②赤一重が、開花していました。
2013.07.26 撮影
1308004.jpg

1308005.jpg

①耳原花笠(白半八重)も咲いています。
2013.07.27 撮影
1308006.jpg

③大徳寺花笠(薄紫半八重)もやっと咲きました。
2013.07.30 撮影
1308007.jpg
              薄暗いのでフラッシュを。
1308008.jpg

①耳原花笠
2013.08.01 撮影 フラッシュ有
1308009.jpg

つぼみの様子です。
2013.08.04 撮影 ②赤一重
1308010.jpg
              ③大徳寺花笠(薄紫半八重)
1308011.jpg

2013.08.05 撮影 ②赤一重
1308012.jpg 
              ③大徳寺花笠(薄紫半八重)
1308013.jpg 

2013.08.06 撮影 ③大徳寺花笠(薄紫半八重)
1308016.jpg

1308017.jpg

昨年の7月31日と8月4日に購入したムクゲたち、
今年も順調に成長して、花を咲かせてくれました。
鉢植えでも、少しずつ、大きく成長して、
来年も綺麗な花が咲くように、願っています。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 8年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle