ギンギアナム

今日は、ギンギアナム、キンギアヌム、キンギアナム (ラン科)です。

この花は、花の好きな知り合いの方が、春に高芽が出来たので、
取って、別の鉢へ植えつけて夏の休眠期に安定させてから、
2011年11月14日に我が家に持ってきてくれました。

2011.11.15 撮影 頂いた記念撮影です。
1205757.jpg

2011.11.16 撮影 
1205758.jpg

頂いて、すぐに、育て方を検索しました。
『ビッグフラワー花図鑑』によると、
「日当たりと風通しの良い戸外に置き、12月下旬までは、ずっと外に置くこと。
11月までは、水やりを徐々に減らし、11月末頃は週に1,2回の水やり。
12月1日から年末までは霜の当たらない戸外に置き、水を切る低温乾燥処理をする。
1月から2月中旬は寒い玄関に置き、水も10日に1,2回程度。
2月中旬から開花までは暖房していない室内の日の当たる窓辺に置き、水やりは3日に1度。
2月末か、3月初旬に淡いピンクの花に巡り合える。」と書かれていました。

洋蘭、非耐寒性多年草なので、冬は室内に取り込もうと思っていましたが、
年末まで、軒下に置いて、5度以下になってから、室内に。

3月初旬になっても咲かなかったので、戸外に置き、様子を見ました。

2012.03.21 撮影 やっと花芽が出来ました。
1205759.jpg

2012.04.05 撮影 花芽が伸びて、蕾が見えます。
1205761.jpg

2012.04.16 撮影 蕾らしくなりました。
1205763.jpg

1205764.jpg

4月17日からの旅行中、河口湖の『香木の舎・ハーブの館』の温室の花苗売り場で、
ピンクのギンギアナムと出逢えました。

2012.04.21 撮影
1205765.jpg

1205766.jpg

4月27日に「観桜の旅」から帰ると、我が家のギンギアナムも咲いていました。

2012.04.28 撮影 白ぽいギンギアナムです。
1205767.jpg

1205768.jpg

2012.05.01 撮影 花は2つ咲きました。
1205769.jpg

1205770.jpg

1205771.jpg

花色は、白、ピンク、黄色となっていましたので、我が家のは白でしょうか。

「低温乾燥処理」の間、1カ月、水やりをせずに、乾燥させるのは不安でしたが、
なんとか咲いてくれて良かったです。

5月31日、今日見たら、花茎が伸びなかった株から、高芽が出来ていました。

1205772.jpg

私も株分けに挑戦しないとです。
上手く殖やせるといいのですが・・・・・



スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

シラー・カンパニュラータ

今日は、シラー・カンパニュラータ、球根つりがね草、ブルーベル (ユリ科)です。
この花は、昨秋、青、白、桃の球根を12球植えました。

2012.01.22 撮影 植え付けから3カ月でここまで育ちました。
1205742.jpg

シラー・カンパニュラータは、耐寒性があるので、冬の雪にも負けずに、成長しました。

2012.03.16 撮影 12球すべて、発芽しています。
1205743.jpg

1205744.jpg

2012.04.12 撮影 花茎に蕾らしきものが見えます。
1205745.jpg

1205746.jpg

ここまで確認して、4月17日から27日の「観桜の旅」から戻ると、花が咲いていました。

2012.04.28 撮影 鉢全体。
1205747.jpg
               青のカンパニュラータ
1205748.jpg
               白のカンパニュラータ
1205749.jpg
               桃のカンパニュラータ
1205750.jpg

こんなに綺麗に咲きましたが、写真を撮らない間に、種が出来ていました。
開花の写真が少ないので、昨年の桃のカンパニュラータの写真を。

2011.05.01 撮影
1205751.jpg

1205752.jpg

2011.05.05 撮影
1205753.jpg

ブルーベルという別名があるくらいなので、青が優性でしょうが、
我が家では桃が、大きく成長しています。

今の種の状態です。
2012,05,31 撮影
1205754.jpg

1205756.jpg

1205755.jpg

カンパニュラータは、球根を植え放しにしておいてもよく、
3年ぐらいで、大株に育つようです。
昨年植えた桃のカンパニュラータ2球も順調に育っていますので、
来年はもっと大きく成長したシラー・カンパニュラータを見る事が出来ると思います。
そして、今年出来た種を9月頃植えると、3~4年で花を付ける球根に育つそうです。
球根から、そして種からたくさん育てたいシラー・カンパニュラータです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

オオデマリ

今日は、オオデマリ(大手毬)、テマリバナ、スノーボール、ビバーナム・プリカツム・プリカツム
(スイカズラ科)です。
このオオデマリは、2009年に、36年目の結婚記念樹として購入しました。

花が咲いた後、秋には葉が紅葉して、冬には落葉します。
春に先に葉が出て、手毬のような花房が出来、緑色の花から真っ白な花に変化します。

花芽から開花までの観察記録です。

2012.03.30 撮影 花芽が付きました。
1205720.jpg

1205721.jpg

2012.04.04 撮影
1205722.jpg

1205723.jpg

2012.04.08 撮影
1205724.jpg

1205725.jpg

2012.04.12 撮影
1205726.jpg

1205727.jpg

2012.04.15 撮影 緑色の花が咲き始めました。
1205728.jpg

4月17日から27日の「観桜の旅」の間に、緑色から白色の花に変化していました。
この間の状態を昨年の写真で紹介します。

2011.04.28 撮影
1205729.jpg

アジサイのように緑色の小花が開花しています。
そして、今年の同じ日には、昨年より少し早めに変化しています。

2012.04.28 撮影 真っ白な小花がぎっしりと咲いています。
1205730.jpg

1205731.jpg

2012.04.29 撮影
1205732.jpg

1205734.jpg

1205733.jpg

2012.04.30 撮影 全体の様子です。 7つの大手毬状の花房があります。 
1205735.jpg

1205736.jpg

1205737.jpg

1205738.jpg

2011.05.02 撮影 これは、昨年のオオデマリのアップです。
1205739.jpg

そしてこの下の写真が、記念樹をオオデマリにした理由の木です。
広島県庄原市の『国営備北丘陵公園』に咲いていました。
オオデマリは、コデマリ(バラ科)とは違って、2~3mぐらいになるようです。

2009.04.29 撮影
1205740.jpg

1205741.jpg

鉢植えなので、こんなに大きくならないと思いますが、
少しづつでも成長していってほしいです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

アネモネ その7

今日は、アネモネ (キンポウゲ科)です。
もう、みんな花は、萎れてしまいましたが、我が家の最後のアネモネの様子を。
「アネモネ その6」を書いたのは、4月9日でしたが、
その後、もう1色、薄紫の八重が咲きました。

2012.04.14 撮影 シングルの紫、薄紫と八重の白の鉢。
1205706.jpg
               八重の紫と白の鉢。
1205707.jpg
               この中に、蕾、発見。
1205708.jpg

1205709.jpg

1205710.jpg

2012.04.15 撮影 少し開き始めました。
1205711.jpg

1205712.jpg

2012.04.16 撮影 開花しました。
1205713.jpg

1205714.jpg

1205715.jpg
               この日の八重の白。
1205716.jpg

この時、まだこの色の蕾が2個ありましたので、咲いてくれたと思いますが、
4月17日から27日の「観桜の旅」から帰ると、咲いていたのは、

2012.04.28 撮影 たぶん、開き切った薄紫の八重。
1205717.jpg

旅行の間花がら摘みをしなかったので、最後はこんなふうに。

2012.05.08 撮影
1205718.jpg

1205719.jpg

アネモネは秋植え球根ですが、これは種でしょうか?
不思議ですね。
そーと、切り取って、鉢の土の上に置いておきました。



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

桜 その3

今日は、桜 (バラ科)です。

孫の名前を付けた○○桜、今年挿し木から5年目の桜です。
開花までの様子は、2012年2月6日と3月14日に載せました。

2012.03.14 撮影 開花の様子。
1205691.jpg

1205692.jpg
               全体の様子。
1205693.jpg

2012.03.26 撮影 花びらが散りました。
1205694.jpg

1205695.jpg

2012,04.10 撮影
1205696.jpg

1205697.jpg

ここまでは、昨年までと同じでしたが、今まではこの状態で、落果していました。

2012.04.14 撮影 今年は実が成長しました。
1205698.jpg

1205699.jpg

4月17日から27日までの「観桜の旅」から帰ると、実が色づいていました。

2012.05.04 撮影 赤い実
1205700.jpg
               早速採って孫の手のひらに、そして口の中に。
1205701.jpg

孫の感想は、「おいしい!」
孫の家では、サクランボを育てていて、同じように実がなったそうです。

2012.05.08 撮影
1205702.jpg

1205703.jpg

1205704.jpg

2012.05.09 撮影
1205705.jpg

立派なサクランボが実りました。
真っ赤になったのを3個、孫が食べましたが、
その後は、小鳥が食べたようです。

早咲きの桜と思いこんでいましたが、
5年目にしてサクランボ(桜桃)が出来ました。
ほんとうにサクランボでしょうか。
来年も実が出来るでしょうか。
検索すると、セイヨウミザクラ(甘果桜桃)・・・異なる品種で受粉が必要
      スミノミザクラ(酸果桜桃)・・・・単品で結実
とありました。
この木は1本で、結実したので、スミノミザクラ(酸果桜桃)でしょう。
酸味が強いはずですが、孫はおいしそうに食べていました。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

マーガレット モリンバ その2

今日は、マーガレット モリンバ (キク科)です。

このマーガレットは、2011年12月4日に見切り品を購入したもので、
2012年1月4日にブログに書きました。

2011.12.04 撮影 購入時の様子です。
1205675.jpg

1205676.jpg

実際、購入時の花色は様々で、白色から濃い桃色まで咲いていました。

この花達が咲き終わり、雪にも耐えて、春になって再び咲き始めると、
花色が変化するということでしたが、濃い桃色でした。

2012.03.29 撮影 蕾を見つけました。
1205677.jpg

2012.03.30 撮影 少し変形に咲いているのも。
1205678.jpg

2012.04.02 撮影 開き始めです。
1205679.jpg

1205680.jpg

2012.04.04 撮影 開花しました。
1205681.jpg
               変形の花も。
1205682.jpg

2012.04.05 撮影 光の当たり方で、違って見えます。
1205683.jpg

春先は、花が1輪咲いても、嬉しくて、成長を追っていましたが、
4月17日から27日の旅から帰ると、満開の様に咲き誇っていました。

2012.04.28 撮影
1205684.jpg

1205685.jpg

1205686.jpg

1205687.jpg

ほとんど、濃い桃色ですが、5日ぐらい経つと、花色が変化しています。

2012.05.02 撮影
1205688.jpg

1205689.jpg

1205690.jpg

購入時ほど白色にはなりませんでしたが、桃色が薄くなって萎みました。

今日は、ほとんどの花がらを摘み取りました。
今度はいつ頃咲くか、楽しみです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

オダマキ その6

今日は、オダマキ、セイヨウオダマキ(西洋苧環)、アクイレギア (キンポウゲ科)です。

毎日、オダマキが続きますが、今日は、新入りの紹介を。
4月の10泊11日の旅の最終日、4月27日に、
鳥取県北栄町の「道の駅 大栄」の「お台場いちば」で、購入しました。
真っ赤、黄色、空色の3色です。

2012.04.29 撮影
1205654.jpg

1205655.jpg

1205656.jpg

1205657.jpg

1205658.jpg

1205659.jpg

2012.05.04 撮影
1205660.jpg

1205661.jpg

2012.05.05 撮影
1205662.jpg

1205663.jpg

1205664.jpg

2012.05.09 撮影
1205665.jpg

1205666.jpg

1205667.jpg

1205668.jpg

1205669.jpg

1205670.jpg

2012.05.20 撮影
1205671.jpg

1205674.jpg

1205672.jpg

1205673.jpg

まだ、次から次へと咲きそうです。
これも種を採取して、命を繋げていこうと思います。

さて、また明日から、「北海道 いいとこどり4日間」のツアーに参加しますので、
5月22日から25日まで、ブログを休ませていただきます。
よろしくお願いします。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

オダマキ(八重) その2

今日は、オダマキ、セイヨウオダマキ(西洋苧環)、アクイレギア (キンポウゲ科)です。

昨日も赤の八重のオダマキを載せましたが、
2010年から、毎年咲いている青の八重のオダマキの様子を。

2010.05.05 撮影 購入時のオダマキ(八重)です。
1205653.jpg

この年の夏、赤と白は枯れてしまいました。
2011年の様子は、2011.11.12の記事に載せました。
今年の開花の様子です。

2012.04.29 撮影 1本の花茎の中に、蕾、開き始め、満開と色々あります。
1205640.jpg

1205641.jpg

1205642.jpg

2012.05.05 撮影
1205644.jpg

1205643.jpg
               もう実になっているのがあります。
1205645.jpg

1205646.jpg

2012.05.08 撮影
1205647.jpg

1205648.jpg

1205649.jpg
               この鞘の中に黒い種があります。
1205650.jpg

2012.05.19 撮影
1205651.jpg

2012.05.20 撮影
1205652.jpg

5月19・20日は、かなり花びらが散って、
散ったばかりの実、大きく鞘が出来ているものと色々です。
もう少し熟して、鞘が開き始めた時に種を採取したいと思います。
2年後には、また、青と赤の八重のオダマキと再会できることを願って、
種蒔きをしたいと思いますが、発芽率、成長率も悪いので、少し心配です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

オダマキ その5

今日は、オダマキ、セイヨウオダマキ(西洋苧環)、アクイレギア (キンポウゲ科)です。

先日は、種から育てた青のオダマキの様子を書きましたが、
今日も種から育てた他の色のオダマキの様子を。

2011.11.11 撮影 青ではないと思われる苗7株を鉢植えに。
1205622.jpg

2012.04.14 撮影 蕾を付けました。
1205623.jpg

1205624.jpg

2012.04.16 撮影 赤くなってきました。
1205625.jpg
               こちらは、桃色かな。
1205626.jpg

4月17日から27日までの旅行中に、娘からオダマキが咲いているよと、
写真付きのメールが来ました。
楽しみにして帰宅すると、

2012.04.28 撮影 2鉢のどちらにも薄桃が3株咲いていました。
1205627.jpg

1205628.jpg

1205629.jpg

2012.04.29 撮影
1205630.jpg

1205631.jpg
               赤のオダマキも1株咲きました。
1205632.jpg

2012.04.30 撮影 前日とは違う色に見える赤のオダマキ。
1205633.jpg

1205634.jpg

1205635.jpg

1205636.jpg

2012.05.01 撮影 赤のオダマキ
1205637.jpg

結局、7株は、薄桃3株、赤1株、青1株、青の八重2株でした。
青の八重1株は、お隣さんへお嫁に行きました。
そこに、青の中に混じっていた、赤の八重を植え替えました。

赤の八重のオダマキ
1205638.jpg

2012.05.08 赤の八重のオダマキ
1205639.jpg

じつは、同じ2010年5月に、八重のオダマキ、青・赤・白の3株も購入しましたが、
青だけが昨年、今年と生き延びて、花を咲かせています。
赤の八重のオダマキにまた、巡り合えて、嬉しかったです。

これで、今年も種を採取して、
薄桃、赤、赤の八重のオダマキの命を繋ぐことが出来ます。
82歳の男性先輩先生のご指導を受けて、
花を楽しむことが出来るようになったことに、感謝です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

オダマキ その3

今日は、オダマキ、セイヨウオダマキ(西洋苧環)、アクイレギア (キンポウゲ科)です。

4月17日から4月27日まで、「富士山・観桜の旅 10泊11日」をして戻ると、
オダマキが、みんな咲いていました。
旅に出る前に、軒下やブロック塀の所から、
玄関前のアプローチに移動していたので、日当たりは、良いようでした。

2012.04.28 撮影 丸い鉢。
1205601.jpg

1205602.jpg

1205603.jpg

1205604.jpg

2012.04.29 撮影 丸い鉢。
1205605.jpg

1205606.jpg

1205607.jpg

1205608.jpg

2012.04.30 撮影 蜂が来ていました。
1205609.jpg

2012.05.01 撮影 プランター1
1205614.jpg

               この中に、紫色が1株。
1205610.jpg
               こちらが青色。
1205611.jpg

               プランター2
1205613.jpg

               プランター3
1205615.jpg

1205612.jpg

               丸い鉢。隅の方に赤の八重が1株咲いていました。
1205616.jpg

2010年9月に種を蒔いて、2年目で、こんなに成長しました。
大好きなオダマキの青がたくさん咲いてくれて嬉しいです。

今年も種を蒔いて殖やしたいので、花柄摘みはしていません。
今日、18日には、ほとんどが咲き切って、実を結ぼうとしています。
はじけそうになるまで、もう少し、待ちます。
また、後日、種の様子を載せるつもりです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

オダマキ その2

今日は、オダマキ、セイヨウオダマキ(西洋苧環)、アクイレギア (キンポウゲ科)です。

2011年11月10日に私の好きな花として、オダマキを載せましたが、
2010年9月に種をまいたオダマキの内、青色のオダマキの様子を。

2011.11.07 撮影 黒ポットから鉢に植え替えました。
1205617.jpg

1205618.jpg
上手く1年間成長した36株です。

2012.03.16 撮影 寒い冬を乗り切りました。
1205619.jpg

1205620.jpg

1205621.jpg

2012.04.04 撮影 花茎が伸びてきました。
1205587.jpg

2012.04.09 撮影 花茎に蕾が見えます。
1205588.jpg

2012.04.10 撮影 9株のうち2株のみ蕾がわかります。
1205591.jpg

1205589.jpg

1205590.jpg

2012.04.11 撮影 蕾が膨らんできました。
1205592.jpg

1205593.jpg

2012.04.12 撮影 こちらのプランターの方にも花茎が見えました。
1205594.jpg

1205595.jpg

1205596.jpg

2012.04.16 撮影 昼前 蕾にうっすらと色が付いています。
1205597.jpg

1205598.jpg
               午後
1205599.jpg

1205600.jpg

「富士山・観桜の旅、10泊11日」の記事も最終日が残っていますが、
どうしても好きなオダマキの花を載せたかったので。

4月17日出発までは、こういう状態でしたが、
旅から帰るとほとんどのオダマキが咲いていました。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

兵庫 湯村温泉

⑩4月26日
城崎温泉から山陰海岸へ出ると、八重桜の木のあるPAで、休憩

1205572.jpg

1205573.jpg

こちらの木は、海からの風を受けて傾いています。
1205574.jpg

地面に花びら:「花むしろ」
1205575.jpg

海岸線 左手
1205576.jpg

海岸線 右手
1205577.jpg

余部橋梁が見えてきましたが、
鉄骨製からコンクリート製へ変わっていました。
1205578.jpg

それでも鉄の橋脚が残っています。
1205579.jpg

後ろ側からよく見えました。ここで列車が走るといいのですが・・・
1205580.jpg

湯村温泉の手前で見つけた、紅白の桜・・・車窓から撮影
1205581.jpg

1205582.jpg

湯村温泉の宿は、「佳泉郷 井づつや」8つの温泉の内湯あります。
お風呂に入る前に、温泉街を散策。

「荒湯」湯村温泉の源泉です。
1205583.jpg

緑の山の間を流れる清流 春来川沿いの温泉街 右手高台が「井づつや」
1205584.jpg

1205586.jpg

吉永小百合の「夢千代日記」の舞台になった湯村温泉
1205585.jpg
記念像がありました。

「観桜の旅 10泊11日」の最後の宿まで、書いて、
あとは、11日目 「ジオパーク山陰海岸」「鳥取砂丘砂の美術館」「とっとり花回廊」ですが、
また、明日から、2泊3日のツアー「春の立山黒部アルペンルートと雪の大谷
                 白川郷・国宝瑞龍寺・上高地・高山」
に参加しますので、5月15日から17日までブログを休ませていただきます。
よろしくお願いします。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

兵庫 城崎温泉

⑩4月26日
山陰海岸から少し内側に入って、兵庫県豊岡市城崎温泉に立ち寄りました。

志賀直哉の小説「城の崎にて」で有名な温泉です。
城崎温泉は、平安時代から知られている温泉で、1300年の歴史があるそうです。

外湯の「七湯めぐり」もあるのですが、駐車場が見つからず、
車窓のみになるかもということで、助手席から、城崎温泉街を。
1205552.jpg

1205553.jpg

1205554.jpg

1205555.jpg

1205556.jpg

ここまでぐるぐる廻ったところで、城崎温泉駅を見つけ、駐車場も確保。
城崎温泉駅前から、7つの外湯につながる大谿川沿いの温泉街まで散策。

「さとの湯」
1205557.jpg

街並み
1205558.jpg

1205559.jpg

おもてなしの花

キエビネでしょうか。
1205560.jpg

1205561.jpg
チューリップ
1205562.jpg
ゼラニウムの1種でしょう。
1205563.jpg

冬は、カニで有名な所なので、こんな看板も。
1205564.jpg

ここには、人力車も。
1205565.jpg

「地蔵湯」
1205567.jpg

大谿川沿いの温泉街
1205568.jpg

1205569.jpg

ゆっくり、浴衣をきて、外湯「七湯めぐり」をすると、良い所のようですが、
私達は、最後の宿泊先、湯村温泉へ向かいました。

行く途中の道で出逢った八重桜
1205570.jpg

1205571.jpg
まだまだ綺麗な八重桜、車を止めてもらって、撮影しました。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

京都 伊根湾舟屋群

⑩4月26日
京都府与謝郡伊根町の伊根漁港の家の間の道を通って、
少し小高い所にある「道の駅 舟屋の里公園」に。
ここから「伊根湾舟屋群」の撮影を。

1205537.jpg

1205538.jpg

1205539.jpg

1205540.jpg

1205541.jpg

1205542.jpg

伊根湾をグルッと取り囲んでいる舟屋は、その数、約230軒。

少しずつずらして撮りましたが、見えにくいので、拡大したものを。

1205546.jpg

1205543.jpg

1205544.jpg

1205545.jpg

こんなものも。
1205547.jpg

モミジ
1205548.jpg
モミジの花
1205549.jpg

ここから、丹後半島を廻って、日本海を見ながら進むと、綺麗な海の景色のひとつ、
「屏風岩」
1205550.jpg

1205551.jpg

この後、城崎温泉を通って、この日の宿泊先、湯村温泉へ。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

京都 天橋立

⑩4月26日
朝、宿泊していた宮津ロイヤルホテルのエントランスにアジサイが飾られていました。
もうアジサイと思わず叫んで、本物かどうか触ってみました。
本物のアジサイでした。
1205519.jpg

1205520.jpg

「天橋立」を見に行きましたが、あいにくの霧雨で、ぼんやりしています。
1205521.jpg

1205522.jpg

1205523.jpg

ここに立っていた石標
1205524.jpg

1205525.jpg

そういえば、新婚旅行で来た38年前も雨でした。
リフトやモノレールに乗って展望台に行っても無駄なようなので、
車でぐるーと廻って、「天橋立」の対岸へ。

ここの看板
1205526.jpg

1205527.jpg

ここからの「天橋立」
1205528.jpg

こちらの海は、阿蘇海
1205529.jpg

「天橋立」の松林 1本目
1205530.jpg

「天橋立」の松林 2本目
1205531.jpg

こちらの海は、宮津湾
1205532.jpg

砂浜にダイコンの花
1205533.jpg

これは?
1205534.jpg

1205536.jpg
何かわかりません。

次は、丹後半島を進んで、「伊根湾舟屋群」見物に。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

福井 一乗谷朝倉氏遺跡

⑨4月25日
福井県大野市から福井市の一乗谷朝倉氏遺跡に。

駐車場奥にしだれ桜
1205490.jpg

桜越しに復原町並みを
1205491.jpg

1205512.jpg

一乗谷朝倉氏遺跡の看板
1205500.jpg

平面復原地区
1205492.jpg

商人・職人の家並
1205493.jpg

1205494.jpg

1205495.jpg

武家屋敷内部
1205496.jpg

1205497.jpg

1205498.jpg

1205499.jpg

武家屋敷
1205501.jpg

朝倉義景屋敷の唐門
1205502.jpg

1205503.jpg

ウスズミサクラ(エドヒガン)(ウバヒガン)・・・樹齢百数十年
1205504.jpg

1205505.jpg
中で、発掘作業が行われています。

ドウダンツツジ
1205506.jpg

もう一度復原町並みを。
1205507.jpg

この溝にかけてある石は、発掘されたものだそうです。
1205508.jpg

1205509.jpg

1205510.jpg

駐車場奥の桜
1205511.jpg

駐車場前の桜
1205513.jpg

この後、福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館を見学し、
「柴田氏庭園」に寄って、天橋立宮津へ。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

福井 越前大野城

⑨4月25日
福井市坂井市丸岡城から大野市の越前大野城に。

亀山公園の南登り口の駐車場に車を止めて、案内板を見ると、
「亀山公園の敷地は11.4ヘクタール、
越前大野城は標高249メートルに建てられている。
山道を歩いて15分。」

ですが、山道はきちんと整備されていましたが、登りは30分かかりました。
階段の近道を利用したら15分で行けるのかな?

山道を登っていると、ヤマブキが咲いていました。
1205456.jpg

1205457.jpg
山吹色、黄色に元気をもらいながら歩きました。

桜の木も。
1205458.jpg

1205459.jpg

1205460.jpg

1205470.jpg

遠くに白い山々
1205471.jpg

越前大野城です。亀山の山頂を平坦にして本丸が造られています。
1205472.jpg

1205473.jpg

階段を登ると大きな桜の木が。枝が内側に傾いています。
1205474.jpg

天守から桜の木を。
1205475.jpg

小天守
1205476.jpg

池の鯉と桜の花びら
1205477.jpg

天守、小天守と桜
1205478.jpg

しだれ桜
1205479.jpg

天守と桜
1205480.jpg

1205481.jpg

白い桜
1205482.jpg

1205483.jpg

天守と桜
1205484.jpg

1205485.jpg

1205486.jpg

桜並木
1205487.jpg

もう一度、正面から。
1205488.jpg

帰りの坂道も山吹の花と桜を見ながら、降りました。
1205489.jpg

次は、一乗谷です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

福井 丸岡城

⑨4月25日
福井県加賀市山代温泉を出発して、
暫く行った所に、綺麗なしだれ桜があったので、車を止めて、撮影。
1205453.jpg

1205454.jpg

1205455.jpg

丸岡城に来ました。
丸岡城は1576年に柴田勝家の甥の勝豊が築いた城です。

1205441.jpg

1205442.jpg

パンフレットによると、
「丸岡城は現存する天守閣の中で最も古い建築で、
外観は上層望楼を形成して通し柱がなく、一層はニ階三階を支える支台をなし、
屋根はニ重で内部は三階となっている。
又、屋根が全部石瓦で葺かれているのが全国にも稀な特徴である。
昭和23年の福井大震災により倒壊し、昭和30年に修復再建された。」
とありました。

1205443.jpg

1205444.jpg

1205445.jpg

石製しゃち
1205446.jpg

天守閣
1205447.jpg

内部
1205448.jpg

もう一度、天守閣
1205449.jpg

丸岡城の八重桜・・・この八重桜は薄い色です。
1205450.jpg

1205451.jpg

1205452.jpg

次は、越前大野城です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

滋賀 長浜城

⑧4月24日
関ヶ原古戦場から長浜ICに入って、福井県加賀市の山代温泉に行く予定でしたが、
長浜まで来たのだからということで、長浜城を見学することに。
長浜城は、2005年11月にも来ていますので、外からお城の写真を撮るだけにしました。
あいにく、近くの駐車場が満車で、琵琶湖のほとりに車を止めて、
一人づつ、撮影ということに。

私が撮った長浜城
1205429.jpg

1205430.jpg

1205431.jpg

主人が撮った長浜城
1205432.jpg

1205433.jpg

1205434.jpg

1205435.jpg

交代制だったので、急いで撮りましたが・・・

私は、琵琶湖湖畔の桜も。
1205436.jpg

1205437.jpg

1205438.jpg

ここから北陸自動車道を通って、福井県加賀市の山代温泉へ。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

岐阜 関ヶ原古戦場

⑧4月24日
大垣市から関ヶ原町の関ヶ原古戦場に来ました。
そう、1600年、天下分け目の関ヶ原の戦いの場所です。
最初に、ナビが案内したのは、笹尾山の麓の「石田三成陣跡」でした。

駐車場の看板
1205412.jpg

1205413.jpg

島左近陣地ののぼりと看板と私。(これは主人が撮りました。)
1205414.jpg
こんな原っぱです。

すぐそばの決戦地
1205415.jpg

スズランスイセン
1205416.jpg

車で、365号線を渡って、民家の間を抜けて7分

開戦地
1205417.jpg

ここは、公園になっていて、八重桜並木がありました。
1205418.jpg
この八重桜・・・我が家の記念樹と似ています。
1205419.jpg

1205420.jpg

1205421.jpg

1205422.jpg

1205423.jpg
振り返って。
1205424.jpg

レンギョウ
1205425.jpg

1205426.jpg

小西行長陣跡
1205427.jpg

桜並木を戻って、少し歩くと。
「関ヶ原400年記念平和の社」がありました。
1205428.jpg

こんなに狭い範囲で、関ヶ原の戦いは行われたのだと思いました。
次は、予定表になかった長浜城です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

岐阜 大垣城

⑧4月24日
大垣城に着きました。

大垣市の中心部に大垣公園があって、その中に天守閣があるのですが、
見えていても行く道順がわからず、周りを何度も廻って、駐車場を探し、
タクシーの運転手さんに教えてもらって、官庁街の駐車場に車を止める事が出来ました。

大垣城は、今から460年程前に築城されましたが、昭和20年7月戦災で焼失し、
昭和34年に現在の天守閣が建てられました。

1205387.jpg

1205388.jpg

1205389.jpg

1205390.jpg

天守入口
1205391.jpg

4階展望室 太鼓
1205392.jpg

天守
1205393.jpg

お城前の広場のサクラ達

イトサクラ・・・枝が長くしだれ、花は2.5㎝、淡紅白色で散形状に2~3個咲く。
        花弁は5枚で平開し、満開時には白色になる。
1205394.jpg

1205395.jpg

1205396.jpg

ウコンサクラ(鬱金桜)・・・花は4㎝、淡黄緑色で、やや垂れ下がって咲く。
              別名;黄桜、浅葱桜。
1205397.jpg

1205398.jpg

1205399.jpg

1205400.jpg

ギョイコウサクラ(御衣黄桜)・・・花弁は10~15枚で八重咲き、肉厚で外側に反り変える。
                 色は白色から淡緑色。 中心部に紅色の条線があり、
                 次第に中心部から赤みを増してきて紅変。
                 散るときには、かなり赤くなる。
1205401.jpg

1205402.jpg

1205403.jpg

1205404.jpg

八重桜
1205405.jpg

1205406.jpg

スルガダイニオイサクラ(駿河台匂桜)・・・花は4㎝で、淡紅白色、芳香がある。
1205407.jpg

それぞれの桜には名前と説明文が書いてありました。

駐車場付近の街路樹
ハナミズキ
1205408.jpg

1205409.jpg

1205410.jpg

1205411.jpg

ここから関ヶ原古戦場に向かいます。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

岐阜 墨俣一夜城

⑧4月24日
大垣城に行く前に、大垣市の「墨俣一夜城」を外からのみ見学しました。

木下藤吉郎秀吉が、一夜で建てたとされる墨俣一夜城ですが、
その城跡に当時の砦ではなく、大垣城をモデルに歴史資料館として、
大垣市が平成3年4月に建てたものです。

1205382.jpg

1205383.jpg

1205384.jpg

1205385.jpg

1205386.jpg

立派な歴史資料館です。
ここの桜は、葉桜でした。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

岐阜 岐阜城

⑧4月24日
長良川温泉で身体を休めて、朝1番に、岐阜城を見学しました。

「カンザン」 岐阜公園駐車場にて。
1205360.jpg

ハナズオウ 岐阜公園内
1205361.jpg

1205362.jpg

八重桜 金華山ロープウェー乗り場にて。
1205363.jpg

1205364.jpg

チューリップ
1205365.jpg

1205366.jpg

金華山ロープウェー山頂駅から坂道を歩いて、15分、
二の丸門を抜けると岐阜城が見えてきました。

1205367.jpg

岐阜城は、戦国時代は、斎藤道三の居城でしたが、
1567年8月に織田信長がこの城を攻略して、この地方一帯を平定し、
天下統一の本拠地とした城です。

1205368.jpg

櫓・・・昔の武器庫、食糧庫を隅櫓城郭造りに昭和50年4月に復元して、
    岐阜城資料館になっています。
1205369.jpg

天守閣
1205371.jpg

1205372.jpg

ここで内部を見学して、外へ出てもう一度、
天守閣
1205373.jpg

1205374.jpg
どうしても木がかかるので、岩に登って、天守閣を。
1205375.jpg
天守閣を資料館から。
1205370.jpg

ロープウェーから見えた三重塔
1205376.jpg

岐阜公園で、見かけた花木

若葉のモミジ
1205377.jpg

赤いモミジ
1205378.jpg

白い藤
1205379.jpg

1205380.jpg

1205381.jpg

ここから大垣城に移動しました。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

岐阜 馬籠宿(まごめしゅく)

⑦4月23日
長野県南木曽町妻籠宿から中山道を通って、岐阜県中津川市馬籠宿に来ました。

下の入り口から、ずーと登り坂。
1205344.jpg

水車小屋
1205345.jpg

清水屋資料館
1205346.jpg

馬籠宿の街並み 下から
1205347.jpg

馬籠宿の街並み 上から
1205348.jpg

ヒマラヤユキノシタ
1205349.jpg

八重桜とユキヤナギ
1205350.jpg

藤村記念館
1205351.jpg
馬籠宿本陣跡にある記念館。
この記念館は、江戸時代藤村の生家で、馬籠本陣・島崎家が建っていたゆかりの場所です。

最後の観光地、馬籠宿は、坂道で疲れました。

ここから中津川ICまで行く途中、桃の木があったので。
1205352.jpg

1205353.jpg

1205354.jpg

1205355.jpg

車窓から段々畑を。
1205356.jpg

中津川ICから中央自動車道、土岐Jctで、東海環状自動車道へ。

美濃加茂SAで、
イロハモミジの花
1205357.jpg

1205358.jpg

4月24日に岐阜城を見学するために、長良川温泉岐阜グランドホテルに宿泊しました。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

長野 妻籠宿(つまごしゅく)

⑦4月23日
長野県伊那市高遠から木曽山脈を抜けて、木曽川沿いの道を通って、
中山道、南木曽町の妻籠宿(つまごしゅく)に来ました。

パンフレットには、
「歴史の面影を残す宿場町
江戸と京を結ぶ中山道は、山深い木曽路を通ることから木曽街道とも呼ばれていました。
中山道六十九次のうち江戸から数えて四十二番目となる妻籠宿は、
中山道と伊那街道が交差する交通の要衝として古くから賑わいをみせていました。」
と書かれていました。

駐車場から「尾又橋」を渡って。(写真右側が妻籠宿です。)
1205317.jpg

橋の手前の桜。
1205318.jpg

蘭川
1205319.jpg

通りのラッパスイセン
1205320.jpg

みつばつつじ
1205321.jpg

お寺への石畳
1205322.jpg

宿場町の家の花
1205323.jpg

1205324.jpg

ラッパスイセン
1205325.jpg

上嵯峨屋
1205326.jpg

1205327.jpg
昭和44年の解体復元よって18世紀中期の木賃宿(きちんやど)であることがわかったそうです。

こんなお店も
1205328.jpg

下嵯峨屋
1205338.jpg
当初、長屋であったものです。妻籠宿における庶民の住居を代表する形式をとどめています。

1205330.jpg

松代屋(旅館)
1205329.jpg

脇本陣奥谷(わきほんじんおくや)
1205332.jpg
代々脇本陣・問屋をつとめたいえで、現在の建物は明治12年に建て替えたもの。
1205333.jpg

1205331.jpg

観光案内所と桜
1205335.jpg

宿場町の家の花
1205336.jpg

1205334.jpg

1205341.jpg

妻籠宿の街並み
1205339.jpg

ラッパスイセン
1205342.jpg

駐車場前の桜
1205343.jpg

江戸時代の宿場町妻籠宿を散策して、次の宿場町馬籠宿に中山道を進みます。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

長野 高遠桜 その2

⑦4月23日
『高遠桜』の続きです。
どこを見ても、桜です。

1205292.jpg

1205293.jpg

1205294.jpg

1205295.jpg

1205296.jpg

1205297.jpg

1205298.jpg

1205299.jpg

1205300.jpg

1205301.jpg

1205302.jpg

1205303.jpg

1205304.jpg

1205305.jpg

1205306.jpg

1205307.jpg

1205308.jpg

1205309.jpg

1205310.jpg

1205311.jpg

1205312.jpg

1205313.jpg

1205314.jpg

1205315.jpg

1205316.jpg

あまりの桜の素晴らしさに、なかなか出て行けませんでした。

本当に「日本の春そして桜」を堪能しました。
『高遠桜』、初めて見ましたが、最高でした。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

長野 高遠桜 その1

⑦4月23日

諏訪湖湖畔の宿を出発して、伊那市高遠城址公園へ。
日本三大桜名所のひとつ、『高遠桜』を。
高遠に着いた時には、雨も小雨になり、運よく、北ゲート前の駐車場に。
『高遠桜』は満開でした。
桜、さくら、サクラの様子を。

1205267.jpg

1205268.jpg

1205269.jpg

1205270.jpg

1205271.jpg

1205272.jpg

1205273.jpg

1205274.jpg

1205275.jpg

1205276.jpg

1205277.jpg

1205278.jpg

1205279.jpg

1205280.jpg

1205281.jpg

1205282.jpg

1205283.jpg

1205284.jpg

1205285.jpg

1205286.jpg

1205287.jpg

1205288.jpg

1205289.jpg

1205290.jpg

高遠城址公園の桜は、タカトオコヒガンザクラです。
このタカトオコヒガンザクラは、明治8年頃から植え始め、
樹齢130年を超える老木を含め、現在では約1500本の樹林となっています。
タカトオコヒガンザクラ、少し小ぶりで赤みを帯びているのが可愛いです。

満開の桜に魅せられて、たくさん写真を撮りましたので、その2に続きます。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

甲府 甲斐善光寺・武田神社・甲府城跡

⑥4月22日
河口湖から西湖、本栖湖、精進湖を見て、甲府市に来ました。
途中、桃の花がたくさん咲いていましたが、
車窓からなので、上手く写真が撮れませんでした。

甲府市の街路樹
ハナミズキ白
1205253.jpg
ハナミズキ赤
1205254.jpg

JR甲府駅前の武田信玄像
1205255.jpg

『甲斐善光寺』 金堂
1205256.jpg

1205257.jpg

この金堂を拝観しました。
金堂中陣天井には、巨大な龍がニ頭描かれていて、
廊下の部分のみ、吊り天井になっているので、
手を叩くと多重反響現象による共鳴が起こり、"鳴き龍”を経験しました。
金堂下には、"心"の字をかたどる、
珍しい"お戒壇巡り”もあり、真っ暗な通路を歩いて、
鍵を触れる事に寄って、御本尊様と御縁を結ぶことが出来ます。
これは長野の善光寺でも経験しました。

そして、『武田神社』へ。

1205259.jpg

1205260.jpg
参道
1205261.jpg
「風林火山」の旗
1205258.jpg
拝殿
1205262.jpg
武田神社は武田信玄公を御祭神としてお祀しています。
1205263.jpg
甲陽武能殿
1205264.jpg

午後4時30分すぎになったので、甲府城跡、舞鶴城公園は、
稲荷櫓の撮影のみで。
1205265.jpg

1205266.jpg

甲府駅で、息子夫婦と別れて、中央自動車道で、この日の宿泊先諏訪湖湖畔に。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

山梨県 富士河口湖町

⑤4月21日
「忍野八海」を見学して、山中湖を廻って、また河口湖に戻ってきました。

‘河口湖ハーブ館’で、ハーブの香りに癒されながら、
ガーデンハウスの花達を楽しみました。

ギンギアナム=昨秋苗をいただいて、旅行に出る時花芽を見つけていたので、写真を。
1205228.jpg

外に出ると、富士山が雲の切れ間から
13時32分 撮影
1205229.jpg

1205230.jpg

まだ見えるかもしれないと、急いで、
「天上山公園 かちかち山ロープウェイ」に乗って、山頂へ

14時06分から14時40分 撮影
1205231.jpg

1205232.jpg

1205233.jpg

ほんのうっすらの富士山ですが、見れて幸せでした。

ロープウェイを降りると桜が。
登りの時は、富士山の事ばかり考えていて気が付きませんでした。

1205234.jpg

1205235.jpg

‘河口湖自然生活館’に移動して。
ここのガーデンハウスの中では、ブーゲンビレアが、満開でした。
1205236.jpg

1205237.jpg

1205238.jpg

外には、芝桜
1205239.jpg

この日の観光は、これで終了して、ホテルに入りました。

⑥4月22日

朝、ホテルの部屋のベランダから、富士山が見れました。
午前8時36分 撮影
1205240.jpg

1205241.jpg

ボロニア=ホテルの玄関で。我が家のは、まだは小さな蕾でしたが、満開です。
1205243.jpg

"富士河口湖 さくら祭り”が4月22日までということなので、メイン会場に。

駐車場横の木 6本で、1本の木のようです。
1205244.jpg

メインの桜はまだ蕾です。
1205245.jpg

1205246.jpg
咲いている桜を見つけました。
1205247.jpg

メイン会場で、購入した花木。(写真は自宅に帰ってから撮りました。)

モミジ=500円
1205251.jpg

フランネルフラワー=300円
1205252.jpg

これで富士山とお別れです。
また挑戦するか、これで満足するか、二人で考えています。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

山梨県 忍野八海

⑤4月21日

河口湖湖畔のホテルからの景色 
1205211.jpg

午前9時ですが、霧雨で、対岸も綺麗に見えない状態でしたので、
山梨県忍野村の『忍野八海(おしのはっかい)』に行きました。
晴れていたら、ここからも富士山が見えるようです。

忍野村のホームページによると、
「忍野村は昔、「宇津湖」という湖だったそうですが、
800~802年に富士山が大噴火し、
その時流れた溶岩流によって、湖は山中湖と忍野湖に分かれました。
忍野湖は富士五湖と関連する1つでしたが、
川の浸食や掘削排水のため枯れてしまいました。
忍野八海は、その時残った富士山の伏流水の湧出口の池です。
富士山に降り積もる雪解け水が、地下の不透水層という溶岩の間で、
約80年の歳月をかけてろ過された澄みきった水。」
と書かれていました。

「湧池」
1205212.jpg

1205213.jpg

1205214.jpg

「水車」
1205215.jpg

1205216.jpg

1205217.jpg

1205218.jpg
実際に粉を引いていました。

隣のお土産屋、人口の池がありました。
1205219.jpg

1205248.jpg
ラッパスイセン
1205220.jpg

1205221.jpg
池に鯉
1205222.jpg

1205223.jpg

「湧池」周辺を見て歩くことに。

「鏡池」
1205249.jpg

以前の村長さんの御屋敷
1205224.jpg

1205225.jpg

「菖蒲池」
1205250.jpg

新しく建てられた家ですが大邸宅です。
1205226.jpg

古い家の佇まい
1205227.jpg

『忍野八海』は、
「湧池」「濁池」「鏡池」「菖蒲池」「銚子池」「底抜池」「御釜池」「出口池」です。
すべては巡りませんでしたが、水の透明さと冷たさは実感できました。



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 8年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle