ギョリュウバイ

今日は、ギョリュウバイ(御柳梅)、レプトスペルマム (フトモモ科)です。
この花は、2009年3月の結婚記念日に長女夫婦からのプレゼントです。
枝いっぱいに小さな花をつけています。
春咲きの矮性種の鉢花なので、耐寒性はないようです。

2009.03.03 撮影
1201498.jpg

1201499.jpg

1201500.jpg

1201501.jpg

1201502.jpg

1201503.jpg

1201504.jpg

1201505.jpg

2009.03.13 撮影
1201506.jpg

1201507.jpg

1201508.jpg

1201509.jpg

ギョリュウバイの花期は、2月から6月です。
暖かくなって、戸外へ移動しましたが、元気がなくなり、枯れました。
丈夫な花のはずですが、考えられる原因は、乾燥に弱いということです。
冬の間、居間に置いていましたが、室内なので、あまり水やりをしませんでしたし、
花も葉もカサカサしているので、水不足と気づくのが遅れました。
もうひとつ、真夏には半日陰となっていましたが、
日当たりに置きぱなしだったので、乾燥してしまったのかも。
大事なプレゼントでしたが、残っているのは、この写真だけです。
今も花屋でこのギョリュウバイを見るたびに心が痛みます。

スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

椿

今日は、椿 (ツバキ科)です。
2009年2月15日に益田市の「カメリア ナーセリー」に行きました。
地植えの椿が500本、約450種、展示されていました。
その中から6種を紹介します。

1201485.jpg

1201486.jpg


1201487.jpg

1201488.jpg


1201489.jpg

1201490.jpg


1201491.jpg

1201492.jpg


1201493.jpg

1201494.jpg


1201495.jpg

1201496.jpg

1201497.jpg

住宅地の一角に、いろんな椿が植えられていました。

苗木の販売が多少あり、他の花苗や鉢花、リースなども販売されていて、
ゆっくり、園内を楽しみました。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ビオラ その2

今日もビオラ、サンシキスミレ(スミレ科)です。

2009年12月、花苗4株購入したものです。
このビオラは、青紫と白、濃淡の黄、橙の組み合わせを選びました。

2010.02.24 撮影
1201473.jpg

1201474.jpg

2010.03.08 撮影
1201475.jpg

2010.03.11 撮影
1201476.jpg

2010.04.19 撮影
1201477.jpg

1201478.jpg

春の陽射しを浴びて、こんもり、咲き誇っています。

次は、青紫と白のみを同じ花色のデモルフォセカと寄せ植えです。

2010.04.10 撮影
1201479.jpg
               アップにすると、人の顔に見えますね。
1201480.jpg

最後は、2010年11月にえんじ色と淡いふじ色と白の花苗を購入しました。
えんじ色のガーデンシクラメンと桃色の金魚草と寄せ植えです。

2011.03.23 撮影
1201481.jpg

1201482.jpg

2011.04.24 撮影
1201483.jpg

2011.04.26 撮影
1201484.jpg

最初、頼りなげなビオラも春の陽射しを浴びると元気になっています。
ほんとうに、太陽の恵みです。
やっぱり、ビオラ、可愛くて、華やかですね。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ビオラ その1

今日は、ビオラ、サンシキスミレ (スミレ科)です。
ビオラは、花の直径が3センチ以下のサンシキスミレで、
パンジーより多花性で、強健、育種が進んで花色が豊富になっているそうです。

毎年、たくさんビオラを植えていましたが、
昨年は、球根をたくさん植えましたので、ビオラは1株も植えませんでした。
やはり、ビオラやパンジーがないと、庭が寂しく感じます。
花がら摘みの仕事もないので、ただ、球根から芽が出てくるのを待っているだけです。

ブログには、過去のビオラたちを載せたいと思います。

2008年秋には、花苗1株のみの購入でした。
2009.03.05 撮影
1201459.jpg

2009年秋には、花苗6株の購入です。
2009.11.07 撮影 購入してい1週間ぐらいです。
1201460.jpg

2009.12.02 撮影
1201461.jpg

1201462.jpg

1201463.jpg

1201464.jpg

1201465.jpg

1201466.jpg

2010年春になると。
2010.03.08 撮影
1201467.jpg

1201468.jpg

2010.03.14 撮影
1201469.jpg

2010.03.30 撮影
1201470.jpg

2010.04.10 撮影
1201471.jpg

2010.04.19 撮影
1201472.jpg

こうして写真を並べてみると、11月初めから翌4月終りまで、
6か月も咲き続けています。
花期は、10月から5月となっていましたので、
やっぱり、昨秋も花苗を購入した方がよかったかなぁと思いました。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

スノードロップ

今日は、スノードロップ、待雪草(マツユキソウ)、ガランサス、
ユキノハナ、ユキノシズク (ヒガンバナ科)です。
このスノードロップの球根は、2011年10月14日に生協で、
8球=500円を、購入して植えました。

商品の紹介、育て方に、
「その名の通り、雪のしずくのような純白の花を早春の頃咲かせ、
春の訪れを知らせてくれます。」
生育丈:5~10センチ
冬の低温にあたることで発根・発芽します。
早く咲かせようとして暖房のある部屋などに取り込むことは禁物です。
必ず屋外の寒い所に置きます。
植え付け後はたっぷりと水やりをして、
特に冬の間は土の表面が乾いたら水を与えるようにし、乾燥に注意します。
水切れは花が咲かない原因になりますので注意してください。
と書いてありましたので、
その通りにして芽が出るのを待ちました。

2012.01.17 撮影 7つ芽が出ました。
1201444.jpg
               小さな花茎が。
1201445.jpg

2012.01.18 撮影 少し背の高いのがありますが、それには花茎はありません。
1201446.jpg
               17日より伸びました。
1201447.jpg
               もうひとつ花茎が。
1201448.jpg

2012.01.19 撮影 
1201449.jpg

2012.01.20 撮影 花茎が前かがみになってきました。
1201450.jpg

1201451.jpg
               反対側からも撮ってみました。
1201452.jpg

2012.01.21 撮影 花を覆っていた物が剥がれて、可愛い花が。
1201453.jpg

1201454.jpg
               ほんとうに小さな2センチの白い花です。
1201455.jpg

1201456.jpg

2012.01.22 撮影 花が膨らんできました。
1201457.jpg

完全に開花していませんが、昨朝、鉢に雪が積もっていたので、
雪の中の「雪のしずく」です。

2012.01.26 撮影
1201458.jpg

8球植えたのに、7球しか発芽していませんし、
花茎があるのは、まだ2本ですので、
もう少し楽しみながら、待ってみます。(待雪草ですから)



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

プリムラ・ポリアンサ ジュリアン系 その3

今日は、プリムラ・ポリアンサ ジュリアン系 その3です。
昨年4月に咲いていたプリムラ・ジュリアンの中のもう一株です。

2011.04.05 撮影
1201384.jpg

2011年春に咲いて、年末からまた咲き始めました。

2011.12.28 撮影 蕾が出来ています。
1201403.jpg

今年になって、少し横にも蕾が出来ています。

2012.01.18 撮影
1201404.jpg

2012.01.20 撮影 咲き始めました。
1201405.jpg

2012.01.23 撮影 開花です。蕾もたくさん。
1201438.jpg

そして、今日、少し雪が降りました。

2012.01.26 撮影 雪に負けずに咲いています。
1201439.jpg

1201440.jpg

1201441.jpg

雪の中で、青い花の蕾、発見。
1201442.jpg

雪の中では、濃い桃色の花びら、綺麗です。
1201443.jpg

プリムラは、早春の花ですが、12月からだんだん花数が増えています。
まだまだこれからが楽しみです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

マーガレット サンデーリップル その2

今日は、マーガレット サンデーリップル (キク科)の続きです。
1月8日にブログに書きましたが、あれから2週間以上咲き続けています。

2012.01.14 撮影 この冬の最中、虫食い発見
1201419.jpg

1201420.jpg

1201421.jpg

2012.01.17 撮影
1201422.jpg
               みんなお陽さまに向かって。
1201423.jpg

1201424.jpg

1201425.jpg

1201426.jpg

2012.01.18 撮影
1201428.jpg

1201427.jpg

2012.01.19 撮影 後ろから撮ってみました。
1201429.jpg
               花茎がみんな、お陽さまに向かっているのがわかります。
1201430.jpg

2012.01.20 撮影
1201431.jpg

2012.01.22 撮影
1201432.jpg

2012.01.25 撮影 今日の夕暮れに玄関前を。
マーガレット サンデーリップル
1201433.jpg
ガーデンシクラメン
1201434.jpg
バコパとゼラニウム
1201435.jpg
サザンクロスとガーデンシクラメン
1201436.jpg
カランコエ
1201437.jpg

今日は、写真中心でまとめてみました。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

プリムラ・ポリアンサ ジュリアン系 その2

今日は、プリムラ・ポリアンサ ジュリアン系 (サクラソウ科)の続きです。
その1で紹介した青い花から。

2011.02.26 撮影
1201406.jpg

1201407.jpg

2011.04.05 撮影
1201384.jpg

2011.04.15 撮影
1201385.jpg

ここまでが、冬から春の開花で、苦手な暑い夏を乗り切って、
秋からまた咲き始めました。

2011.11.16 撮影 元気な葉に蕾が1つ。
1201387.jpg

2011.11.18 撮影 ちょっといびつな花です。
1201388.jpg

2011.11.21 撮影 花びらが少ないし細いです。虫食いもあります。
1201389.jpg

今日までの所、青い花は、この1輪のみです。

次は、濃い桃色の花です。

2011.04.15 撮影
1201386.jpg

春の開花から8ヶ月後の冬の開花に。

2011.12.01 撮影 蕾が2つ。
1201390.jpg

2011.12.06 撮影 膨らんできました。
1201391.jpg

2011.12.07 撮影
1201392.jpg

2011.12.14 撮影 咲きました。もうひとつ蕾があります。
1201394.jpg

2011.12.15 撮影
1201395.jpg

1201396.jpg

2011.12.28 撮影 ちょっとした雪で、白い斑点がたくさん。
1201397.jpg

今年になって、2回ほど雪が降りましたが、濃い桃色はたくさん咲き始めました。

2012.01.13 撮影
1201398.jpg

1201399.jpg

2012.01.17 撮影
1201400.jpg

2012.01.18 撮影 綺麗な花びらです。
1201401.jpg

2012.01.20 撮影 もう白い斑点が・・・・・
1201402.jpg

耐寒性はあるようなので、戸外の陽のあたる所においてありますが、
たびたびの雨と雪で、花びらが可哀想です。

それともウイルス病(モザイク病)でしょうか。
肥料が足りないのでしょうか。

最初の年のように、綺麗に咲いてほしいですが・・・

もうひとつ冬に咲き始めた株がありますので、また紹介します。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ハナカンザシ

今日は、ハナカンザシ、アクロクリニウム、ヘリプテラム (キク科)です。
このハナカンザシは、最初、2009年1月に、隣町の花屋さんで、一鉢購入しました。
花屋さんでは、室内に飾ってあったので、私も冬の間は、室内で育てました。
蕾はたくさん付いたのですが、完全に開花するのが少ないような気がしました。
春になるのを待って、戸外に。
冬の間にかなり徒長して枝が伸びていますが、その枝の先に蕾が付いています。
室内での写真はなかったので、戸外から。

2009.05.07 撮影
1201408.jpg

2009.05.10 撮影
1201409.jpg

花は、一度開くと開きぱなしで、カサカサの状態で、
花芯が黄色から茶色に変化します。
この年は、ずーと戸外で育てました。
夏の太陽もたくさん浴びているので、冬も戸外で乗り切りました。

2010.03.08 撮影
1201410.jpg

1201411.jpg

1201412.jpg

2010.03.11 撮影
1201413.jpg

1201414.jpg

1201415.jpg

2010.04.14 撮影
1201416.jpg

この写真を撮影した後、花は、ドライフラワーにして、
小さなかごにいっぱい詰めて飾りました。
それから、枝の切り戻しをして、しばらく様子を見ましたが、
新しく芽が出る事はありませんでした。
「くらしの花 大図鑑」によると、
ハナカンザシは、非耐寒性秋まき一年草となっていました。
でも、2009年1月から2010年4月まで2期間、
開花を見れたので、良かったです。

2度目のハナカンザシは、2011年3月に娘夫婦から3ポットプレゼントされました。
非耐寒性だとわかっていたので、玄関の軒下に鉢を置きました。

2011.04.20 撮影 これのみの写真がなかったので、他の花をカットして。
1201417.jpg

そして、今日、徒長した枝の先に、蕾を見つけました。
2012.01.23 撮影
1201418.jpg

これから、最初の写真のように、白い蕾になって、開花すると思います。
せっかく蕾が付いたので、開花してほしいです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

プリムラ・ポリアンサ ジュリアン系 その1

今日は、プリムラ・ポリアンサ ジュリアン系 (サクラソウ科)です。
プリムラは、プリマ(一番の)に由来する名前を持ち、春の訪れを告げる花です。
プリムラ・ポリアンサは、花色豊富で、八重咲きや巨大輪品種もあります。
やや小型のジュリアン系は、耐寒性があり、冬から春に開花します。

①2008年11月購入花苗
 このプリムラ・ジュリアンは、近くのスーパーで、3ポット=100円で、6ポット購入。
 11月から咲いて、翌2月には、ほぼ満開です。
2009.02.06 撮影
1201367.jpg

 そしてその翌年2010年にも咲きました。
2010.03.03. 撮影
1201368.jpg

1201369.jpg

1201370.jpg

2010.04.30 撮影
1201371.jpg

1201372.jpg

2010.05.04 撮影
1201373.jpg

2010.05.14 撮影
1201374.jpg

2010.05.30 撮影
1201375.jpg

2008.11~2010.5まで咲いたので、宿根草になったかと思いましたが、
2011には、咲きませんでした。

②2009年12月購入花苗
 このプリムラ・ジュリアンは、バコパや金魚草、パンジー、ハボタンとの寄せ植えです。
2009.12.02 撮影
1201376.jpg

2010.01.19 撮影
1201377.jpg

2010.03.08 撮影
1201378.jpg

2010.03.23 撮影
1201379.jpg

2010.04.02 撮影
1201380.jpg

この花は、2011.4にも咲いています。

③2010年1月購入花苗
 このプリムラ・ジュリアンは、寒い冬に健気に咲いているのを見て、
 思わず買ってしまいました。一鉢に植えました。
2010.02.24 撮影
1201381.jpg

2010.02.25 撮影
1201382.jpg

少し小ぶりになりましたが、翌年も咲きました。

④2010年12月購入花苗プラス②と③
 このプリムラ・ジュリアンは、5ポット=100円の見切り品ですが、綺麗に咲きました。
 咲くか心配だったので、②と③も一緒に植えてみました。
2011.04.05 撮影
1201384.jpg

2011.03.13 撮影
1201383.jpg

2011.04.15 撮影
1201385.jpg

1201386.jpg

このプリムラ・ジュリアンたちは、2011年11月からまた咲き始めました。
2011年11月からは、くわしく写真を撮っているので、また後日紹介します。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

水仙公園

今日は、益田市鎌手水仙公園の様子です。
これは、2009年1月21日に鎌手水仙の里に行った時の写真です。
今年も早くから咲いていて、1月下旬までが見頃だそうです。
山陰の国道9号線を少し入った、唐音の蛇岩(からおとのじゃがん)の海岸の山にあります。

益田市のパンフレットには、、
 平成元年に始まった『水仙の花咲く里づくり事業』で、
 地元住民のボランティアも加わって、
 毎年10アール・3万球が増殖されています。
 現在では、190アール・110万球になり、
 日本海の海の青さと可憐な花が、壮大な景色を作り上げ、
 水仙の香りがより一層盛り上げます。
と書かれています。

駐車場から海の方へ歩くとすぐに水仙が咲き乱れています。
1201353.jpg

1201354.jpg

1201355.jpg

1201361.jpg

1201357.jpg
当時、1歳10カ月の孫が香りを嗅いでいます。
1201358.jpg

1201359.jpg

1201360.jpg
ちょっとぶれていますが・・・
1201356.jpg

山の急斜面に
1201362.jpg
「唐音の蛇岩」方面です。
1201363.jpg

1201364.jpg
山道を登って帰ります。
1201365.jpg
もう1度山側を。
1201366.jpg

写真では、わかりにくいですが、可憐な花と甘い香りの、
本当にすごい『水仙公園』でした。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

スイートアリッサム

今日は、スイートアリッサム、ニワナズナ (アブラナ科)です。
この花もマトリカリアと同じ「香木の森」で、購入して、寄せ植えしたものです。
花期は、10月~5月なので、12月に購入した時は開花していました。
「香木の森」で、2ポットに4色植えつけていました。

2011.12.22 撮影
1201333.jpg

2011.12.28 撮影
1201334.jpg

2011.12.31 撮影
1201335.jpg

スイートアリッサムは、よく寄せ植えに使っていましたが、
小さな花なので、アップで写真を撮ることはありませんでしたから、
今回は、各色、アップにしてみました。

2012.01.02 撮影
1201336.jpg

1201337.jpg

1201338.jpg

1201339.jpg

1201340.jpg

2012.01.05 撮影 フラッシュ有
1201341.jpg
               フラッシュなし
1201342.jpg

1201343.jpg

1201344.jpg

2012.01.09 撮影
1201345.jpg

1201346.jpg

1201347.jpg

1201348.jpg

1201349.jpg

花茎に丸まって咲いている花と、アップで見る花が違う感じに見えました。

2012.01.14 撮影
1201350.jpg

以前に育てていたスイートアリッサムの写真も載せます。

2010.05.10 撮影
1201351.jpg

2009.05.17 撮影
1201352.jpg

スイートアリッサムは、茎が這うように広がり、小花を株いっぱいに咲かせ、
甘い香りを放っています。
花後に花茎を切り戻すと、脇芽が伸びて再開花します。
夏の暑さに弱いので、寒冷地ならば、宿根草になるそうですが、
我が家では、たぶんダメでしょう。
一株だけ、3年目になったスイートアリッサムがありますが、
こぼれ種で発芽しているのかもしれません。
この寄せ植えが、ほとんど、一年草なので、
どれが、一番長生きできるか、それも楽しみです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ブラキカム

今日は、ブラキカム、ブラキコメ、ヒメコスモス (キク科)です。
ブラキカムは半耐寒性宿根草または、一年草となっていますが、
私のアルバムに最初に載ったのが2年前の今日だったので。
たぶん購入直後だと思いますが、半耐寒性なのに、戸外に置いてあり、
花期は3月~11月と表示してあるのに、1月に花が咲いています。

2010.01.19 撮影 3色を寄せ植えに。
1201317.jpg
               ホットキャンディー
1201318.jpg
               マウブディライト
1201319.jpg
               ミニイエロー
1201320.jpg

そして、花期の4月になってからの写真です。

2010.04.13 撮影
1201321.jpg

2010.04.21 撮影
1201322.jpg

2010.06.06 撮影
1201323.jpg
                ホットキャンディー
1201324.jpg
                マウブディライト
1201325.jpg
                ミニイエロー
1201326.jpg

2010.06.07 撮影
1201327.jpg

2010年の写真は、ここまでで、
ブラキカムは、乾燥と夏の暑さに弱いので、
一年草だと、夏に枯れるのでしょうが、2011年も咲きました。

2011.06.06 撮影 ホットキャンディー
1201328.jpg

これから先には、黄色のミニイエローの花が枯れてしまってありません。

2011.07.31 撮影 ホットキャンディーとマウブディライト
1201329.jpg

2011.08.03 撮影
1201330.jpg

2011年は、夏の暑さに弱いはずですが、夏の写真ばかりでした。

そして、2年目の今日の写真です。

2012.01.19 撮影
1201331.jpg

一応、半耐寒性なので、今は、戸外の軒下に置いてあります。
ブラキカムの花は終わっていますが、葉は残っています。
2010年1月に購入した時は、花期の11月までというのが、
気候の影響で、伸びていたのでしょうが、
2012年1月のこの状態は、正常な気候の状態で、少し刈り込みをすれば、
3月になれば開花すると思います。
昨日のマトリカリアと違って、ブラキカムは、宿根草になったようです。
コスモスを小さくしたような可愛らしい花、これからも大切に育てます。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

マトリカリア サンタナイエロー

今日は、マトリカリア、フィーバーフュー、ナツシロギク (キク科)です。
これは、昨年12月21日に「香木の森」で、主人チョイスの花苗を
購入して、寄せ植えしました。
たぶん、価格からすると、すべて、一年草扱いの花苗だと思います。
ナデシコ(濃桃、赤)、スイートアリッサム(2ポット)、チェイランサス(赤、黄)、
マトリカリアです。

2011.12.22 撮影 植え込みをして、水をたっぷりあげて、記念撮影。
1201304.jpg

2011.12.28 撮影 普段は、玄関の中に置いていますが、日光浴です。
1201305.jpg

2011.12.31 撮影
1201332.jpg

2012.01.05 撮影 向かって右側の枝。
1201306.jpg

2012.01.08 撮影
1201307.jpg
               向かって右側の枝。
1201308.jpg
               向かって左側の枝。
1201309.jpg

2012.01.09 撮影 向かって右側の枝。
1201310.jpg
               向かって左側の枝。
1201311.jpg

2012.01.14 撮影
1201312.jpg
                向かって右側の枝。
1201313.jpg
               向かって左側の枝。
1201314.jpg

2012.01.18 撮影 向かって右側の枝。
1201315.jpg

このマトリカリアを選ぶ時、
主人は、「見たことがないし、小菊みたいで、パッと咲いて、可愛い」と言いましたが、
じつは、3代目なのです。
1代目は、1株、2009年に購入して、小さな鉢に植えていました。
2代目は、2株、2010年に購入して、丸型プランターに植えていました。
両方とも気づかれないぐらい印象の薄いマトリカリアです。
2010年の株は2011年春には、かなり立派に咲いていましたが、
高温多湿に弱いということで、夏に枯れてしまいました。
その時の写真を探しましたが、無くて、1枚だけあった写真を。

2010.05.14 撮影
1201316.jpg

本来、マトリカリアは、耐寒性宿根草で、
ナツシロギクとあるように、夏に咲く花ですが、
「香木の森」では、冬に咲かせているので、
宿根草ではなく、一年草となっているのだと思います。
以前のマトリカリアも、秋から春に咲いて、夏に枯れたので。

寄せ植えの他の花は、また後日、紹介します。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ローズマリー

今日は、ローズマリー、マンネンロウ (シソ科)です。
ローズマリーは、原産地が地中海沿岸地方で、
学名のロスマリヌスは「海の(マリヌス)しずく(ロス)」を意味するそうです。
1年を通じて松葉のように尖った葉の先に可憐な小花を咲かせます。
葉は対生し、線形で縁が内側に反り返ったように巻き、濃緑色です。
花は唇形の小花で、輪散花序につきます。
真夏以外の秋~春にかけて咲き花期が長いです。

我が家のローズマリーは、2009年7月に北九州の花屋で2株購入しました。
その年は、まだ15センチくらいの苗でしたので、花は咲かず、
翌夏に花が咲きました。

2010.08.04 撮影
1201289.jpg

1201290.jpg

2010.12.18 撮影
1201291.jpg

昨年は、たくさん花がさきました。
茎が、基部から木質化してきて、少し立ち上がって、
枝が殆ど横にくねるように伸びています。
大きくなったので、8号鉢から10号鉢に鉢替えをしました。

2011.10.04 撮影
1201292.jpg

1201293.jpg

2011.10.19 撮影
1201294.jpg

そして今年のローズマリーです。
今は花が咲いていませんが蕾がたくさんです。

2012.01.14 撮影
1201295.jpg

2012.01.15 撮影 全体の様子です。
1201296.jpg

2012.01.17 撮影
1201297.jpg

私は、この苗を購入するとき、ローズマリーの名前を知っていたので、
本では、育て方だけを見ていて、花の色はピンクだと思っていましたが、
代表的な花色は、濃淡の青で、淡紫、ピンク、白もあると書かれていました。

お隣さんのローズマリーの写真も撮りましたので。

2012.01.12 撮影
1201298.jpg

2012.01.14 撮影
1201299.jpg

1201300.jpg

2012.01.17 撮影
1201301.jpg

1201302.jpg

先日のピラカンサの写真にも写り込んでいましたが、
茎が真っ直ぐに伸びる直立性タイプの立性のローズマリーで、
草丈は2メートル、花色は薄紫です。

ご近所さんからいただいたローズマリーの挿し木もかなり成長してきたので、
何色の花が咲くか楽しみです。

次は、濃い青のローズマリーも育ててみたいです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ミニバラ その6

今日は、ミニバラ (バラ科)です。
昨年、室内で育てていたミニバラが1月に咲いていた写真を見つけたので、
5色目のミニバラ 桃色を紹介します。

2011.01.06 撮影
1201282.jpg

1201281.jpg

1201283.jpg

2011.01.09 撮影
1201284.jpg

1201285.jpg

1201286.jpg

1201287.jpg

室内だと太陽の光が少ないので、蕾を付けても開花しなくなったので、
昨秋に戸外に移動して育てました。
昨年と同じ1月に咲くといいなと眺めていますが、まだ蕾も付けていません。

2012.01.12 撮影
1201288.jpg

それでも、他のミニバラに比べると、枝がかなり成長しているので、
今年も咲いてくれることを期待して、待っています。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

くろがねもち

今日は、くろがねもち (モチノキ科)です。
我が家は、以前、山だった所を中腹まで切り取って、住宅地にしている場所なので、
コンクリートで固めていない所は、自然に山の木が生えてきたりします。
ここは、30年前にレンガ積みの花壇を作っていたところですが、
黒豆ツゲとつつじを植樹した間からこのくろがねもちが3本、生えてきました。
3年前に、大きくなりすぎたので、2メートルぐらいに切ったのですが、
切り株からまた枝が成長して、実が出来ています。
これも5月ごろ、薄い紫色の小さな花を咲かせますが、花の写真はありません。
じつは、名前がわからなかったのですが、ある方のブログに写真が載って、
初めてくろがねもちだとわかりました。
くろがねもちという名前は、もちのきに似ていて、若枝と葉脈が黒紫色だからだそうです。

大きくなりすぎているので、脚立に登って撮影です。
2011.10.18 撮影
1201263.jpg

1201264.jpg

1201265.jpg

1201266.jpg

1201267.jpg

1201268.jpg

1201269.jpg

2011.11.04 撮影 飾ってみました。
1201270.jpg

そして、今年になってからも、赤い実は付いたままです。

2012.01.09 撮影 この日は、下から、ズームで。
1201271.jpg

1201272.jpg

そして、今日、ブログを書くために撮影しました。
2012.01.15 撮影
1201273.jpg

1201274.jpg

すると、お客様=ジョウビタキです。
1201275.jpg

1201276.jpg

1201277.jpg

1201278.jpg

ジョウビタキ、この後は、梅の木に移っていきました。
くろがねもちは、10メートルぐらいまで、成長するらしいので、
今年も切らないといけないと思っています。




テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ピラカンサ

今日は、ピラカンサ、トキワサンザシ、タチバナモドキ、ヒマラヤトキワサンザシ(バラ科)です。
この実は、お隣さんのピラカンサです。
ピラカンサの花の時期は、5月で、白い小花が咲くのだそうですが、
それには、全く、気が付かず、こうして赤い実になって、初めてわかります。
10月から赤い実が鈴なりになっていました。

2011.11.12 撮影
1201257.jpg

1201258.jpg

2011.11.14 撮影
1201259.jpg

すごくたくさんの赤い実です。
実の重さで枝が垂れ下がっています。
本によると、
「ピラカンサの実は、小鳥たちにはあまりおいしくないのか、
他の実がなくなった最後に食べるようで、
鑑賞する人間にとってはうれしいことである。」と書かれていました。
だからでしょうか?
今年になっても、相変わらず、鈴なりのままです。

2012.01.12 撮影
1201261.jpg

1201262.jpg

もう一か所、我が住宅地の車道脇の崖にも、ありました。
2011.11.22 撮影
1201260.jpg

花をたくさん咲かせ実を楽しむには、日当たりが良いことが重要だそうで、
どちらもサンサンと陽が当たっていました。

我が家の庭にも、たぶん、ピラカンサだと思う木が2本。
ここは、日陰ですが・・・・・

2012.01.15 撮影
1201279.jpg
                左側は、アオキ。
1201280.jpg

2本とも、自然に生えてきました。
日陰なので、花も実も期待できませんが、鉢の方は、移動できます。
早く大きくならないかなぁと育ててもないのに思っています。



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ミニバラ その5

今日は、ミニバラ (バラ科)です。
今まで、赤色、濃い桃色、黄色と紹介しましたが、今日は、橙色です。
このミニバラは、今は、咲いていませんが、
2009年12月~2010年1月のこの時期に咲いていたので。

2009.12.14 撮影
1201243.jpg

1201244.jpg

2009.12.17 撮影
1201245.jpg

2009.12.20 撮影
1201246.jpg

1201247.jpg

1201248.jpg

2009.12.24 撮影
1201249.jpg

1201250.jpg

1201251.jpg

1201252.jpg

2010.01.02 撮影
1201253.jpg

2010.01.08 撮影
1201254.jpg

このミニバラ、写真は、この時だけで、2011年には、ありません。
どういう環境の時に咲くのでしょう。
下の写真が、今のこのミニバラの鉢です。

2011.01.14 撮影
1201256.jpg

葉が付いている枝がありますから、春に咲くのでしょうか。
2009年に写真があっても、2010年、2011年も一枚ぐらい
写真があれば、このミニバラの開花時期がわかったのに・・・
今年は、咲いたら、写真を撮ろうと思います。

1月中旬には、枯れ枝の剪定と雑草採りもしなくてはいけませんね。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

白椿

今日は、椿 (ツバキ科)です。
少し天気の良い時に、近くを散歩して、白い椿の写真を撮りました。
私が幼い頃、野山を駆け回っている時の椿といったら、ヤブツバキの赤でした。
私にとっては、白い椿の方がなじみがなくて、珍しい椿です。

2011.11.27 撮影 この1枚のみ、広島三景園にて。
1201232.jpg

2011.12.07 撮影 
1201233.jpg

2011.12.20 撮影
1201234.jpg

2011.12.28 撮影
1201235.jpg

1201236.jpg

1201237.jpg

1201238.jpg

我が家は、山だった所を山の中腹まで切り取って、造成して、
住宅地になっている場所にあるので、周りは、法面(崖)です。
そこをうまく利用して各家の人が植樹しています。
昨日も散歩して見ました。

2012.01.12 撮影
1201239.jpg

1201240.jpg

1201241.jpg

1201242.jpg

遠くに出掛けなくてもちょっと散歩するだけで、椿が見られて楽しいです。




テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ソラナム

今日は、ソラナム、ヤマホロシ、フユサンゴ、ツルハナナス(ナス科)です。
これは、2009年11月10日の私の誕生日のプレゼントとして
長女夫婦が隣町のホームセンターで購入してくれました。

2009.11.07 撮影
1201222.jpg

この花鉢の状態で、売られていました。
エリカ2種、ガーデンシクラメン、パンジー2株、ガーベラ、
プリムラ・マラコイデス、桃色の花(名前がわかりません)そしてソラナム。
ソラナムは、オレンジ色の実です。

1201223.jpg

2009.11.14 撮影
1201224.jpg

2009.11.25 撮影
1201225.jpg

この年の冬、オレンジ色の実は、たぶん、鳥に食べられました。

2010.03,30 撮影
1201231.jpg

そして、初めて見るソラナムの花が、咲きました。
小さなナス科の花です。

2010.04.14 撮影
1201226.jpg

昨年は、一年草以外で残ったエリカとガーデンシクラメンも枯れて、
このソラナムだけが生き残り、たくさんの実がなりました。

2011.10.19 撮影
1201227.jpg

2011.11.16 撮影
1201228.jpg

2011.12.12 撮影
1201229.jpg

そして、今年は、まだ食べられずに残っています。

2012.01.08 撮影
1201230.jpg

このソラナムの花は、本当に小さくて、いつ咲いたかわからないぐらいですが、
きちんとオレンジ色の可愛い実が出来て、
私をなごませてくれます。



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

バコパ

今日は、バコパ、ステラ、ズーテラ (ゴマノハグサ科)です。
このバコバは、2009年11月末に、プリムラ・ジュリアン、ハボタン2株、
パンジー(青・白紫・紫)、金魚草とともに花苗セット=500円で、購入しました。

白い小花がバコパです。
2009.12.02 撮影 植え込みをして、記念撮影。
1201202.jpg

1201203.jpg

翌春です。
2010.03.08 撮影  
1201204.jpg

2010.03.13 撮影
1201205.jpg

2010.03.23 撮影
1201206.jpg

2010.04.02 撮影
1201207.jpg

2010年は、みんなりっぱに成長しましたが、
パンジーは、一年草なので、処分して、
プリムラ・ジュリアンは、ジュリアンの鉢に移植して、
ハボタンも大きくなりすぎて、寄せ植えから独立させました。
そして、2011年秋からの写真です。

2011.10.29 撮影 下のゼラニウムまで伸びて。
1201208.jpg

2011.11.02 撮影 赤い金魚草とともにげんきです。
1201209.jpg

2011.11.03 撮影 前方は、オキザリス桃の輝きです。
1201210.jpg

2011.11,07 撮影
1201211.jpg

2011.12.17 撮影
1201212.jpg

1201213.jpg

2011.12.20 撮影
1201214.jpg

1201215.jpg

そして、今年、2012年の写真です。

2012.01.06 撮影
1201216.jpg

1201217.jpg

1201218.jpg

1201219.jpg

昨年秋までは、ほとんど毎日、この小さな花がら摘みをしていましたが、
寒くなってから、さぼっています。
バコパは、高温多湿に弱いようで、夏場は花数が少なくなりますが、
その夏に切り戻しをすると、秋から春まで、次々に咲いてくれます。
冬場も強い霜に当たらなければ、越冬して咲き続けます。
置き台を2段重ねるほど伸びていますので、
今年の夏は、思い切り、切り戻しをしないといけないと思っています。

2009年、この寄せ植えを作る前に植えていたバコパの写真です。
こちらは少し花が、大きいです。
2009.11.09 撮影
1201220.jpg

1201221.jpg

このバコパ達も、昨年まで元気でしたが、昨年の夏、突然枯れてしまいました。
高温多湿に弱いのに、戸外に置いていたためでしょう。
寄せ植えのバコパは、玄関の軒下を定位置にしているので、
高温多湿にもならず、霜が降りる事もなく、
今日も元気に咲いています。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ミニバラ その3

今日は、ミニバラ (バラ科)その3です。
2011年10月29日にミニバラを紹介しましたが、
四季咲き性があって、強健だったので、
2011年12月2日にまた違う色を2鉢、購入してしまいました。

2011.12.02 撮影 購入時の記念撮影
1201194.jpg


1201195.jpg


1201196.jpg

               もう一鉢。
1201197.jpg


1201198.jpg


1201199.jpg

今までにない黄色系のミニバラです。
ぱっと見た時は、黄色ですが、アップで見ると、花びらに薄い桃色が。
今までにない色だと思って、つい購入してしまいました。
開花した花も長持ちして、一か月の間に、
花がら摘みをしたのは、2鉢合わせて、3個くらいです。

今年になってからのミニバラです。

2012.01.09 撮影
1201200.jpg


1201303.jpg


今のところ、玄関前の軒下に置いてありますが、寒さに負けず、元気です。
冬の間は、どうしても、花が少なくなるので、
黄色のバラが咲いていると明るい気分になります。
小さな鉢ですが、もう少し鉢中に根が回ってから、鉢替えをしようと思います。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

梅と鳥

今日は、うめ(バラ科)と茶色の鳥=ジョウビタキです。

いつものように、昼食の後、外に出ると、鳥の声・・・・・
先日、名前を教えてもらったジョウビタキが、今日も梅の木に来ていました。

写真を撮ってみましたが、
梅の木がかなり高いので、デジカメで、ズームしても、小さくしか写らない。
いろいろ考えて、娘に写真を拡大することを教えてもらいました。
拡大しているのと、曇り空なので、写りは、よくありませんが。(私の腕も悪いので)

ジョウビタキ
1201185.jpg


1201187.jpg


1201186.jpg
葉が付いている木は、自然に生えてきたナワシログミだと思います。

1201188.jpg


1201189.jpg

あちらばかり見ていたジョウビタキが、やっとこちらを向きました。(ボケてます)
1201190.jpg

可愛いジョウビタキです。
1201191.jpg

肝心の梅は、シルエット。
1201192.jpg

近目の蕾です。
1201193.jpg

鳥も「茶色の鳥」というのと、「ジョウビタキ」と名前で見るとでは、
愛着が違いますね。
楽しく、梅とジョウビタキを眺めていました。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

マーガレット サンデーリップル

今日は、マーガレット サンデーリップル (キク科)です。
このマーガレットは、2010年12月に花が咲いている状態で購入しました。
名札には、「開花期:9月~初夏」と表示があり、
「暑さに強く、丈夫で育てやすい」と書いてありました。
9月~初夏ということは、真夏を除いて咲いているということですが、
普通のマーガレットの開花期は、3月~6月ですので、
花が長く咲いてくれるということだと思って、3株、購入しました。
2011年の初夏まで咲いて、2011年12月からまた咲き始めました。

2011.10.18 撮影 1輪のみ早く咲いた花は、虫に食べられ。
1201157.jpg

1201158.jpg

2011.11.30 撮影 やっと、本格的に咲き始めました。
1201159.jpg

2011.12.04 撮影 上の写真と比べると、花芯が違います。
1201160.jpg

2011.12.06 撮影
1201161.jpg

1201162.jpg

2011,12.09 撮影
1201163.jpg

2011.12.12 撮影
1201164.jpg

2011.12.20 撮影
1201165.jpg

1201166.jpg

1201167.jpg

1201168.jpg

2011.12.26 撮影
1201169.jpg

1201170.jpg

2011.12.28 撮影
1201172.jpg

1201174.jpg

1201175.jpg

今年になってから、3鉢とも、たくさん花が咲き始めました。

2012.01.05 撮影
1201176.jpg

1201177.jpg

1201178.jpg
                この花芯で満開でしょう。
1201179.jpg

1201180.jpg

1201181.jpg

2012.01.08 撮影
1201183.jpg

1201184.jpg

1201182.jpg

この花は、マーガレットの語源になっているギリシア語のマルガレーテ(真珠)
のように真っ白で、綺麗です。

今、これを書きながら気がついたのですが、
11月30日の花がら摘みをまだしていません。
ということは、一度開花した花は、1か月以上開花したままなのです。
夜も花びらを閉じる事は、ありません。
なが~く咲いてくれる嬉しい花です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

南天

今日は、南天(ナンテン) (メギ科)です。

昨日、3月に5歳になる孫(男の子)が、散歩に行こうと言うので、
近くの郵便局まで二人で出掛けました。
帰りに傍の公園に寄ると、南天の赤い実が目に入りましたので、
孫の写真を撮らずに、南天を。

ナンテンの名から「難を転じる」といわれ、語呂合わせで、縁起木なので。

2012.01.06 撮影 
1201147.jpg
               
1201148.jpg

1201149.jpg

1201150.jpg

1201151.jpg

1201153.jpg

綺麗なまん丸の赤い実がたくさん。

この落ちている、赤い実と落ち葉で、しばらく、レストランごっこしました。
もちろん、孫がコックさんで、ばぁばはお客さんでした。

ゆっくり見てると、菊も咲いていました。

1201154.jpg

そして、孫が、「ばぁばの好きなヒマワリが咲いてる!」
「えぇ。ひまわり?」と近づくと、なんとルドべキアでした。

1201155.jpg

1201156.jpg

こんな冬でも戸外で、咲くのですね。

ルドべキア:耐寒性宿根草、原産地=北アメリカ、花期=7月~10月

でも、日当たりが良く、水はけが良ければ、旺盛に生育して、
冬でも開花するのでしょうか?
我が家のルドべキア、地上部は枯れてますけど・・・・・

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ガザニア

今日は、ガザニア、クンショウギク(勲章菊) (キク科)です。
このガザニアは、何年も前から、いつも咲いています。
長く、次から次に咲いてくれるので、65センチプランター4個あります。
花期は、4月から11月で、半耐寒性宿根草ですが、
かなりの寒さにも耐えられるようで、今日も蕾を見つけました。
昨年の写真から紹介します。

2011.06.03 撮影 たくさん咲いています。
1201124.jpg

1201125.jpg

1201146.jpg
                この2株は、新入りです。
1201126.jpg

1201127.jpg

2011.10.24 撮影 バッタとガザニアを撮ってみました。
1201128.jpg

1201129.jpg
               約15分後、花びらは完食です。
1201130.jpg

2011.11.01 撮影 花びらが開き切らないようです。
1201131.jpg

2011.11.03 撮影 きちんと咲きましたが、花びらが切られています。
1201132.jpg

2011.11.11 撮影 この色には、バッタは来ないのかな。
1201133.jpg
               これは綺麗に咲いています。
1201134.jpg
               この花もちょっと変。
1201135.jpg
               これは食べられています。
1201136.jpg

2011.11.12 撮影 これも綺麗に咲いています。
1201137.jpg

2011.11.16 撮影 11日のちょっと変な花、まだ咲いています。
1201138.jpg

2011.11.18 撮影 やはりオレンジにもバッタは来ています。
1201139.jpg

2011.11.29 撮影 綺麗に咲いた花
1201140.jpg
               花びらが開き切らない花。
1201141.jpg
               花びらが食べられた花。
1201142.jpg

ブログを書くまでは、変形の花びらの足りない花が咲いたのかと
思っていましたが、食べにくるバッタがいたのです。

そして、今日2012.01.06のガザニア
1201143.jpg

1201144.jpg

1201145.jpg

ガザニアは、太陽が輝くと花が開き、曇りや、雨の日には閉じています。
それを繰り返しながら、10日間ぐらい咲いて、枯れていきます。
枯れた花がらを摘むと、順々に咲き続けてくれます。
強健な花なので、いつも咲いて楽しませてくれることに、感謝しています。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

マリーゴールド

今日は、マリーゴールド、フレンチマリーゴールド、孔雀草 (キク科)です。
マリーゴールドといえば、春から秋に咲く1年草です。
2009年から種蒔きをして咲かせたいと試みたのですが、
発芽することなく、失敗続きでした。
昨年の春にも種蒔きをしましたが、ダメでしたので、
10月に、JAで、4株200円で購入しました。

2011.10.11 撮影 植えつけて記念撮影。
1201105.jpg

2011.10.13 撮影
1201106.jpg

2011.10.14 撮影
1201107.jpg

続けて4日間撮っていますが、花姿は、変わりません。
赤い方のひとつ蕾が開花して、ひとつ蕾が膨らんだぐらいです。
でも、この赤のマリーゴールドは、今までとは違う色合いをしています。
花びらの裏面が黄色なので、縁に黄色が見えます。
しかも開花が進むと、花びらが丸まって、黄色が多く見えます。

2011.10.16 撮影 アップで。(フラシュあり)
1201109.jpg
               アップで。(フラシュなし)
1201110.jpg
               黄色もアップで。
1201108.jpg

2011.11.02 撮影
1201123.jpg

2011.11.09 撮影
1201111.jpg

1201112.jpg

1201113.jpg

1201114.jpg

1201115.jpg

2011.11.18 撮影
1201116.jpg

これからも、ずーと咲き続けていました。
黄色が1本枯れてしまいましたが。
マリーゴールドは、非耐寒性1年草ですが、冬にも咲き続けてくれました。
昨夜、この地方にも雪が降りましたので、
今朝のマリーゴールドの写真を。

2012.01.05 撮影 少し、しょんぼりしていますが・・・
1201117.jpg
                アジュガたちは、まだ雪が残っています。
1201118.jpg

これから下は、以前のマリーゴールドです。
花の感じが違うように思います。

2008.09.11 撮影
1201119.jpg

1201120.jpg

1201121.jpg

1201122.jpg

2012年、今年こそは、種まきから、マリーゴールドを育てたいと思います。
それと、「香木の森」に多年草のマリーゴールドのレモンマリーゴールドが
あったので、これも手に入れたいと思っています。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

マーガレット モリンバ

今日は、マーガレット モリンバ (キク科)です。
このマーガレットは、新入りで、2011年12月4日に購入しました。
我が家には、ピンク、ピンク八重咲き、黄色、黄色八重咲き、白色の
マーガレットがあるのですが、
この咲き進むにつれて花色が変わるようなマーガレットが
花屋の見切り品になっているのを見て、2鉢購入してしまいました。

2011.12.04 撮影 12月にこんなに咲いています。
1201089.jpg

1201090.jpg
               一株から白と濃いピンクの花。
1201091.jpg
               もう1鉢も。
1201092.jpg

1201093.jpg

1201094.jpg

2011.12.06 撮影 1輪ずつを。白にほんのりピンク。
1201095.jpg

1201096.jpg
                 淡いピンクが全面に。
1201097.jpg
                 薄いピンク。
1201098.jpg
                 濃いピンク。
1201099.jpg
                 3色並んで。
1201100.jpg

1201101.jpg

1201102.jpg

2011.12.28 撮影  まだ咲いています。
1201103.jpg

1201104.jpg

名札の花期は、春~秋となっていましたが、
冬の今、咲いているということは、四季咲き性ですね。
耐寒性も耐暑性も、比較的強いとなっていますので、
戸外に置いています。

ネットで調べると、モリンバの“モンローローズ”が、
濃いピンクから淡いピンクに変化すると書かれていました。
私には、白から濃いピンクに変化するように見えますが・・・
枯れている花がらも濃いピンクですし。

従来からあるマーガレットの中では、白色が、かなり咲いていますが、
他の色は、春になってからだと思いますので、
冬の間、このモリンバと白色のマーガレットを楽しみたいと思います。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ウインターコスモス

今日は、ウインターコスモス、ビデンス (キク科)です。
ウインターコスモスの黄色の花を見ると、元気を貰えるので、
秋から冬の寂しい時期に我が家ではなくてはならない花です。
1代目は、2008年~2010年、
2代目が、2010年から育っています。
1代目も2代目も120センチぐらい伸びました。

ウインターコスモスもいつもある花なので、以前の写真がなく、
今回たくさん写真を撮りましたので、今日は黄色の花ばかり並びます。

2011.10.24 撮影
1201060.jpg

2011.10.25 撮影
1201061.jpg

2011.10.29 撮影
1201062.jpg

2011.10.31 撮影
1201063.jpg

1201064.jpg

1201065.jpg

2011.11.01 撮影
1201066.jpg

1201067.jpg

1201068.jpg

2011.11.02 撮影
1201069.jpg

1201070.jpg

2011.11.03 撮影
1201071.jpg

2011.11.07 撮影
1201072.jpg

2011.11.09 撮影
1201073.jpg

1201074.jpg

2011.11.10 撮影
1201075.jpg

2011.11.12 撮影
1201076.jpg

1201077.jpg

1201078.jpg

1201079.jpg

2011.11.15 撮影
1201080.jpg

1201081.jpg

1201082.jpg

1201083.jpg

2011.11.16 撮影
1201084.jpg

1201085.jpg

2011.12.09 撮影
1201086.jpg

1201087.jpg

2011.12.28 撮影
1201088.jpg

通常の花期は、10月~11月ですが、
我が家のウインターコスモスは、今日も咲いています。

黄色が濃い方が”笑顔”、黄色の薄い方が“微笑”と名札が付いていました。
このウインターコスモスのように、寒さに負けずに、
”笑顔”“微笑”で、幸せな気持ちで過ごしたいです。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 9年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle