シャコバサボテン

今日は、シャコバサボテン(莎木庭仙人掌)、デンマークカクタス (サボテン科)です。
このシャコバサボテンは、2007.11.10の私の誕生日に、
主人からのプレゼントです。
4年目の今年も順調に開花しました。

2011.11.07 撮影 蕾がたくさん付いています。
1112587.jpg

1112588.jpg

1112563.jpg

2011.11.11 撮影 蕾が膨らんでいく様子です。
1112564.jpg

1112565.jpg

1112566.jpg

2011.11.12 撮影 開花しました。
1112567.jpg

1112568.jpg

2011.11.16 撮影
1112569.jpg

2011.11.17 撮影
1112570.jpg

1112571.jpg

1112572.jpg

2011.11.21 撮影 咲き誇っています。
1112573.jpg

1112574.jpg

1112575.jpg

1112576.jpg

1112577.jpg

1112578.jpg

2011.11.23 撮影
1112579.jpg

2011.11.26 撮影
1112580.jpg

1112581.jpg

2011.11.29 撮影
1112582.jpg

2011.12.31 撮影
1112583.jpg

1112584.jpg

11月初めから蕾が膨らみ始め、
今日、12月31日まで私たち夫婦を楽しませてくれました。
今年は、6月から9月まで、屋外の軒下に置いていたので、
たくさんの太陽を浴びて、こんなに豪華に咲き誇りました。

2007年の様子です。
2007.11.13 撮影
1112585.jpg

1112586.jpg

毎年、私の誕生日を祝ってくれるように咲いてくれるシャコバサボテン。
これからも大事に育てていきたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

プルネラ フリーランダー

今日は、プルネラ フリーランダー (シソ科)です。
「香木の森」で、購入した花苗の寄せ植えに、
アイビーゼラニウム、ガウラ、イソトマと
このプルネラ フリーランダーも入っていました。

この花、少し地味で、よく見ないと花が咲いているのがわからないのです。
春から晩秋まで花が咲き、強健で、
暑さ強さにも強く、梅雨時の多湿さえ気を付ければ、宿根になると書いてありました。

2011.05.31 撮影 ガウラとイソトマの間に。
1112514.jpg

2011.07.10 撮影 花茎から蕾
1112536.jpg

2011.07.13 撮影 可愛い花です。
1112537.jpg

2011.09.05 撮影
1112538.jpg

初めて育てる花でしたが、夏の間、花茎が伸びると花が咲き、
小さな苗が殖えていきました。

12月に入って、気が付くと、寄せ植えの中で、
一番大きく成長していました。

2011.12.15 撮影
1112539.jpg

2011.12.28 撮影
1112540.jpg

2011.12.29 撮影 全体の様子です。
1112561.jpg

イソトマの時に今の状態の写真がなかったので、撮影しました。
1112562.jpg

来年は、地味ではなくなるぐらい、苗が育っているでしょ。
いい意味で思い違いでした。
小さくても根性のあるプルネラ フリーランダーでした。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ブーゲンビレア

今日は、ブーゲンビレア、イカダカズラ(筏葛) (オシロイバナ科)です。

2004年の母の日に息子からプレゼントされたブーゲンビレアが、
2~3年前から枝だけ伸びて、花をつけなくなっていましたが、
今年は、とうとう、新芽も出なくなって枯れてしまいました。
どうしようと思いながら、鉢をそのままにしていましたが、
シランの鉢替えの時に思いきって処分して、シランを植え替えました。

そうした時、花屋さんで、見切り品のブーゲンビレア=300円を見つけ、
9月29日に購入しました。

2011.09.29 撮影 まだ花も咲いています。
1112541.jpg

1112542.jpg

1112543.jpg

1112544.jpg

花びらのように見える苞が3枚、その葉脈に花を3個つけます。
強光を好むようですが、秋になるので、室内で育てる事にしました。
花は、落花せずにいましたが、ふと気が付くと、
元気な枝が陽射しに向かって伸びて、花を付けていました。

2011.11.07 撮影 シャコバサボテンの間をぬって。
1112545.jpg

2011.11.16 撮影 りっぱな花。
1112546.jpg

2011.12.04 撮影 どんどん咲いています。
1112547.jpg

2011.12.10 撮影 こんなに伸びて、花を付けて。
1112548.jpg
               先端の蕾
1112549.jpg

2011.12.11 撮影 日増しに花も大きくなって。
1112550.jpg

1112551.jpg

1112552.jpg

2011.12.19 撮影 シャコバサボテンの花もたくさん咲いているので、
               日陰になりそうなので。
1112553.jpg
               持ち上げて、S字フックに引っかけて。
1112554.jpg
               陽が射すと。
1112555.jpg

2011.12.29 撮影 今日のブーゲンビレア。
1112556.jpg
               陽が射すと。
1112557.jpg

ブーゲンビレアは、越冬温度は、3~5度で、
10度以上で、冬も開花するようです。
今度は、花後、伸びすぎた枝を選定して、
来年も再来年も咲き続けるように管理しようと思います。

旅先で見たブーゲンビレアの写真を。

2011.06.18 撮影 「くじゅう花公園」にて。
1112558.jpg

2011.06.13 撮影 「グラバー園の旧グラバー邸温室」にて。
1112559.jpg

1112560.jpg

温室ではないので、ここまで、大きくならないとは思いますが、
大きくならなくても、長生きしてほしいと思います。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

イソトマ

今日は、イソトマ、ヒッポブロマ、ラウレンティア (キキョウ科)です。

以前に、アイビーゼラニウムの時、紹介した「香木の森」で購入した花苗の
寄せ植えに、ガウラ(ピンク)と共にイソトマ(白・桃・青)もありました。

2011.05.31 撮影 寄せ植えの写真です。(下側、左から白・桃・青の順に)
1112514.jpg

2011.06.29 撮影 鉢の向きを変えたので、青・桃・白の順に咲いています。
1112515.jpg

2011.07.04 撮影 小さかったイソトマがぐるりと鉢を囲んで成長しています。
1112516.jpg

2011.07.10 撮影 おひさまの方に伸びて、たくさんの花。
1112517.jpg

2011.07.13 撮影 鉢からはみ出して咲いています。
1112518.jpg

2011.07.31 撮影 ガウラと共に横に出過ぎです。
1112520.jpg

2011.08.25 撮影 これは、こぼれ種から成長したイソトマ。
1112521.jpg

2011.10.16 撮影 これは、寄せ植えのイソトマ青
1112522.jpg

2011.11.11 撮影 これは、寄せ植えのイソトマ白
1112589.jpg

他色の花のアップの写真は、ありませんが、5弁の花びらが可愛く、
爽やかな星形の花、イソトマです。

長い期間、花を咲かせる1年草扱いですが、
最盛期を過ぎて刈り込みをすると、宿根草になります。
桃と白は、早めに花が終わったので、刈り込みをしたら、
もう新しい芽が10センチくらいに成長しています。
青のみまだ先端が緑なので、刈り込みできずにいますが、
非耐寒性なので、もう少ししたら刈り込みたいと思います。

2009年にも「香木の森」で、ガウラとイソトマを購入して寄せ植えにしました。

2009.05.11 撮影 イソトマ青・桃です。
1112523.jpg

2009.05.17 撮影
1112524.jpg

1112525.jpg

1112526.jpg

2009.07.07 撮影 手前が1代目のブルーデージーです。
1112527.jpg

そして、秋・冬を過ごして、2010年になると、

2010.03.08 撮影 奥のブロック塀の前、支柱をしているのがイソトマです。
1112528.jpg

2010.05.10 撮影 3段の支柱を越えて、50センチ以上に成長しています。
1112530.jpg

2010.05.19 撮影
1112531.jpg

2010.06.01 撮影
1112533.jpg

2010.06.10 撮影
1112535.jpg

2010年は、イソトマの成長が著しかったので、
ガウラは、小さく育ちました。
この後、イソトマの刈り込みをすると、冬に枯れてしまいましたが、
2011年は、ガウラの成長が著しかったです。

冬の天候にも寄るのでしょうが、今年は、イソトマもガウラも
上手く冬越し出来そうです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ガーデンシクラメン

今日は、ガーデンシクラメン、カガリビバナ(篝火花) (サクラソウ科)です。

家の中で、何度もシクラメンを育てましたが、球根なのに一年草で、
毎年、新しいのを購入していました。
それで、ガーデンシクラメンを育てる自信がなかったのですが、
2010年11月の私の誕生日に、孫から、一株プレゼントされました。
それにわたしが、2株足して、1鉢に植えました。

このガーデンシクラメンは、シクラメンに比べるとミニですが、強健です。

2010.11.19 撮影 この中の濃いピンクが孫から貰ったものです。
1112494.jpg

2010.12.18 撮影 他のに比べると元気がないですが。
1112495.jpg

2011.02.09 撮影 雪に負けたのか、冬の中、やはり元気がありません。
1112496.jpg

同じ鉢の中でも成長に違いがあります。
ガーデンシクラメンは、本格的な寒さがくる前に植えつけると、
十分に根が張って、耐寒性を増すということなので、
11月半ばに植えつけたのに・・・・・

ガーデンシクラメンの花期は、10月から4月です。
ところが、8月濃いピンクの花が。
薄いピンクは全く葉がなく、赤は少しの葉なのに。

2011.08.16 撮影 夏なのに葉も立派です。
1112497.jpg

本来の花期になると、赤が先に咲きましたが、濃いピンクも。

2011.11.02 撮影
1112498.jpg

2011.11.10 撮影 ちょうど一年目です。
1112499.jpg

2011.11.30 撮影 花数も蕾も増えました。
1112500.jpg

2011.12.2 撮影 昨年より立派です。
1112501.jpg

1112502.jpg

2011.12.04 撮影
1112503.jpg

2011.12.06 撮影 花は、一週間くらい咲いているようです。
1112504.jpg

2011.12.09 撮影 また花数が増えています。(雨ですが)
1112505.jpg

1112506.jpg

1112507.jpg

1112508.jpg

2011.12.11 撮影 まだたくさん蕾があります。
1112509.jpg

1112510.jpg

2011.12.12 撮影
1112511.jpg

2011.12.19 撮影 右横は、ボロニアです。
1112512.jpg

1112513.jpg

同じ鉢の他の色より、今は、一番元気です。
今日も冬の寒さの中、ガーデンシクラメンの濃いピンクは、花を付けています。
可愛い花がたくさん、冬の間中、咲き続けてほしいと思います。




テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ブルーデージー

今日は、ブルーデージー、ルリヒナギク(瑠璃雛菊) (キク科)です。
ブルーデージーは、半耐寒性宿根草で、四季咲き性があり、
夏の高温多湿期は、開花を休みますが、秋~初冬にも開花します。

2008年秋に1代目を育て始めましたが、不勉強なため、
2009年夏、休眠期に鉢替えをして、枯らしてしまいました。

3代目のブルーデージーの写真です。2010年春、購入しました。
2010.04.05 撮影
1112476.jpg

これも、夏の高温多湿期に葉が茂りすぎて、蒸れてしまって、
枯れてしまいました。
1・3代目が枯れたことで、春の花が終わったら、
通風のために刈り込みをして、日陰で管理するということを勉強しました。

そして、2代目。
これは、2009年秋に葉に班が入ったものを購入しました。
ブルーデージー2本と黄色のパンジーの寄せ植えです。
2010.03.30 撮影 右横は、ムスカリです。
1112492.jpg

2010.04.10 撮影
1112493.jpg

2010.05.04 撮影
1112477.jpg

春は、毎日、たくさんの花が咲きました。
花がら摘みもたいへんなので、摘みやすいように、鉢を下段に移動しました。
2代目を刈り込み、一緒に植えていた黄色のパンジーを処分すると、
鉢が寂しくなったので、4代目を購入して植えました。

このブルーデージーは、薄青紫色の花弁の可愛らしさと、
黄色の花芯のあでやかさが同時に楽しめ、
青と黄の対比も美しいと思います。

そして、夏の終わりにポツポツ開花を始めました。
2011.08.30 撮影
1112478.jpg

2011.09.09 撮影
1112479.jpg

2011.09.22 撮影 上のランタナの方まで伸びて。
1112480.jpg

2011.10.18 撮影
1112481.jpg

秋になって、株が充実してきました。
2011.10.20 撮影 左横はクフェアです。
1112482.jpg

1112483.jpg

12月に入っても咲いています。
2011.12.13 撮影
1112484.jpg

1112485.jpg

2011.12.14 撮影
1112486.jpg

2011.12.19 撮影
1112487.jpg

1112488.jpg

2011.12.20 撮影
1112489.jpg

1112490.jpg

そして、今日。少し見えにくいですが、3輪咲いています。
2011.12.26 撮影
1112491.jpg

2・4代目は、上手く夏越えをしてくれました。
4代目は、初めての冬越え、上手くいって、
来春は、2・4代目がたくさん花を咲かせますように。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

サザンクロス

今日は、サザンクロス、クロウエア (ミカン科)です。
名札には、サザンクロス ”クロウエア サリグナ”と書かれています。

サザンクロス・・・南十字星を意味しますよね。
可愛い星型のピンクの花です。
以前に育てていたのですが、ある日突然枯れてしまって、
可愛い花だったので、探していたら、10月13日に近くの花屋さんで
出逢って、購入しました。
ブログを始めてからの購入なので、たくさん写真がありました。

2011.10.14 撮影 購入して植え付け時の記念撮影。
1112475.jpg

1112448.jpg

2011.10.18 撮影
1112450.jpg

1112451.jpg

2011.11.01 撮影 まだ蕾の方が多いです。
1112452.jpg

2011.11.02 撮影
1112453.jpg

2011.11.04 撮影
1112454.jpg

1112455.jpg

2011.11.07 撮影
1112456.jpg

2011.11.10 撮影 かなり開花しました。
1112457.jpg

1112458.jpg

2011.11.16 撮影
1112459.jpg

1112460.jpg

2011.11.23 撮影
1112462.jpg

1112463.jpg

1112464.jpg

2011.11.30 撮影 花がらは、自然に落ちています。
1112465.jpg

2011.12.09 撮影
1112466.jpg

1112467.jpg

1112468.jpg

2011.12.12 撮影 いつもと反対側から。
1112470.jpg

1112469.jpg

1112471.jpg

1112472.jpg

2011.12.15 撮影
1112473.jpg

2011.12.19 撮影
1112474.jpg

サザンクロスは、非耐寒性常緑低木です。
いろいろネットで検索しましたが、0度から3度までは、耐えられるみたいです。
この寒い今日も咲いています。
ガーデンシクラメンと寄せ植えして、玄関前の軒下に置いてあるので、
0度以下にならなければ、咲き続けてくれると思います。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ブルーベリー

今日は、ブルーベリー (ツツジ科)です。

ばぁば農園のおいしい家庭果実・・・ワイルドストロベリー、いちご、ラズベリーときたら、
次は、ブルーベリーです。

我が家のブルーベリーは、中間地~暖地向きのラビットアイ系、
「ウッタード」と「ラヒ」の2種を同じ鉢に植えています。
ラビットアイ系は、暑さに強いということですが、
夏の乾燥には弱いので、生育期間中に、絶対水を切らさないよう、
たっぷり水やりをしました。

11月から12月に「ウッタード」の紅葉が楽しめましたので、その様子から。
「ラヒ」は、落葉しました。
日付は遡ります。

2011.12.08 撮影 真っ赤です。
1112414.jpg

2011.11.28 撮影 紅葉の見ごろだと思いましたが。
1112415.jpg

1112416.jpg

2011.11.17 撮影 紅葉しはじめました。(陽が当たって。)
1112417.jpg

1112418.jpg

このブルーベリーも実の写真がありません。
昨年よりは、実なりが少なかったですが、それなりに食べたのに・・・・・

花の写真は、昨年たくさん撮ってありました。

2010.06.14 撮影
1112419.jpg

2010.04.30 撮影
1112420.jpg

1112421.jpg

2010.04.15 撮影
1112422.jpg

2010.04.02 撮影
1112423.jpg

2010.03.03 撮影
1112424.jpg

いちご類はバラ科ですが、ブルーベリーはツツジ科です。
花は、「ドウダンツツジ」に似ていますね。
そしてこの花のほとんどが、結実して、美味しいブルーベリーになります。
ブルーベリーも完熟がすごく美味しいです。

ブログを始めて、ブルーベリーの紅葉を認識することが出来ました。

来年は、花、実、紅葉のすべての写真を撮って紹介したいと思います。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ラズベリー

今日は、ラズベリーとブラックベリー (バラ科)です。

昨日、ストロベリーを書いた時にいちごの花の写真がなかったので、
探していた時、見つけたラズベリーの花を。
時期は、ずれていますが。
しかも、ラズベリーとイエローラズベリーとブラックベリーが一株ずつ
ありますが、どれの花かわかりません。
重ねて、こちらは、実の写真が2枚のみです。

2011.06.03 撮影
1112440.jpg

2011.06.03 撮影
1112441.jpg

今年は、この2枚のみ、確かブラックベリーも食べたのですが・・・
ブラックベリーは、充分に熟さないと美味しくなかったことは、覚えています。

昨年は、5枚ありました。

2010.06.08 撮影
1112446.jpg

2010.06.10 撮影
1112442.jpg

2010.06.10 撮影
1112443.jpg

2010.06.11 撮影
1112444.jpg

2010.06.13 撮影
1112445.jpg

少し、ピンクが入った綺麗な花です。
昨年、購入苗で、花が咲いたのがうれしくて、毎日のように撮っていますが、
実の写真が1枚。

ラズベリー類は、夏の暑さに弱いので、乾燥させないように気を付ければ、
自家結実するので、1本植えで良いので、育てやすいです。

来年は、それぞれ、わかるように花と実の写真を撮りたいと思います。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ストロベリー

今日は、ストロベリー (バラ科)です。

今日、4歳の孫が、ばぁば農園のワイルドストロベリーを
摘み取って、食べて、美味しいと言っていましたので。

①ワイルドストロベリー
 これは、2009年に「香木の森」で購入しました。
 3株がランナーで殖えて、今では65センチプランター4個分あります。
 四季を問わず花が咲いて、実がなります。

2011.11.03 撮影 ワイルドストロベリーの花です。
1112425.jpg

2011.11.07 撮影  ワイルドストロベリーの実です。
1112427.jpg

2011.11.10 撮影
1112428.jpg

2011.11.15 撮影
1112430.jpg

2010.10.06 撮影 親株のワイルドストロベリーの実です。
1112431.jpg


②いちご(宝交早生)
 これは、2008年秋に3株100円を9株購入しました。
 いちごの花の写真は、撮っていませんでした。
 こちらは、65センチプランターが3個から14個に殖えています。
 紅葉の写真があるので、それから遡ります。

2011.12.13 撮影 紅葉でしょうか?枯れてるのでしょうか?
1112432.jpg

               ちょっと離れてみます。
1112433.jpg
この後、あきらかに、枯れた葉は、切り取りました。

2011.11.14 撮影 ストロベリーばぁば農園の様子です。
1112434.jpg
手前は、ワイルドストロベリーです。

2011.06.01 撮影 いちごの実の状態です。
1112435.jpg

1112436.jpg

1112437.jpg
5月中旬から6月下旬まで、毎日、孫とコーギー犬とがたくさん食べました。
たくさん生って、ボール一杯分一日で採れた時には、
娘がジャムを作って食べました。

これは、最初の年のいちごの様子です。
9株でしたから、割りばしで、支えを作っていました。
2009.05.15 撮影
1112447.jpg

いちごの花の写真が2010年にありましたが、
これは、当時3歳の孫の撮影です。
2010.03.30 撮影
1112438.jpg

1112439.jpg

ばぁば農園は、無農薬ですが、実がだんだん充実してきているようです。
ワイルドストロベリーは、いつも食べられますが、数が少ないです。
いちごは、期間限定ですが、大量に出来ます。
どちらも、来年は、もっと殖えると思います。



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ラベンダー

今日は、ラベンダー (シソ科)です。

①我が家で一番に咲くラベンダーは、フレンチラベンダーです。
 寒さには弱いですが、耐暑性があり、暖地ではよく育つそうです。
 常緑低木となっていますが、我が家のは、今はもう葉は枯れています。

2011.04.21 撮影
1112390.jpg


1112391.jpg

2011.04.30 撮影
1112392.jpg


②次のラベンダーは、娘から枝をもらって挿し木したものです。
 普通のラベンダーより色が薄いようです。
 我が家では、このラベンダーだけが、常緑です。

2011.05.24 撮影
1112393.jpg

1112394.jpg


③次がこのラベンダーです。
 ラベンダーには、イングリッシュ(コモン)系とラバンジン系とあるそうですが、
 どちらかわかりません。

2011.06.03 撮影
1112395.jpg


④最後に咲くのがレースラベンダーです。
 このレースラベンダーは、2009年4月26日に熊本県菊池市の
 フラワーヒル菊池高原で、咲いている苗を購入しました。
 その頃と昨年の写真がありませんが、今年は9月が初めての写真でした。

2011.09.28 撮影
1112396.jpg

2011.10.26 撮影
1112397.jpg

1112398.jpg

2011.11.07 撮影
1112399.jpg

1112400.jpg

2011.11.13 撮影
1112401.jpg

1112402.jpg
           全体の写真で、他のラベンダーと葉が違うのがわかります。
1112403.jpg

1112404.jpg

2011.12.06 撮影
1112406.jpg

1112407.jpg

2011.12.13 撮影
1112408.jpg

このレースラベンダーは、今も咲いています。
耐寒性はありますが、高温多湿には弱いようです。
花後、茎が枯れる時には、黒色に変化するので、
切り戻しのタイミングはすぐわかります。

レースラベンダー以外のラベンダーは、晩秋に強剪定して、
冬越しをします。
強剪定をしたほうが、株の寿命を長く保つことができるそうです。
長く生きててほしいラベンダー達です。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

クフェア

今日は、クフェア、メキシコハナヤナギ、クサミソハギ (ミソハギ科)です。

この花は、昨年、8月に北九州で、高校の同窓会があった時、
時間つぶしに入ったホームセンターで一株90円を5株購入しました。
こちらで、よく通る道の傍に10本並べて地植えしてあって、
可愛い花だと思っていましたから。

帰って調べると、
「陽のよく当たる場所を好みますが、ある程度の半日陰でも生育します。
寒さに弱いので、出来れば冬は日当たりのよい室内に移動させると
上手に冬越しさせることが出来ます。」と書いてありました。

一鉢に入るほど小さな苗でしたが、半耐寒性低木だし、
よく見るところは、こんもりと50センチくらいに育っていたので、
3株と2株、2鉢に植えこみました。

購入から順に紹介します。

2010.09.05 撮影 3株の方です。20日でこの大きさです。
1112374.jpg

2010.09.07 撮影 花は、枝が伸びてない方が、たくさん咲いています。
1112375.jpg

2010.10.01 撮影 1センチ足らずの小さな花です。
1112376.jpg

1112377.jpg

1112378.jpg
                こちらが2株の方です。
1112379.jpg

花期は、4月から11月と長いようです。
小さなピンクの花が次から次と咲きました。

冬、室内に入れませんでした。
地植えしてあるクフェアを見ると、20センチほどに、
みんな刈り込みされていましたので、
私も同じように刈り込みをして、冬越しすることにしました。
私の方は、若い枝が枯れてきていたので、10センチほどに。

今まで、こんなに刈り込みをしたことがなかったので、心配しました。
今春、大きく育っていた3株の方は、若い芽がどんどん伸びてきましたが、
2株の方は、同じように軒下で管理しましたが、ダメでした。

今年の写真は、10月から12月です。

2011.10.05 撮影 若い枝がたくさん伸びました。
1112380.jpg

1112381.jpg

2011.10.06 撮影
1112382.jpg

2011.10.16 撮影
1112383.jpg

2011.10.18 撮影
1112384.jpg

1112385.jpg

2011.11.09 撮影
1112386.jpg

1112387.jpg

2011.11.12 撮影
1112389.jpg

2011.12.14 撮影
1112388.jpg

刈り込みによく耐えて、今年の方が、花数は多かったようです。
水を好むので、特に夏場は水やりをこまめにたっぷりとしました。
今日もまだ咲いているので、刈り込みをしていません。
葉もまだ青々しているので、もう少し枯れたようになってしようと思います。
私にとって刈り込みは、気が重いですが、冬を乗り切るためですから、
がんばらないと。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

アメリカンブルー

今日は、アメリカンブルー、エボルブルス (ヒルガオ科)です。
このアメリカンブルーは、非耐寒性宿根草です。
昨年も夏に近くのホームセンターで、購入して育てましたが、
冬、室内に移動した後、元気がなくなり、今春に、枯れてしまいました。
それで、もう一度、挑戦しようと、今年は、5月に同じホームセンターで、
2株購入しました。
高温乾燥に強く、真夏に、ブルーの花を咲かせます。

2011.05.17 撮影 一株は、オトメキキョウの隣に植えました。(上の方の小さな苗)
1112363.jpg

2011.07.05 撮影 もう一株は、単独で。
1112364.jpg

               綺麗なブルーの花。(単独の方が、花が大きいようです。)
1112365.jpg

2011.07.31 撮影  枝が伸びて、花数が多いです。
1112366.jpg

2011.10.07 撮影  単独の方は、葉の色が少し茶色に。
1112367.jpg

2011.10.22 撮影  単独の方は、上に枝が伸びています。
1112368.jpg

2011.11.16 撮影  こちらは、枝が横に伸びています。
1112370.jpg

1112371.jpg

陽のよく当たる所に置いて、育てたので、大きく成長し、
12月に入っても花を咲かせていました。
最高気温も16度ぐらいあったし、花を咲かせていたので、
屋外に置いていました。

少し寒い日の朝、アメリカンブルーを見ると・・・・・
2011.12.15 撮影
1112372.jpg

一晩で、枯れたような状態です。
南関東以西では、霜の降りないベランダで越冬可能と書いてあったのに・・・
冬は霜に当てず、暖かい場所で管理するとも書いてあったのに・・・
暖かい場所に移動する前に、残念です。
3冊目の本を読んで、納得しました。
それには、越冬には10度以上は必要で、凍結すると枯れてしまうと書かれていました。
最低気温が10度以下になったから、一晩で枯れてしまったのです。
昨年も室内と言っても、玄関の廊下だったので、たぶん10度以下になったと思います。

2度目も宿根草になりませんでした。
もう少し早めに切り戻して、元気のいい枝を挿し木にしておけば良かったのに、
後悔しています。
また来年3度目に挑戦します。

最後に昨年のアメリカンブルーの写真を。

2010.07.23 撮影
1112373.jpg

来夏もこの爽やかなアメリカンブルーの花に出逢えますように。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ディアスキア

今日は、ディアスキア、二カクソウ (ゴマノハグサ科)です。
このディアスキアは、ピンクの可愛い花に魅せられて2009年11月に購入しました。
今日もこの寒さの中、2輪咲いていました。

このディアスキアは、4月から10月が開花となっていますが、
冬でも花数が少なくなりますが咲いています。
そして、半耐寒性宿根草、あるいは夏から秋の一年草となっていますが、
我が家では、冬から春、そして秋に咲いています。

2010年から紹介します。

2010.02.22 撮影 冬の間も戸外で。
1112345.jpg

1112346.jpg

2010.03.02 撮影 蕾もたくさんです。
1112347.jpg

1112348.jpg
               枝が垂れ下がってきました。
1112349.jpg

2010.03.08 撮影 二日前の蕾が開花しています。
1112350.jpg

1112351.jpg

1112352.jpg

2010.03.13 撮影 訪れた方に見てもらおうと玄関前に吊り下げて。
1112353.jpg

2010.03.14 撮影 垂れていた枝が折れたので、水に挿しました。
1112354.jpg

2010.05.04 撮影 たくさん咲いています。
1112355.jpg

昨年の写真の中から取り出しても、2月から5月です。
夏に刈り込みをして、少しコンパクトにしました。

今度は、2011年の写真から。

2011.04.13 撮影 春になると咲き始めました。
1112356.jpg

2011.05.01 撮影 また茎が伸びています。
1112357.jpg

2011.11.02 撮影 秋になって再び咲いています。
1112358.jpg

2011.11.14 撮影 伸びた枝に蕾が付いていたので、鉢の中で丸めると。
1112359.jpg

1112360.jpg

2011.11.16 撮影 姿があまり良くありませんが花は咲いています。
1112361.jpg

2011.12.15 撮影 この季節でも、新しい茎から花が咲いています。
1112362.jpg

長くなりましたが、我が家に来てからのディアスキアの様子です。
ピンク一色で、花径2センチ足らずの小さな花ですが、可愛く、愛着があります。

今は、軒下に移動しましたが、この冬をうまく乗り越えて、
来年も咲いてほしいと願っています。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ユキヤナギ

今日は、ユキヤナギ(雪柳)、コゴメバナ、イワヤナギ (バラ科)です。
12月に入って、ユキヤナギの葉が綺麗に色づきました。
ユキヤナギは、落葉広葉樹・低木なので、この後、葉が落ちると思います。

このユキヤナギは、昨年、5月に花が咲いているのに、
売れ残っていたのを、1本90円で、3本購入しました。
3本のうち2本を娘の庭に、1本を私が鉢植えにしました。
でも、昨年、写真が一枚もないので、どういう状態だったかわかりません。
昨秋に四角いコンテナに植え替えました。
足元に娘からもらったオーニソガラム・ウンベラツムを添えて。

ブログを始めていなければ、紅葉にも気付かなかったと思います。
このユキヤナギも遡って紹介します。

2011.12.09 撮影
1112322.jpg

1112323.jpg

2011.12.06 撮影
1112324.jpg


春に咲いていた時の写真を。
この花の写真がたくさんありました。
小さい白い花が枝いっぱいに雪のように咲いています。

2011.04.05 撮影
1112325.jpg

1112326.jpg

2011.03.31 撮影
1112327.jpg

2011.03.29 撮影
1112328.jpg

1112329.jpg

2011.03.26 撮影
1112330.jpg

2011.03.23 撮影
1112331.jpg

ユキヤナギの花の蕾は、ピンクで、
白い花びらにもうっすらとピンクが入っています。
開花時には、花芯もよく見えるのですね。

ルリマツリの時も他で咲いているのを見たのが育てるきっかけでしたが、
このユキヤナギもそうです。
これは、今年の写真ですが、昨年も同じ時期に、
江津市の菰沢公園に娘夫婦とコーギー犬と孫と遊びに行った時に見ました。

2011.04.06 撮影
1112333.jpg

1112334.jpg

すごいでしょ。
これを見たら、育てたくなりますよね。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

センニチコウ

今日は、センニチコウ(千日紅)、センニチソウ、ゴンフレナ (ヒユ科)です。
この花は、非耐寒性一年草ですから、夏から晩秋、6月~10月に咲きます。
前も育てていましたが、今年8月末にまた3色苗を購入しました。

花茎の先に愛らしい球形の花、これは、苞が発達して色づいたものですが。
カサカサしていてこのまままで、ドライフラワーのようです。
苞の中に白い花が見えるのが、可愛くて、購入してしまいます。

3色を一緒に植えて、日当たりのよい所に置きました。
やや乾燥を好むということなので、水やりは、控え目にしました。

2011.09.05 撮影
1112335.jpg

1112336.jpg

1112337.jpg

2011.09.21 撮影 台風の夜、ピンクが倒れました。
1112338.jpg

2011.09.25 撮影
1112339.jpg

2011.10.13 撮影
1112340.jpg

2011.10.16 撮影
1112341.jpg

1112342.jpg

1112343.jpg

12月12日ぐらいから寒くなって、色も褪せてきたので、
玄関先から、裏の方に置き換えました。
一年草でも五か月も咲いてくれて感謝です。
前の分も、ドライフラワーとして飾ってありますし、
今年もドライフラワーにして飾れます。

ブログを書くために、前のセンニチコウの写真を探していたら、見つけましたが・・・
なんと、今年と全く同じ鉢、同じ配色でした。

2009.07.25 撮影
1112344.jpg

2年前から、私の好みは変わらないものですね。

あと、本には、「赤い’ストロベリーフィールド’が人気品種です。」と書いてあります。
今度は、赤も入れようかなぁ。
春の種蒔も経験しないとね。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ルリマツリ

今日は、ルリマツリ、プルンパコ (イソマツ科)です。
このルリマツリは、やさしい雰囲気の水色の花が、初夏から秋まで咲き続けます。
常緑つる性植物なので、よく枝分かれして伸びるようです。

購入したのは、2009年8月です。
熱帯原産の植物ですが、関東以西の日当たりのよい場所では、
露地植えができ、越冬もできるとありました。

今年の写真は、何故か、秋のみでした。

2011.09.22 撮影
1112312.jpg

2011.09.25 撮影
1112313.jpg

2011.10.04 撮影
1112314.jpg

初夏から咲いていたはずなのに、写真がありません。
考えられるのは、
生育が旺盛で、枝が良く伸びるということでしたが、
今年は、冬に雪が降って、昨年伸びていた枝が折れてしまって、
根元の方からまた2本、夏になってから伸びてきたので、開花が遅れたようです。

次は、昨年の写真です。
今年より枝が大きいのがわかります。

2010.07.23 撮影
1112315.jpg

2010.10.06 撮影
1112316.jpg

2010.10.10 撮影
1112317.jpg
ほら、向こうの方まで、かなり伸びているでしょ。
枝分かれもたくさんしているし、花穂もたくさん。


2009年の購入から少し経った時の写真です。
まだ、小さいですが。

2009.08.19 撮影
1112318.jpg

1112319.jpg

1112320.jpg


そして、この下の写真が、ルリマツリを育ててみたいと思うきっかけになった鉢です。
山口県下関市の彦島のフェリーのりばに飾ってありました。

2009.07.12 撮影
1112321.jpg

こんな淡い水色の花が、たくさん咲いていいなぁと思っていると、
夏に、花屋さんで売られているのを見つけて、購入しました。
それから、調べると、病害虫の心配もなく、育てやすいとあったので、
安心していました。
やはり、南アフリカが原産なので、冬越しにもっと気を使うべきでした。

今年は、花の時期が少なくても、生きていたのだから、
また、大きくなるでしょう。
いつかは、彦島の植木鉢のように。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

金魚草 その2

今日も金魚草、スナップドラゴン、アンティリヌム (ゴマノハグサ科)です。

和名の金魚草は、ひれを広げて泳いでる金魚のイメージ、
英名のスナップドラゴンは、口を広げてぱくりと噛みついた龍、あるいは龍の頭のイメージ、
アンティリヌムは、ギリシャ語の鼻のようなというイメージだそうです。

金魚といえば、赤い金魚で、昨日は紹介しましたが、
今日の金魚草は、何を連想されますか?
熱帯魚でしょうか。

この金魚草も、遡って紹介します。

2011.11.07 撮影 優しい色です。
1112300.jpg

1112301.jpg

1112302.jpg

2011.11.02 撮影 
1112303.jpg

2011.11.01 撮影
1112304.jpg

この金魚草も春に咲いていました。
この金魚草は、2009年冬、オキザリスパーシーカラー、パンジー、デージー、
スイートアリッサムと一緒に寄せ植えしていたものです。
なので、2010年春の写真を見てください。

2010.05.19 撮影
1112305.jpg

2010.05.14 撮影
1112306.jpg

2010.05.13 撮影
1112307.jpg

こんな金魚草もあります。

2010.05.14 撮影
1112308.jpg

違う鉢にも違う色の金魚草。

2010.06.12 撮影
1112309.jpg

2010.06.11 撮影
1112310.jpg

もうひとつ、違う鉢も。

2010.04.30 撮影
1112311.jpg

国が違ったら、呼び名やイメージが違うように、
色が違うと、金魚ではないものを連想しませんか?

今日、紹介の金魚草は、みんな2009年に購入したものが、
3年間にわたり咲いて、今も咲いています。
中には、枯れていくものもありますが、
4月~7月、9月~12月と8ヶ月間も咲いてくれる愛しい花です。
私の庭には、この明るい金魚草が、なくてはならない花です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

金魚草 その1

今日は、金魚草、スナップドラゴン、アンティリヌム (ゴマノハグサ科)です。

日本名の金魚草は、花の形が金魚に似ているから付いたようです。
私にとっては、金魚草があまりにもポピュラーな花で、
いつも3鉢ぐらいは、金魚草が色とりどり咲いているので、
金魚に見える写真を撮ってなく、
12月に入ってもまだ咲いているので、
なかなかブログにアップできませんでした。
金魚と言えば、「赤い金魚」のイメージがあるので、
赤い金魚草の写真を載せます。

これも、2011年12月から、遡ります。

2011.12.09 撮影 蕾です。
1112284.jpg

2011.11.01 撮影 金魚が泳いでいるように見えますか?
1112285.jpg

1112286.jpg

2011.10.23 撮影 アップにすると、金魚に見えますね。(少しボケてますが)
1112287.jpg

1112288.jpg
                これがよく似ていますね。
1112289.jpg

金魚草、一般的には、一年草扱いですが、秋は、2回目の開花です。

春の花後、花柄摘みと、枯れた花茎の切り戻しをすると、秋にもう一度咲きます。
なので、春にも咲いています。

2011.05.18 撮影
1112290.jpg

1112291.jpg

2011.05.17 撮影
1112292.jpg

1112293.jpg

そして、この赤の金魚草は、2009年12月に購入したものです。
この時は、お正月用に葉ボタン2株、バコバ、プリムラ・ジュリアン、
パンジー3株と寄せ植えです。
うまく宿根草になった優等生なので、2010年の写真もあります。

2010.05.19 撮影
1112294.jpg

2010.05.13 撮影
1112295.jpg

2010.03.08 撮影 左奥です。
1112296.jpg

もう一鉢の金魚草も遡って紹介します。

2011.08.03 撮影 薄いピンクと赤の金魚草は、違う鉢から移植したもの。
1112297.jpg

2011.03.05 撮影
1112298.jpg

2011.02.09 撮影
1112299.jpg

植え付けからの変化がわかると思います。
金魚草の矮性種なので、植えつけした時は、
きちんと同じ高さで並んでいますが、
それぞれの花苗の成長度合いが異なるし、
徒長してくるので、乱れていきます。
枯れていくのもあるので、どれもいい状態とはいきません。
でも、安い苗なのに長生きしてくれると嬉しいです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

オキシぺタラム

今日は、オキシぺタラム、ブルースター、ルリトウワタ(瑠璃唐綿) (ガガイモ科)です。
この花は、2009年9月に長女が「香木の森」で購入してくれた贈り物です。
花期は、5月~10月で、非耐寒性宿根草です。
ツル性で茎が伸びやすく倒れやすいので、支柱をたてています。

今年は、11月も咲いていたので、
隣の方から、「珍しい綺麗な花ね。」と言ってもらえました。
嬉しくなって、隣の方には、種を差し上げました。
種まきは、4月~6月にすれば、夏には開花するようです。

涼感のあるブルー(空色)の5弁花が魅力的です。
咲き始めと咲き終わりに少しピンクを帯びます。

この花のことを書こうと、今年の写真を調べたら、少ししかなかったので、
昨年の写真から、紹介します。

2010.05.25 撮影 綺麗な空色の花です。
1112264.jpg

2010.05.30 撮影 蕾はピンクです。
1112265.jpg

2010.06.02 撮影 貰った時、草丈15センチでしたが、もう60センチあります。
1112266.jpg

1112267.jpg

1112268.jpg

2010.06.04 撮影 たくさん開花しています。
1112269.jpg

1112270.jpg

1112271.jpg

2010.06.07 撮影 切り戻しなしでも枝分かれして伸びています。
1112272.jpg

2010.06.10 撮影 どんどん伸びて、つぼみもたくさん。
1112273.jpg

2010.06.13 撮影 開花もたくさん。
1112274.jpg

2010.06.16 撮影 花の色が少し濃くなったようです。
1112275.jpg

1112276.jpg

1112277.jpg

これからずーと咲き続けたと思いますが、
昨年は、6月18日から7月20日まで、主人の『還暦記念旅行』と称して、
東日本と北海道を33日間、車で旅をしていたので、写真はありません。

帰って数日すると、2009年には、出来なかった種が出来ていました。
たぶん、花柄摘みをしなかったためでしょう。
小さな花からは想像が出来ないくらいの大きな鞘に
無数のタンポポの種のような綿毛の付いた種です。
花径は3センチ、鞘の長さは15センチくらいです。

2010.08.09  
1112278.jpg

昨年たくさん写真を撮った記憶があって、今年は少なかったみたいです。
そして今年の写真の中から。

2011.06.08 撮影
1112279.jpg

1112280.jpg

2011.06.11 撮影
1112281.jpg

2011.06.20 撮影 成長は80センチで止まったようです。
1112282.jpg

2011.10.04 撮影 この間に種の鞘が5個ぐらいできました。
1112283.jpg

昨年は、玄関の軒下でずーと育てて、耐暑性があるようなので、今年は、戸外で育てました。
12月になって、日当たりのよい軒下に移動しました。
今年は、昨年に比べると、花数は少なめですが、長い期間咲いていたと思います。
約半年間は、咲いていました。

日当たりが良く、乾燥した環境を好み、多湿を避け、風通しの良いところがいいようです。
来年も咲いてくれると思いますが、念のため、種を育てたいと思います。
冬越し出来ない時にで、充分間に合いますね。
せっかく種があるので、がんばって、種から育ててみたいです。



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

紅葉 その5

今日は、紅葉をもうひとつ。
我が家の近くを紅葉を探して、散歩しながら、写真を撮る練習をしてみました。
ブログを見て、アドバイスをいただいたので、かなり頑張ってみましたが・・・

2011.12.05  撮影  ①
1112239.jpg

2011.12.05  撮影  ②
1112240.jpg

2011.12.05  撮影  ③
1112241.jpg

2011.12.05  撮影  ④
1112242.jpg

2011.12.05  撮影  ⑤
1112243.jpg

2011.12.07  撮影  ⑥
1112244.jpg

2011.12.07  撮影  ⑦
1112245.jpg

2011.12.07  撮影  ⑧
1112246.jpg

2011.12.07  撮影  ⑨
1112247.jpg

2011.12.07  撮影  ⑩
1112248.jpg


家の近くにも綺麗なモミジ、見つけました。
12月に入ってからなので、あまり天気はよくありませんが、いかがでしょうか。

本当に、ブログを始めて良かったと、思いながら、
彼女に感謝しながら、撮りました。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

銀杏

今日は、銀杏です。
近所の法面に植わっている銀杏の紅葉の写真を撮ってみました。
今年は、なかなか色づかなくて、何度も通いました。
家から、2分の所なのに、陽が射したと思って出かけると、
銀杏の上には、雲。
12月に入って寒くなったのと、天気が悪かったのと、
私の腕が悪いのとで、上手く撮れていませんが・・・

2011.12.03 撮影  雨ですが、かなり色づいていたので。
1112082.jpg

1112083.jpg

2011.12.05 撮影  曇りです。電線が・・・
1112084.jpg

1112085.jpg

1112086.jpg

2011.12.06 撮影  晴れです。 
1112087.jpg

1112088.jpg

1112089.jpg

1112090.jpg

1112091.jpg

2012.12.07 撮影  曇りですが、明日は雨の予報なので。
1112151.jpg

1112155.jpg

1112156.jpg

1112158.jpg

1112160.jpg

2011.12.09 撮影 もう散り始めました。
1112196.jpg

ブログに載せようと毎日、たくさん撮りましたが、なかなかうまくいきません。


下の写真は、2010.11.27 撮影 です。

1112197.jpg

1112198.jpg

今年より10日ぐらい早く色づいています。
青空に銀杏が映えますね。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

オキザリス ソフィア

今日は、オキザリス ソフィア (カタバミ科) です。
この花は、2009年9月に隣町の花屋で、3株100円で購入しました。

2009年10月には、10輪ほど咲いていましたが、
昨年はあまり咲かなかったので、横30センチのポットから5号鉢に移しました。
上部が枯れたら球根が浮き上がってきたので、少し深めに植え替えしました。
小さな、小指の先ぐらいの球根でした。

名札には、
「上部が枯れてしまったら、水を与えずに、
 8月頃から、再び水を与えると、
 より一層大きく成長します。」と書かれていました。

そして今年は、10月末に咲きました。
このオキザリス ソフィアは、他の冬に咲くオキザリスと違って、
いつ見ても花が開いてるようです。(夜はわかりませんが)

花も小さいので、元気に咲いているのを見ると、
がんばっているなぁとほほえましくなります。

2011.10.27  撮影
1112228.jpg

2011.10.31  撮影
1112229.jpg

2011.11.11  撮影
1112230.jpg

2011.11.12  撮影
1112231.jpg

2011.11.13  撮影
1112232.jpg

2011.11.14  撮影  これだけが半開きです。
1112233.jpg

2011.11.16  撮影
1112234.jpg

1112235.jpg

1112236.jpg

2011.11.23  撮影
1112237.jpg

2011.11.28  撮影
1112238.jpg

たぶん、花は、2~3日でしおれ、次の花が咲いているようです。
開花期は、11月~2月なので、3月には枯れてしまいます。
そして休眠期に入り、水なしで過ごします。
夏になって、水やりを始めたら、11月にはこうして咲いてくれる
手間いらずの可愛い花です。
小さな花が、ぱっと咲いているとこちらも嬉しくて、笑顔になります。


これから下の花は、5月に三隅公園のつつじを鑑賞した時に見つけました。
花は、すみれみたいですが、
葉がハート形3葉なので、カタバミ科の種類だと思って、
いろいろ検索してみました。
たぶん、「カントウ ミヤマ カタバミ」だと思いますが、どうでしょうか。

1112101.jpg

1112102.jpg

1112103.jpg

白い可愛い花でした。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

アメジストセージ

今日は、アメジストセージ、メキシカンブッシュセージ、サルビア・レウカンサ(シソ科)です。
この花は、2009年12月にホームセンターで、花鉢特価490円で購入しました。
お店の方で、ユリオプスデージー、ゼラニューム、ハツユキカズラ、プミラ、とともに
寄せ植えしてありました。

昨年、このアメジストセージが大きく成長したので、
ユリオプスデージーとゼラニュームは、それぞれ別の鉢に移しました。
アメジストセージ、私は鉢植えなので、草丈60センチくらいですが、
地植えをしている娘の方は、100センチは超えています。

秋から晩秋にかけて、紫色のビロードのような光沢の花、
紫色のわたに包まれた感じの花が咲きます。

これも日付順に。

2011.09.22 撮影  わたのような花穂ができました。
1112209.jpg

2011.09.30 撮影  花穂が伸びてきました。紫色の中から白い花が。
1112210.jpg

2011.10.08 撮影  花穂の下の方から順に白い花が。
1112211.jpg

2011.10.13 撮影  アップで。  
1112212.jpg

2011.10.13 撮影
1112213.jpg

2011.10.20 撮影  後ろの方にも花穂が。
1112214.jpg

2011.11.01 撮影  後方をアップにすると、前方とは違う紫の花。
1112215.jpg

この日になって初めて、アメジストセージが二株だと認識しました。
昨年、咲いている時によく見ていなかったのです。
一つの株から5本の茎が出ているとばかり思っていました。
今年は、ブログに出逢っていたので、よく観察しました。
あきらかに、違う株ですよね。

それと根元を見ると、もう来年の茎が育っていました。

2011.11.01 撮影
1112226.jpg

2011.11.01 撮影  アップに。
1112227.jpg

2011.11.02 撮影  前方の花。
1112216.jpg

2011.11.02 撮影  後方の花。
1112217.jpg

2011.11.09 撮影  前方の花。
1112218.jpg

2011.11.09 撮影  後方の花。
1112219.jpg

2011.11.16 撮影  全体を上から。  
1112220.jpg

2011.11.16 撮影  全体を横から。
1112221.jpg

2011.11.16 撮影  前方の花。
1112222.jpg

2011.11.16 撮影  後方の花。
1112223.jpg

2011.12.05 撮影  全体。  
1112225.jpg

2011.12.05 撮影  来年の茎。
1112224.jpg

アメジストセージは、メキシコ原産の多年草ですから、
夏はよく陽に当てました。
冬は、半耐寒性となっていましたが、ー3度まで耐えられるので、
根元まで(昨年は10センチ以上も残していますが)切り戻しをして戸外で育てます。
昨年の茎は5本で、今年は15本、来年は20本くらい出ています。
若い芽はうまく冬越し出来るでしょうか。
軒下に置いてみます。




テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

皇帝ダリア

今日は、皇帝ダリアです。
この花は、私が育てている花ではなく、ご近所の88歳の女性が育てています。
それで、カテゴリは、花観賞です。
彼女は、「今年初めて育てるので、咲くかどうか」と言ってましたが、
りっぱに咲きました。

日付順に写真を並べます。

2011.11.07  撮影  曇り空ですが、咲いています。
1112199.jpg

2011.11.07  撮影
1112200.jpg

2011.11.10  撮影  この日も曇り。
1112201.jpg

2011.11.12  撮影  青空に向かって、咲いています。
1112202.jpg

2011.11.12  撮影
1112203.jpg

2011.11.12  撮影
1112204.jpg

2011.11.14  撮影  雲の切れ目に。
1112205.jpg

2011.11.14  撮影
1112206.jpg

2011.11.17  撮影  晴れてきたので。
1112207.jpg

2011.11.17  撮影
1112208.jpg

皇帝ダリアは、4メートルぐらいの高さなので、
私のデジカメの望遠最高にして、持ち上げて、道路側から撮りました。

この女性が、私に、白い姫檜扇を鉢ごとくれた方です。
そして、真っ赤の西洋オダマキを育てている方です。
88歳で、一人で暮らして、たくさんの花を育てています。
今年から、皇帝ダリアを育てようと思った気持に感動しました。
皇帝ダリアの写真を額に入れて贈りたいと思います。




テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

オイランソウ

今日は、オイランソウ、フロックス・パニキュラータ、クサキョウチクトウ、
シュッコンフロックス (ハナシノブ科)です。

花の時期は、6月から9月ですが、
葉が11月まで付いていたので、それを最近切り落としたのと、
デュランタの写真を見ると、後方の緑の中にピンクが見えるのが、オイランソウなので。

この花も、桔梗と同じように、2009年に、娘の庭から、移植しました。
花は、夏の間、ずーと咲き続けます。
耐寒性宿根草ですが、冬には、枯れるので、茎を切り落とします。
草丈は、60センチから120センチに伸びます。

まずは、咲いている状態から。
やわらかな花色とボリュームのある花房が魅力です。

2011.07.03  撮影
1112173.jpg

2011.07.07  撮影
1112174.jpg

2011.07.10  撮影
1112175.jpg

2011.07.10  撮影
1112176.jpg

この時から、花は、咲き続け、10月にも。
2011.10.04  撮影
1112177.jpg

そして、これが、最近の茎の様子です。
2011.12.06  撮影
1112195.jpg

ここまで黄色になってから、茎を切り落としました。
昨年も同じようにしましたが、5月頃から前の年の茎とは違うところから
茎を伸ばして、こんなに花が咲きました。

私がすることは、水やりと花後に花房を切り取ること、
冬に枯れた茎を切り落とすことだけです。
時期が来れば開花し、長く咲き続けてくれ、丈夫なオイランソウです。
可愛い小さな桃色の花がたくさん咲いて、夏の間、楽しませてくれます。




テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

雲竜カラタチ

今日は、ウンリュウカラタチ(雲竜枳穀)、コウテンカラタチ (ミカン科)です。
カラタチの名は、唐橘(カラタチバナ)が詰まったものだそうです。

この雲竜カラタチは、10年以上前から我が家の庭に植わっていて、
鋭く硬い棘があるので、傍を通るときには、気をつけていました。
名前がわかったのは、つい最近です。
今年初めて実がなって、やっとわかりました。

今年一年の雲竜カラタチの歩みを順に写真で。

2011.04.10  撮影  白い花が咲こうとしています。
1112191.jpg

2011.04.10  撮影
1112192.jpg

2011.04.10  撮影  
1112193.jpg

2011.04.14  撮影  開花しました。
1112194.jpg

2011.04.21  撮影  葉はない状態で花が咲いています。
1112178.jpg

2011.09.13  撮影  葉と同じ色の丸い実。
1112179.jpg

2011.09.13  撮影
1112180.jpg

2011.09.13  撮影
1112181.jpg

2011.10.26  撮影  黄色くなった実が落ちていたので、割ってみました。  
1112182.jpg

2011.10.27  撮影  まだ木には、黄色い実。
1112183.jpg

2011.10.27  撮影
1112184.jpg

2011.10.27  撮影  また一つ落ちていました。
1112185.jpg

2011.11.01  撮影  全部収穫しました。
1112186.jpg

ここで、ネットのミカン科をいろいろ調べると、カラタチだとわかりました。
まん丸の黄色の実は、柑橘系の中でも、優しいバニラのようないい香りでした。
でも、カラタチの実は食用には適さないと書かれていました。
食用酒の香りづけになるようですが、この木の後ろにある大木が、
梅で、毎年かなりの量、梅酒を作りますので・・・・・
せっかく実がなったのに、生かす方法は?

そしてこの木の葉も黄色く変化しました。

2011.11.02  撮影
1112187.jpg

2011.11.02  撮影
1112188.jpg

2011.11.02  撮影
1112189.jpg

2011.11.09  撮影  すっかり葉は落ちてしまいました。
1112190.jpg

『趣味の園芸』によると、
「春に葉が出る前に白い花が咲く。
アゲハチョウの幼虫が好んで食べる。
毎年必ず卵を産んでいます。」
と書かれていました。
少しは、自然界の役にたっているようです。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

デュランタ

今日は、デュランタ、ハリマツリ、タイワンレンギョウ(台湾連翹)、
ジュランカツラ (クマツズラ科)です。
この花も時計草と同じ時、3年前の春に、「香木の森」で購入しました。
やわらかな葉色と優雅な花房が魅力。
紫色の小さな花が固まった花房が、茎の先に垂れ下がります。
花期は、6月~10月と長いです。
我が家では、まだ花をつけています。

2011.07.25  撮影  今年最初の写真です。
1112161.jpg

2011.07.25  撮影
1112162.jpg

2011.07.29  撮影  花数が増えました。
1112163.jpg

2011.07.29  撮影
1112164.jpg

2011.08.03  撮影  花房がたくさん。
1112165.jpg

夏の間、原産地が亜熱帯アメリカなので、強い光を好んで咲き続けました。
生育期の5月~10月は、水やりを毎日欠かさずに育てました。

2011.10.04  撮影  花房が垂れ下がっています。
1112166.jpg

昨年までは、気が付かなかった黄色い実が出来ていました。

2011.10.19  撮影
1112167.jpg

2011.10.19  撮影
1112168.jpg

2011.10.24  撮影  ひとつだけまん丸です。
1112169.jpg

2011.11.07  撮影  花もありますが、黄色い実がたくさん。
1112170.jpg

2011.11.07  撮影
1112171.jpg

2011.11.15  撮影
1112172.jpg

黄色の実の中に種が入っているかもと思い、採ろうと思いましたが、
まん丸があるなら、この状態が熟しているのだと思い直し、
すべての実が丸くなるまで、待っているうちに、ほとんど、どこかへ。

昨日のデュランタです。
花が咲いてるというより、くっついているような。

2011.12.08  撮影
1112600.jpg

今までも黄色の実は、出来ていたのでしょうか。
まったく気が付きませんでした。
花は、摘み取らないでも勝手に落ちていくと思っていました。

5月~10月の生育期に栄養も与えず、
寒さに弱いと言われても、冬も戸外で過ごし、
剪定もせずに育てていますが、
3年間、きちんと咲いています。
今年の春に鉢替えをしただけです。

来年もまた、紫色の可愛い花が咲いてくれると信じています。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

アベリア・gr

今日は、アベリア・gr、ハナゾノツクバネウツギ(花園衝羽根空木)、
ハナツクバネウツギ (スイカズラ科)です。
この花は、お隣さんから、一昨年花が咲いている枝を頂いて、
飾ってから、挿し木にしました。
5~6本は挿し木にしたと思いますが、今年まで、生きているのは、一本です。

アベリアは、道路脇や公園に植えられているので、よく見かけますが、
紅葉がこんなに綺麗だとは、思いませんでした。
花が咲いている時の写真はたくさんあるのに、
昨年、紅葉しているアベリアの写真は、一枚もありませんでした。

今日、雨がやんでいる間に、アベリアの紅葉の写真をたくさん撮りました。
2011.12.08  撮影  まず、全体。
1112133.jpg
フラシュ有
1112134.jpg
ここからは、フラシュなし
1112135.jpg

1112136.jpg

1112137.jpg

1112138.jpg

1112139.jpg

1112140.jpg

赤い葉の落ちた後に、もう新しい芽や葉が出てきています。
この新しい枝に、来年花が咲きます。

ここから、写真は、遡ります。

2011.12.06  撮影
1112141.jpg

2011.11.16  撮影
1112142.jpg

2011.11.10  撮影
1112143.jpg

1112144.jpg

2011.11.07  撮影  この頃から、紅葉が始まっています。
1112145.jpg

これから下は、咲いている時の写真です。
花を見たら、よく見る花だとわかると思います。

2011.09.10  撮影  緑の葉に白い花。
1112146.jpg

1112147.jpg

1112148.jpg

2011.07.03  撮影  咲き始めだと思います。
1112149.jpg

これが、飾っている様子。
1112150.jpg

ガラスの瓶に活けて飾りましたが、花は、長い間咲き続け、
気が付いたら、白い根が見えたので、挿し木に。

上からの写真ばかりで、高さが分かりづらいですね。
一昨年挿し木した時は、一本の枝でしたが、
今年は、大きく三本に枝が伸びて、
もっと大きくなりそうだったので、今春、鉢替えをしました。

植物の生きようとするエネルギーに、感動と感謝です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

オキザリス バリアビリス

今日は、オキザリス バリアビリス (カタバミ科)です。
この花は、昨冬、長女から鉢ごと貰いました。
商品名はわからないけど、殖えたので、おすそわけと。
このブログを書くまでは、オキザリス ボーウィーだと思っていましたが、
もう一度よく調べると、
オキザリス バリアビリス あるいは、オキザリス ブルブレアだと思われます。
オキザリスの種類は500種以上といわれているので、
冬のオキザリスで見つけました。

2011.11.11  撮影  葉の間に蕾が見えました。
1112114.jpg

2011.11.12  撮影  蕾が葉の間から出てきました。
1112115.jpg

2011.11.15 11:00  撮影  蕾が膨らんで。
1112116.jpg

2011.11.15 11:45  撮影  やっと開花。
1112117.jpg

1112118.jpg

2011.11.16 11:42  撮影  昨日開花していた時間に、まだ蕾状態。 
1112119.jpg

2011.11.16 13:40  撮影  午後になって開花。
1112120.jpg

2011.11.23 11:44  撮影  前の一輪はしぼんで、午前中に2輪開花。
1112121.jpg

2011.11.23 14:29  撮影  この時間に、もうしぼみ始めています。
1112122.jpg

2011.11.28 13:33  撮影  一番咲いている状態で。
1112123.jpg


1112124.jpg

鉢を玄関の方に移動中。
1112125.jpg

2011.11.29 13:31  撮影  4輪開花しています。  
1112126.jpg

2011.11.30 11:44  撮影  今日は、ここまでしか開きません。
1112127.jpg

1112128.jpg

2011.12.02  撮影  寒くなったので、蕾状態です。
1112129.jpg

春先まで、開花を繰り返しながら咲き続けます。
でも、夏の間は、葉もなくなって、休眠状態が続くので、
10月に、葉が出てきたときには、生きててくれてありがとうと思い、
早く花を咲かせてと願い、花が咲くと、長く咲いていてと思い・・・・・
子供を思う親みたいになっています。
気持ちを込めて、育てたいと、花たちを見ながら、
毎日を過ごしています。


この下の写真は、駅前の横通りの街路樹の周りの植栽です。
ここでも、オキザリスがたくましく育っています。
我が家のオキザリスも大きく育ってほしいと願います。
2011.11.22  撮影
1112130.jpg


これから下が、オキザリス ボーウィーだと思います。
これは、萩市の松下村塾の近くにある伊藤博文別邸の裏庭に、咲いていました。
花茎に5~10輪の花が咲くのが、特徴です。
2011.09.17  撮影
1112131.jpg

1112132.jpg


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 8年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle