⑰ブルーマウンテンズ その2

今日は、2016年12月16日の「世界遺産ブルーマウンテンズ国立公園」の続きです。

雨降りの中、鬱蒼とした森林の中を少し歩いて、
シーニック・ケーブルウエイの谷底駅に来ました。
雨の中、うっすらと岩が見えてる気がしました。
1701208.jpg
一気に545m上がります。
1701209.jpg
このケーブルウエイは、84人乗りです。
1701210.jpg

シーニック・ワールド頂上駅で、シーニック・スカイウエイに乗り換えます。
このスカイウエイは、ジャミソン渓谷の上空270mを登ります。
1701211.jpg
底がグラスボトム・フロアーになっていて、透けて見えます。
カトウーンバ滝が見えているとアナウンスがあったので、撮ってみました(^^ゞ
1701212.jpg
主人は高い窓から撮っていました(^-^;
1701213.jpg

スカイウエイ東岸駅に着くと、バスで移動して、
ガイドさんが、植物の説明をしてくれました。
ユーカリの木
1701214.jpg
良い匂いの木
1701215.jpg
松ぼっくりみたいなのがついてる木
1701216.jpg

それから、またバスで、「エコーポイント」に。
ここは、ジャミソン渓谷と、美しい3姉妹が岩に変えられたという
アボリジニの伝説を持つ奇岩「スリーシスターズ」を見ることができる場所です。
1701217.jpg
最初は、霧の中で全く見えず、しばらくして少し見えてきました。
1701218.jpg
これは、最初に乗ったレイルウエイの駅で見た看板の写真で、我慢しようかと(^^;
1701230.jpg
でも、みんなの願いが通じたのか、次第に見えてきました。
1701219.jpg

1701220.jpg
これでしっかりわかりますね。
1701221.jpg
ここまで見えたので、記念撮影(*^^*)
1701222.jpg
ジャミソン渓谷の山々の看板。
1701223.jpg
実際はこんな感じ(^^ゞ
1701224.jpg

1701225.jpg

これで、「ブルーマウンテンズ国立公園」の観光は終了。
シドニー市内の街中で、下車です。
1701226.jpg

このあたりの地下食堂街で、昼食を食べて、地上に出てくると、
工事中のビルの足場に、シドニーの空から撮った写真が(^-^;
1701227.jpg

1701228.jpg

ガイドさんお薦めの日本語の土産店で、お土産を買い、
16:00に、ホテルに集合して、シドニー空港へ。
空港で出会った美女たちと。
1701229.jpg

19:10 シドニー発のシンガポール航空で、8時間10分かけて、シンガポールに。
00:20 シンガポール着  
01:30 シンガポール発のシンガポール航空で、6時間15分かけて日本に。
08:45 関西国際空港着

これで、「メルボルンとシドニーを巡る7日間」の旅は終わりです。
長い間、お付き合いいただき、ありがとうございます。 
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ブルーマウンテンズ その1

今日は、「メルボルンとシドニーを巡る7日間」の6日目、12月16日の
「世界遺産ブルーマウンテンズ国立公園」観光の様子です。

シドニーからバスで、1時間30分ぐらいのところにある高原の避暑地です。
あたり一帯に茂るユーカリの木々の葉から揮発する油分に太陽光が当たり、
山が青く霞んで見えることから「ブルーマウンテンズ」と言う名前がついたそうです。

2016.12.16 撮影
まず、シーニック・ワールド山頂駅からレイルウエイに乗って、谷底駅に。
これが、レイルウエイです。
1701187.jpg
最勾配52度のレールを上下します。
1701188.jpg
最前列に座ったので、真下に落ちる感じでした。(落下防止の金網が張ってあります)
1701189.jpg
谷底駅に着いたレイルウエイはすぐに登っていきました。
1701190.jpg

谷底駅で横の景色です。
1701207.jpg

ここは元は石炭の炭鉱があったので、その時代のトロッコ。
1701191.jpg
その時代のレール。
1701192.jpg
鉱夫が乗っていたトロッコ。
1701193.jpg
トロッコに積まれている石炭。
ここの石炭はもう掘れないので、他から運んできた本物の石炭が積まれています。
1701194.jpg
坑道からは馬で引いていたそうです。
1701195.jpg
炭鉱入口
1701196.jpg
説明看板。
1701197.jpg
その当時使われていた道具。
1701198.jpg

ここからシーニック・ケーブルウエイ谷底駅まで、森の中を歩きます。

木にたくさんの蔓が絡んでいます。
5葉巨大ミズツルと言って、たくさんの水分を含んでいるけど、とっても強いそう(^^ゞ
1701199.jpg
その巨大な水ツルの説明看板。
1701200.jpg
こちらは、2本の木が合体して、大きく成長しています。
1701201.jpg
その説明看板。
1701202.jpg

鬱蒼と茂った樹木
1701203.jpg

1701204.jpg

1701205.jpg
上の方は崖になっています。
1701206.jpg

この後、ケーブルウエイに乗って、頂上駅に戻り、
スカイウエイで東岸駅に移動します。
その様子は、また明日。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑮シドニー その4

今日は、昨日の12月15日のシドニー観光の続きです。

「ロックス地区」に歩いてきました。
ここは、シドニーの玄関口です。
英国からの移住者が建てた古い住宅や
倉庫を改装したギャラリーやショップがたくさんです。

海の方を眺めて、
1701161.jpg
反対側は、パーク・ハイアット・ホテルです。
1701163.jpg
1枚目と同じところを主人も撮っていました。
1701164.jpg
そして、これも主人が撮った写真。
1701165.jpg
こちらが私が撮った写真。
1701166.jpg
同じところを撮っているのに、私の方は大写しで姿形はしっかりわかりますが、
主人のように撮ると全体の感じが良くわかりますね(^-^;

ここで昼食です。外観は、オープンな感じです。
1701167.jpg
内装、壁に掛けられた写真たち。
1701168.jpg
大きなハンバーガーです。
1701169.jpg

12月15日は、午前4時過ぎから起きて行動していたので、
いったんホテルに帰ることになりました。
3時間ほど休んで、またロックス地区に戻ってきて、
「シドニー湾ディナークルーズ」に。
最初、添乗員さんからこの船と言われました。
1701170.jpg
チケットを購入して帰ってくると、違う船だったので、もう一度記念撮影(^-^;
1701171.jpg
クルーズ船内でのディナー
前菜
1701172.jpg
肉料理
1701173.jpg
デザート
1701174.jpg
食後、私は同行者とゆっくりおしゃべり(*^^*)
主人がタバコを吸いにデッキに出ると言うので、景色の撮影をお願いしました。

近代的ビル群とオペラ・ハウス
1701175.jpg
オペラ・ハウスとハーバー・ブリッジ
1701176.jpg
オペラ・ハウスをアップで。海から見ると、全体の形が良くわかります。
1701177.jpg
ビル群も少しアップで。
1701178.jpg
海の中の昔の監獄。
1701179.jpg
ロックス地区に戻りました。
1701180.jpg
雨降りだったので、ここにいても寒くなりそうだったので、
またホテルで休息をとりました。

今度は、7時過ぎに、例の「真夏のクリスマスイルミネーションツアー」に出かけました。
まず、タウンホール、クイーンビクトリア・ビルと
マーティンプレイスのクリスマスツリーを見て、
セント・メアリー大聖堂の「ライトオブクリスマス」を楽しんだ後、の街並みです。
1701181.jpg

この後、ハーバー・ブリッジを渡り、ミルソンズポイントに。
ハーバー・ブリッジ
1701182.jpg
オペラ・ハウス
1701183.jpg
ビル群
1701184.jpg
ビル群をアップで。
オーストラリアの人は、5時には仕事を終えているので、
オフィスの明かりは、クリスマスイルミネーションのためにつけてくれているそうです。
1701185.jpg
最後に暗闇の中で、記念撮影。
1701186.jpg

シドニー観光は、午前9時から午後9時までありました。
たった一日の観光でしたが、パンフレットに書かれていた
「利便性の高い都会でありながら、公園の多さなど自然の寛いだ雰囲気も併せ持つ。
オペラ・ハウスをはじめとするモダンな建築と、開拓時代の風情を残す建物が
調和する景観も見どころ。」
と言う意味が分かった気がします。

中休みに戻っていたホテルのすぐそばには、大きなスーパーがあって、
物価が高いオーストラリアでしたが、ここではまとめて購入すると半額ぐらいになりました。

明日は、世界遺産ブルーマウンテンズ国立公園です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑭シドニー その3

今日は、「メルボルンとシドニーを巡る7日間」の5日目、12月15日の様子です。

12月15日は、メルボルンのホテルを午前5:00に出発して、タラマリン空港へ。
メルボルン午前7:00出発で、シドニーに午前8:25着でした。

シドニーは、2016年12月24日にクィーンビクトリア・ビルと
マーティンプレイスのクリスマスツリー、
12月25日にセント・メアリー大聖堂の「ライトオブクリスマス」の様子を載せました。
今日は、飛行機が着後、すぐに観光したシドニーの街の様子ですが、
残念なことに、シドニーは雨降りでした。

まず、一番に観光したのは、「ミセス・マッコリーズポイント」
ここは、シドニー湾の東側に位置する岬です。
植民地時代の総督マッコリーの夫人が、ここからの眺めを愛したと言われています。
現代も、オペラ・ハウスとハーバー・ブリッジを一望するのに絶好のロケーションです。

2016.12.15 撮影
対岸のビル群。
1701136.jpg
オペラ・ハウスとハーバー・ブリッジ
1701137.jpg
少し拡大して、
1701138.jpg
向かって、左手からもう少し拡大して。
1701139.jpg

1701140.jpg

1701141.jpg
これが、マッコリー夫人が座っていた場所です。
1701142.jpg
ここに咲いていた花
1701143.jpg

1701144.jpg
海の中の昔の監獄も見えました。
1701145.jpg

次の観光地は、「オペラ・ハウス」
デンマーク人建築家ヨーン・ウッツォン氏の設計のもと、14年の歳月をかけ、
1973年に完成したシアターです。
劇場やコンサートホールなどの舞台があります。
貝殻をモチーフにした、屋根のセイル型デザインは、
建築史上、最も困難な組み立て作業を強いられたと言われています。

こちらが正面のようです。
1701146.jpg
階段を上って、左手。
1701147.jpg
正面入り口。
1701148.jpg
内部、ロビー
1701149.jpg
ここではトイレタイムだけだったので、洗面所と
1701150.jpg
女性用トイレを写してみました(^^ゞ
1701151.jpg
外に出て、右手の景色。ここにも大型客船が乗り入れています。
1701152.jpg

ここからロックス地区に移動ですが、その前に、古い街並みを散策しました。
広場の木
1701153.jpg
植栽・・・南国のよう(^-^;
1701154.jpg
ビールのケースで作った大きなサンタが・・・
1701155.jpg
ナースウォークは、こんな坂道。
1701156.jpg
近代的なビル群。
1701157.jpg
古いアパート。
1701158.jpg
古い建物。
1701159.jpg
こちらの通りから下の道を眺めると、こんなに高低差が(^^;
1701160.jpg

折角のシドニー観光、雨でクッキリとは見えませんでしたが、
「世界でも指折りの美しい湾を望む、南半球最大級の都市=シドニー」の
雰囲気をつかむことができました。
この後は、ロックス地区(シドニーの港の玄関口)を散策して、昼食です。
その様子はまた明日。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

⑬グレート・オーシャン・ロード その3

今日は、グレート・オーシャン・ロードの奇岩が並ぶ海岸線を、
崖の上の方から眺めます。

2016.12.14 撮影
まずは、昨日の「ロック・アード渓谷」
1701098.jpg
ここの看板「二人の生存者」・・・難破した船の生存者のことが書かれています。
1701099.jpg
少しアップで。
1701100.jpg

少し歩いて行くと、崖(岩)に穴が開いていました。
1701101.jpg
少しアップで。
1701102.jpg

もっと歩みを進めると、素敵なパノラマが(*^^)v
右手から順番に
1701103.jpg

1701104.jpg

1701105.jpg

1701106.jpg

1701107.jpg

1701108.jpg

まるで、ギリシアのメテオラ、トルコのカッパドキアみたいです(^^ゞ
気になる2枚目をアップで。
1701109.jpg

もう少し歩いて、先ほどのパノラマを違う角度で。
1701110.jpg

1701111.jpg

1701112.jpg

1701113.jpg

次に見えたのは、2つの岩。
1701114.jpg
少しアップで。
1701115.jpg

ここで、崖の上での観光も終わり、バスで、メルボルンまで、250km走ります。
グレート・オーシャン・ロードを抜けて、メルボルン郊外では、地平線が見渡せます。
1701116.jpg
羊や牛が放牧されています。
1701117.jpg

メルボルンのシティが見えてきました。
1701118.jpg
港には、コンビナートが。
1701119.jpg
シティのビル群
1701120.jpg

少し遅めの夕食は、チキンのソティー
1701121.jpg
食後のカフェラテ
1701122.jpg

今日の12月14日で、メルボルンの滞在は終わりです。
明日は、メルボルンから空路シドニーに行き、シドニー観光です。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 9年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle