(65)還暦記念旅行33日間 草津温泉その2

今日は、還暦記念旅行33日間の23日目、2010年7月10日(土)の
草津温泉観光の様子です。

『全国湯ったり温泉案内』によると、
「草津温泉は、日本の温泉を代表する湧出量ナンバー1の名湯。
草津名物の源泉・湯畑を中心に、昔ながらの木造3階建て旅館から
高層のホテルまで約170軒もの宿が立ち並びます。
自然湧出量日本一の高温の温泉で、『源泉かけ流しの天然温泉』を
宣言しています。
湯量豊富な温泉は宿だけでなく、共同浴場や日帰り温泉施設にも利用され、
存分に温泉三昧を楽しめます。
湯畑傍の『熱の湯』で定時に行われる草津節に合わせた『湯もみと踊りショー』
も名物なので草津ならではの温泉文化を体験できます。
また、『和風村』に加盟する老舗宿14軒に宿泊して、『湯めぐり手形』を
購入すれば、有料ですが他の宿にも入浴が可能になります。
西の河原公園にある巨大な『西の河原露店風呂』も日帰り入浴施設として人気です。」
と書かれていました。

昨日も草津名物の源泉・湯畑を一部見学しましたが、その続きから(^-^;
1804451.jpg

1804452.jpg
少し気になった源泉・湯畑傍の昔ながらの木造3階建て旅館とセブン
1804453.jpg
湯畑周りを少しずつ進んでは撮りました(^^ゞ
1804454.jpg

1804455.jpg
二人で記念撮影
1804456.jpg

1804457.jpg

1804458.jpg

1804459.jpg
最初の場所に戻ってきました。
1804460.jpg

折角なので、『湯もみと踊りショー』も体験することに(^^ゞ
客が私達二人だけだったので、お姉さん方に教わりながら、湯もみをしてると、
1804461.jpg
直ぐに変身させてくれました。(上から羽織っただけですが(笑))
1804462.jpg
中2階から『湯もみと踊りショー』の舞台を。
1804463.jpg
反対側の壁には、漫画(*^^*)
1804464.jpg

1804465.jpg
2階から湯畑が見えます。
1804466.jpg
源泉・湯畑の全体像です。
1804467.jpg

そして、予定通り、西の河原公園にある巨大な『西の河原露店風呂』に。
西の河原公園の奥の方にあり、500平方mの大きさを誇る露天風呂です。
1804468.jpg
お風呂は撮れないので、看板と囲い板で。入浴前。
1804469.jpg
岩で囲った男女別の風呂は、プールのような広さで、気分爽快でした。
風呂の両側と正面には山が迫り、新緑の自然を楽しめました。
入浴後
1804470.jpg

3日前は会津若松東山温泉、2日前は鬼怒川温泉、
1日前は伊香保温泉、この日は草津温泉・・・
4日続けて温泉を楽しみました(*^-^*)

7月10日は、この後長野まで行って、善光寺観光の予定でしたが、
白糸の滝と軽井沢を見学して、長野市のホテルに宿泊しました。
その様子は次回に。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

(64)還暦記念旅行33日間 草津温泉その1

今日は、還暦記念旅行33日間の23日目、2010年7月10日(土)の
草津温泉に行く途中と草津温泉観光の様子です。

伊香保温泉から草津温泉まで、県道を通って、53km、約2時間の予定で、
出発しましたが、1時間ほど行ったところで、大きな高い橋脚が現れました。
1804431.jpg
駐車場にはたくさんの車があり、「やんば館」の中もたくさんの人でした。
1804432.jpg
丁度、問題になっている時だったからでしょう。
1804433.jpg
wikipediaによると、
八ッ場ダム(やんばダム)は利根川の主要な支流である吾妻川中流部、
群馬県吾妻郡長野原町川原湯地先に建設が進められている多目的ダムである。
2015年(平成27年)度の完成予定だったが、
2020年(平成32年)完成に延長されている。
完成すれば神奈川県を除く関東1都5県の水がめとしては9番目のダムとなる。
形式は重力式コンクリートダムで高さは116m。
完成予想図
1804434.jpg

1804436.jpg

ということは、ここはダム湖の中になるのでしょうか?
1804435.jpg

1804437.jpg

ここから日本ロマンチック街道を通って、50分で、道の駅「くさつ」に到着。
1804438.jpg
ここでは、植物園のように整備された場所があったので、花観賞(*^^*)
大好きなオダマキ
1804439.jpg

1804440.jpg
この旅で好きになったコマクサ
1804441.jpg

1804442.jpg

1804443.jpg
ムラサキナズナ?
1804444.jpg
道を挿んで、展望台のような建物も。
1804445.jpg
ここからの景色・・・後ろの山は白根山?
1804446.jpg

道の駅「くさつ」から10分ほどで、草津温泉湯畑に到着です。
湯畑を通りに沿って歩いて行きました。
1804447.jpg

1804448.jpg

1804449.jpg
二人で記念撮影(*^^*)
1804450.jpg

草津温泉の観光の続きと、「西の河原露天風呂」の様子は、次回に。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

(63)還暦記念旅行33日間 伊香保温泉

今日は、還暦記念旅行33日間の22日目の2010年7月9日(金)と
23日目の7月10日(土)の伊香保温泉の様子です。

「吹割の滝」を見学して、関越自動車道沼田IC~渋川伊香保ICを走行して、
伊香保温泉まで、34.6km、途中休憩を含めて、約1時間でした。

『全国湯ったり温泉案内』によると、
「伊香保温泉は、多くの文人墨客に親しまれてきた昔ながらの情緒ある湯の街、
万葉集や古今和歌集にも詠まれたという、
古き時代から人気の高い日本有数の温泉地です。
戦国時代後期、負傷した武士の湯治のために大規模な湯治場が必要となり、
硫酸塩泉黄金の湯の源泉から十数軒の湯宿に導管で配分する
小間口制度がつくられ、このシステムは今に受け継がれ存続しています。
また、明治に入り、ドイツ人医師ベルツ博士によって温泉保養地として
広く世間に推奨されてからは、皇族や文人、日本駐在の外国人の
避暑地としても愛されました。
石段の温泉街にも風情があります。
平成8年には、メタケイ酸を含む温泉の白銀の湯も開湯されました。
50軒以上の温泉宿が立つ、関東屈指の賑わいを見せる温泉地です。」
と書かれていました。

7月9日、この日の宿泊場所は、伊香保温泉「横手館」
玄関にて、
1804411.jpg
部屋の様子です。
1804412.jpg
風情ある石畳を体験しようと、雨の中散策に(^^ゞ
1804413.jpg
伊香保温泉石段街「石段通り」の看板の前で。
1804414.jpg
石段通りの上から
1804415.jpg
下から
1804416.jpg
中ほどに素敵な伊香保温泉のポスターがありました。
1804417.jpg
「横手館」に戻って、建物を。
1804418.jpg
玄関の様子です。
1804419.jpg
ロビーにて。
1804420.jpg
飾られていた紫陽花。
1804421.jpg
夕食、この写真の後、アユの塩焼きと筍の炊き込みご飯が付きました。
1804422.jpg

翌7月10日の朝食。
1804423.jpg
雨が上がっていたので、「横手館」をもう一度撮りました(^-^;
玄関の様子です。
1804424.jpg
玄関左側。
1804425.jpg
左側の道沿いの様子です。
1804426.jpg
右側の坂道から建物を。
1804427.jpg
また、「石段通り」に(*^-^*)
上から。
1804428.jpg
下から。
1804429.jpg
伊香保温泉「横手館」の素敵なポスターがありました。
1804430.jpg

伊香保温泉「横手館」では、「黄金の湯」の貸切温泉に入浴できました。
7月10日は、草津温泉に行きました。
その様子は次回に。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

(62)還暦記念旅行33日間 吹割の滝

今日は、還暦記念旅行33日間の22日目、2010年7月9日(金)の
吹割の滝の観光の様子です。

「尾瀬戸倉関所」から50分で、「吹割の滝」に着きました。
観光情報によると、
「吹割の滝」;吹割渓谷にあり、老神温泉の北約3km、
片品川の中流域にかかる幅約30m、高さ約7mの名瀑です。
V字型に侵食された岩の割れ目に、
川の水が吸い込まれるように流れ落ちています。
水しぶきを上げてごうごうと流れ落ちるさまは壮観です。
東洋のナイアガラとも呼ばれ、国の天然記念物に指定されています。
春の新緑、秋の紅葉など、四季の織りなす景観美が見事です。

それでは、「吹割の滝」の写真です(^^ゞ
最初は穏やかな流れでした。
1804391.jpg
少し下流に歩くと、水がV字型になって流れ落ちているところが・・・
1804392.jpg

1804393.jpg
少し大きくして。
1804394.jpg
V字型のところのアップです。
1804395.jpg
少し移動して、V字型のところに流れる様子を。
1804396.jpg
もっと下流に歩いて行くと、
1804397.jpg
割れ目に水が勢いよく流れ込んでいます。
1804398.jpg
少しアップにして、2枚1組です。
1804400.jpg

1804401.jpg
流れ落ちるぎりぎりの所まで歩いて行けました。
1804402.jpg
上流側を少しアップにして、
1804403.jpg

1804404.jpg
ここで、上流側に戻ります。
1804405.jpg

1804406.jpg

1804407.jpg

1804408.jpg

1804410.jpg
川の流れはとても穏やかです。
1804409.jpg

「吹割の滝」、主人が作った最初の旅程では、
「日光東照宮」、「華厳滝」、「中禅寺湖」、を見学して、
『時間があれば「吹割の滝」を見学と書いてありましたが、
雨が降っていて増水していましたので、
迫力満点で、行ってよかった滝の一つになりました(*^-^*)

この日の宿泊場所は、「伊香保温泉」。
その様子は次回に。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

(61)還暦記念旅行33日間 中禅寺湖・戦場ヶ原

今日は、還暦記念旅行33日間の22日目、2010年7月9日(金)の
中禅寺湖・戦場ヶ原そして尾瀬戸倉の観光の様子です。

「華厳滝」から車で10分もしないところに「中禅寺湖」があります。
「中禅寺湖」;標高1269mという高地にある、日本を代表する湖の一つです。
男体山の噴火で、堰き止められて出来たそうです。
782年、日光開山の祖・勝道(しょうどう)上人が男体山登頂に成功した時、
山頂から湖を発見したのが始まりと言われています。
1804371.jpg

1804372.jpg

1804373.jpg

1804374.jpg
ここで咲いていた花。
1804375.jpg

「中禅寺湖」から20分ほどのところに、「戦場ヶ原」がありました。
「戦場ヶ原」;この地が中禅寺湖をめぐって男体山の神と赤城山の神が争った
「戦場」だった、という神話が名前の由来といわれています。
かつて湖であったものが湿原化したもので、400ヘクタールの広大な面積を誇ります。
1804376.jpg

1804377.jpg
男体山を背景に広大な湿原を見渡せる展望ポイントで。
1804378.jpg

1804379.jpg

1804380.jpg

ここから「吹割の滝」に行く予定でしたが、「尾瀬」の文字が目に入って(^^ゞ
「尾瀬」に行きたいと変更してもらいました。
「尾瀬」の入り口の駐車場についたところで、車では入れないし、午後2時前でしたが、
シャトルバスの運行は終了してると言うことで、「尾瀬」は断念( ;∀;)
1804381.jpg
代わりに「尾瀬戸倉ぷらり館」に入場(^-^;
1804382.jpg

1804383.jpg
外の景色です。
1804384.jpg

1804385.jpg

1804386.jpg

1804387.jpg
「尾瀬戸倉関所」の門
1804388.jpg

そこから30分ほどの「道の駅」で売られていた花。
1804389.jpg
サンダーソニアもありました。
1804390.jpg

このあと、「吹割の滝」を見学して、伊香保温泉に。
その様子は次回に。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 9年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle